私はこういうのが好き♪ー本と映画ー

今日のテレビは村上春樹の新作発売の話題で持ち切り。

「風の歌を聴け」で知ったころ、20代前半だった私はアメリカ文学に少し嵌っていて、
サローヤンとかコールドウェルとかサキとかの短編を読んでいた。
さらにそこから
アーウィン・ショーの「夏服を着た女達」に魅せられ、ニューヨーカー誌の作家を知り、
サリンジャーやフイッツジェラルド、アービング等を読むようになり、常盤新平氏の著書もいくつか・・・。

村上氏が尊敬する作家にフイッツジェラルドを上げていたことから彼に興味を持ち
初期の作品は結構好きだった。「1973年のピンボール」や
そしてこれ
f0250403_17551843.jpg

なぜか下巻しか見つからず・・・・。260円だって。若いね二人とも。
村上同士でジョイントフェア?


もちろんこの話題作も
f0250403_17562032.jpg

うちの本箱は、前後ろ、隙間と言う隙間にギュウギュウ詰め込んであるもので。
f0250403_17571953.jpg

はいこれ。
ハレーション起しちゃった。
しかしこの「ノルウェイの森」あたりからちょっと・・・・。
でその後はご無沙汰である。
翻訳本特有のある言い回しや文体が、彼の作品には感じられて好きだったが、
だんだん難解なだけで心に訴えかけてこなくなった。
私には内容の理解が限度を超えてしまったのだと思う。

「ノルウェイの森」ビートルズの曲は好きなんだけどナ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


で話題は飛ぶが、
先日CSチャンネルで「テネイシャスD/運命のピックを探せ」
を見た。というかズルズル見てしまった。ジャック・ブラウン見たさに・・・。
おマヌケ、お下品、アホらしさ満載のC級映画なので、
良い子の皆さまにはお勧めできない。

でもこの大っ好きな映画は
超お勧め!
f0250403_1752943.jpg

ご存知の方も多かろう。
子役たちも素晴らしいが、
ジャック・ブラウン万歳の映画。

「愛しのロクサーヌ」でグイネス・パルトロウと共演、一躍有名になった彼だが
彼の音楽性、エンターテインメント性、その才能がいかんなく発揮されている作品。

そして最近の映画ベストワンはこれ!
f0250403_17523791.jpg


もうたまらない。
作品が観客へ投げかけるシニカルな目線とでも言ったらいいのか。
アメリカのある側面を皮肉っていることは確かだ。

この作品には、教訓めいた愛だとかヒューマンなテーマ、説教じみたセリフなどない。
どこまでもまぬけで自分勝手でばらばらで、どうしようもない大人達と
無邪気な(たぶん)少女がラストまでとんでもない行動で突っ走っていく。

出演者はトニ・コレットしか知らないが、好きな女優である。
「シックスセンス」も見たが、
「ミュリエルの結婚」はよかった、好きな映画。

最後はじわんとなんだか来た。
これも人間賛歌のロードムービーだと思う。

最後にこれをおまけに貼り付けておく。
映画の中でオリーブがコンテストで使用した曲。
MC・ハマーのほうが元曲だが

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by marucox0326 | 2013-04-12 19:30 | スクリーンの向こうに | Comments(0)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧