ちょっとパリまで♪ ⑦

5/1
モンマルトルからサン・マルタン運河
そしてエクトル・ギマールの世界へ

バルザックの館から遠くにエッフェル塔を眺めつつ
セーヌ川の一本西側を歩く。

いよいよアールヌーヴォーの建築家、エクトル・ギマールが
1898年に手掛けた集合住宅、カステル・ベランジェへと向かうのだ。
f0250403_1103731.jpg

パリ16区、ラ・フォンテーヌ通り
ギマール28歳のときに設計した6階建て36戸のアパート。
いろんなサイトでみる有名なこの門扉。非対称で風変わり。
発表当時評判は芳しくなかったとか。
その後何度も補修されているらしい。
f0250403_1122264.jpg

パチリパチリやってるのは私と背の高い白人男性だけ。
f0250403_1135092.jpg

一直線に並んでいない窓が可愛らしい側面
建物南側からみたところ。
f0250403_1151590.jpg

大胆なアールを施した青銅色の門扉と小豆色の壁。
f0250403_1175037.jpg

私は20数年前、インテリア好きが高じて専門学校に
2年通っていたことがある。

建物、街並み、建材を見るのが好き。

お友達に教えてもらったウィーンにある
フンデルトバッサー・ハウスとともに
かねがね実際に見たかったここ。
ついに来たんだ・・・・。


さて近くをうろうろして、
ここからアガール通りにむかうため地図とにらめっこしていた私達。
後ろから「May I help you?」と声がした。
見るとお爺さんがにっこり笑っている。
地図を見せながら拙い英語でやり取り・・・。
f0250403_12162554.jpg

この辺は高級住宅地。
日本でもすぐ近くなのに目的の場所がわからないことってある。
スマホユーザーの二人だが海外で使うとべらぼうな料金請求が来るのを恐れて
ナビや翻訳機能など便利なツールをこちらにきてから使用していない私達。
f0250403_12192984.jpg

なんとかわかり(ホントのところお爺さんイマイチわかってない様子だったが)
メルスィといって別れた。
お爺さん、オルヴォワールでもボンヴォヤージュでもなく、グッドラックといってくれた。
f0250403_1221191.jpg

-アガール通り-
f0250403_1232358.jpg

小さな短い通りだが
f0250403_1241036.jpg

独特の曲線や植物を模したフェンス。
f0250403_1251872.jpg

Parisのフェンスはどれも素晴らしいが、
ずっと上の写真にある繊細な作りのものに比べ、これらは空間と曲線の美。
ちょっと小さな赤ちゃんは危ないかも・・・・。
f0250403_12444296.jpg

建物の壁面には彼の刻印が。
f0250403_124671.jpg

ーメザラ邸-
f0250403_12483386.jpg

もうお腹いっぱい・・・ですよね(汗)
f0250403_12494356.jpg

やはり彼の刻印。フランス語「H」は発音しないからね。
ヘルメスになっちゃうもんね~とつまらんコネタを挟んで・・・・。
f0250403_1262663.jpg

ギマールの自邸は見つけられず、そろそろ帰ろうということに。
すぐ近くにあるはずなのだが、メトロの駅がまたわからない。

ツレアイはズンズンと先を行く。
彼は人にものを尋ねるということをしない奴。
私は運転して道に迷ったらまずコンビニを探すタイプ。
ツレはだんだん細くなる道でも行っちゃって突き当り
そのままバックで戻ったりするタイプ。
「大丈夫!」みなぎる自信に付き合わされ、
何度、市中引き回しの刑に処せられたか・・・・。

前方に
ベビーバギーの赤ちゃんをあやす若い夫婦連れがいた。
ご主人のほうに声をかけた。
「エクスキュゼ モア?」
ウイと感じよく応じてくれてそこからは英語で尋ねる。
「地下鉄の駅を探しているのです。一番近いのは?」
「このとおりのずっと先に時計が見えるでしょう?」
「あ、はい(ここで大声であらぬ方向に歩くツレを呼び戻す)」
ここからは二人で聞いて、途中までは行き先が一緒だったので
ベイビー可愛いねとか言いながら地下鉄の入り口でお礼を言い
別れた。
「ホラ、道を尋ねてよかったやん。感じのいい人だったね」と私。
「うん。僕はこっちやと分かってたけどな」とツレ。

   つづく・・・・・
[PR]
Commented by kash-w at 2013-05-13 23:58
marucoxさん、こんばんは。名前、ごめんなさい・・・笑っちゃった(爆)
大丈夫ですよ~!!
間違えちゃったとき、私は直ぐに気づいたら削除しちゃいます。
その際にはコピペして。

↑のような出会いがあると、すごく嬉しいですよね~。英語は意地でも
話さないなんて言われるけど
ちょっとずつ変わってきてるのかもしれませんねー。
私もわからないときは、強引に誰かを捕まえて聞きます~。
梅田に行ったときなんか、よく欧米の方に聞かれるのでわかる範囲で
教えてあげたり。
建物の壁面にサインがあるなんて、カッコいい~!日本でも
それぐらい自信をもってやってもらえると
いいかもしれませんね~。
ヨーロッパの建物って、本当に美しいですねー。
Commented by marucox0326 at 2013-05-14 13:04
コピペして削除・・・なるほど。教えていただいてありがとう^^
フフフ・・・気安すぎるやろって突っ込みもネ。サンキューです^^

そうですね。
日本人くらいですよね、英語まともに話せないのは、私も含めて。
でもフランス人は話せても意地でも母国語を通す…
誇り高いのか単なる我がままなのか^^

主要駅では尋ねられますネたまに。
アジアの人が多いけど。そんなときのために
最近はスマホの翻訳機に想定文をいくつか入れてますョ
Commented by chokoandtardo at 2013-05-14 15:30
marucoxさん
こんにちは~。フランスに行かれてたんですね~羨
私もイギリスに住んでた時に行きましたが、建物が本当に綺麗な国ですよね~。後フランス語も綺麗w
でも食事は・・・なぜか私の口には合いませんでした。なんで~?
marucoxさんは美味しい食事沢山食べてこられましたか?

あぁ~、ヨーロッパに旅行に行きたくなってきました。

Commented by ゆり at 2013-05-14 15:45 x
素敵な写真とお話…パリの可愛いおじいさんさんとのちょっとしたふれあいは旅ならではですね☆
素敵なアパルトマンですね☆憧れの建築家の作品を見れてよかったですね。それにしても良い旅をしましたね*
私もうっとりしてます☆
Commented by marucox0326 at 2013-05-14 17:20
chokoさん、こんにちわ。

実はそうなんです。
色々な国に行かれているchokoさん。
口に合わないってどんなものを食べて
いらしたのかしらん。
お料理は私も和食党なんで、海外はいつも
困ったチャンなのです。

ヨーロッパは歴史があるので
どこも建築物の宝庫ですネ。

日本国内も一杯いいところがあるし、
安全だし社長ちゃんとTardさんとなら
近場でも楽しいはずよ~♪
Commented by marucox0326 at 2013-05-14 17:29
ゆり~
飽きずに読んでくれてるのね~ありがとう。

もし又行いけたら今度はアパルトマンステイ
でと思っているの。
日本のツーリストとか間に入ってくれて
以外に簡単みたいなの。
なんせ私、外食だと困ったチャンだしね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by marucox0326 | 2013-05-13 13:34 | お出かけ | Comments(6)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧