いつか来るその日まで・・・・。

日本は四季の国だったはずなのに・・・・。
今年もまた猛暑と酷寒の日々の記憶しか
ない1年になるのだろうか。

週に一度、一人暮らしの実母のもとへと新幹線通いが続いている。

f0250403_0251927.jpg


遠距離介護の経験のある方なら
理解していただけるのかもしれない。
なにかあってもすぐに駆けつけられない歯がゆさや
そばにいてあげられないことの後ろめたさも含めて・・・・・。

でも身近かで介護に携わる方のほうが
やっぱり心身ともに、ご苦労が多いに違いないと思う。

介護する側の時間や金銭的な問題は
遠いほうがしんどい場合もあるが、
同居とか身近かだと
ずっとその問題から解放されることなく
介護の現場を常に意識していなければならないからだ。

離れてしまえば自分の日常に戻ることができる
遠距離介護者の私のような立場の人間のほうが
切り替えが出来る点においてはずっと楽なはずだ。

f0250403_194712.jpg


娘の私が時々わからなくなり、他人行儀な物言いや
盛んに私に礼を言う母だが、おだやかにこのまま
いつまでも日々が過ぎていってほしいと願うばかりだ。

母に痴呆の症状が現れ始めた1年と少し前が
一番つらかったから、進行していくことを恐れてはいない。

そして自分の時間も大切にして、楽しみも持てているので
どうか私へのご心配は無用であることもお伝えしておきたい。



「また来てね」

母の言葉に後ろ手に手を振って
振りかえらずに家を後にする。

きっといつまでも手を振っているのを知っているから・・・・。
[PR]
# by marucox0326 | 2013-07-12 01:35 | ひとりごと | Comments(4)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧