花粉症の憂鬱

WBC日本3連覇ならず・・・・・・。
ま,もともと盛り上がりに欠けたまま開幕し、
台湾戦で野球ってやっぱ面白いと
再確認させてくれて、感動をくれたから
胸張って帰ってきてほしい。

お鼻とお目めとお喉の調子が大変よろしくない。
今年は特に泣かされている。
どうしても口呼吸になり、喉がやられる。
ツレアイはいまどき、
全くアレルギー症状なしの超希少種だ。
夜も高いびきでぐっすり。
恨めしいからそのうち夢に化けて出てやろうと思っているが。

喉がこんなだと歌うのは当然キツイ。

レッスンでもうまく歌えない、音をとれない、
声のコントロールが出来ないなどと、
言い訳に使いたくなる憎き花粉症・・・。

でもコンディション悪いなりに歌いこなせるのが
名ボーカリストというもの。
いやただの歌うおばさんだが、私は。


ヴォーカルの唯一の道具、マイクロフォン
f0250403_17511018.jpg

SHURE SM58
スタジオや教室など一般的にヴォーカル用
としてよく使われている。
発売以来ロングセラーを続けるマイク。

誰でもたぶん
初めてマイクを通して自分の声を聞くと
こんなひどい声なのかとびっくりするはずだ。
と思いたい・・・・・・・・・・・・・・・。
いや、中には自分の声にうっとりと酔いしれる人も
いるかもしれないが・・・・・・・・。
少なくとも私は、粗ばかり目立って
すべてを正直に突きつけられた感じだった。
自分の声を録音して聞いたときのように・・・・。
f0250403_17551453.jpg

譜面台。
こういう環境でレッスンしている。
f0250403_1984126.jpg

↑はバンド譜
ドラム、ギター、ベース、キーボードなどの文字が。
長い曲だと膨大な枚数になるので、
各自わかりやすく自分用にお直しする。
↓はレッスンで使用している譜面
f0250403_1992923.jpg

2月に演奏発表会があり、
ユニットでコーラス3曲、バンドで3曲歌った。
いつも思うが合わせるのってホント難しい。
リハーサルではどうなる事かと思うほどの
音のバランスの悪さ。いつもとちゃうや~ん。
本番はPA(お客さんにステージ上の音を拡声して
聞かせるための音響システム)の方がバッチリ調整。
やっぱりリハーサルって大事だな~。
f0250403_1828271.jpg

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ♪
「丸の内サディスティック」・・・・・・・椎名林檎も東京事変も好き。
f0250403_1963612.jpg

久しぶりにバンドメンバーが集合。
ゆる~く活動している。
ベーシスト君の片足写っちゃった。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by marucox0326 | 2013-03-18 20:04 | sing!sing!sing! | Comments(0)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧