人気ブログランキング | 話題のタグを見る

真夏の快挙。そしていよいよその日が目前に。

日曜日、楽しみにしていたバスケットボール男子日本代表の
オリンピック直前の強化試合が行われ、日本は強豪フランスに勝利した。
スポーツニュース他で、大きく取り上げられていたので
バスケに興味のない方も多くはご存じだろう。

ほんのひと月前のBリーグチャンピオン決勝戦を
テレビで熱く応援したことが昨日のことのように思い出される。

敵同士だった比江島選手と富樫選手の躍動に、胸が躍り
同点にされた直後の馬場選手のスチールからのシュートや
比江島選手のチームを救うスリーポイントシュート、
デカい相手に献身的なディフェンスで苦しい時間を堪え、
八村選手や渡辺選手以上に、チーム皆が一丸となった素晴らしい試合だった。








息子達が長らく学生時代バスケットボールをやっていたせいで、
その面白さに引きずり込まれ、当時は学生バスケはもちろん、
一時NBAにも嵌っていた私。
今はたまに大きな試合をTVで見るくらいだが、日本のバスケ事情
Bリーグ発足に至るまでの紆余曲折など、そのバックステージも
折りに触れ見てきたひとりとしては、夢のような40分だった。
専門的に見れば課題も少なくはなかっただろうが、
日本バスケ界にとっての輝かしい一勝であることは間違いない。

古くは佐古選手や折茂選手、長男の3学年上で高校バスケ界、能代工のスター
田臥選手のNBA挑戦で、一時話題をさらった日本バスケ界。
それでもその後は中々盛り上がらなかった。その競技人口は多く人気スポーツなのに・・・・。

ひとつには、選手になろうとする人が少なく
世界の中での日本バスケの立ち位置が低いこともあるようだ。
その意味ではプロ化したことは大きい。
そしていまや知らない人はいない八村塁選手の影響は計り知れない。

バスケットボールは5人でやる競技だ。
だから一人スーパーなプレイヤーが加入するだけで大きく変わる
能力的にも気持ち的にも。
日本は持ち味の機動力と、今回、リバウンドもそこそこよかった気がするし
チームの雰囲気もよさそうで期待も高まる。
そう・・・・・だから、選手たちにエールを送りたい思いは変わらないのだが。



真夏の快挙。そしていよいよその日が目前に。_f0250403_00031590.jpg



無観客試合で行われるオリンピック。想像するだけで異様な感じがする。
いまもプロ野球、相撲、サッカーなどスポーツの大会は行われているというのに。
それでも、女子バスケの準決勝チケットを持っている私達は、少し安堵し
一方ではライブで見る貴重な機会が失われたという残念な気持ちも拭えずにいる。
今も開催には反対の姿勢は変わらないながら、一スポーツファンとして
複雑かつ矛盾した思いが交錯している。
欧米はワクチン接種が進んだことを理由に、日常を取り戻しつつあり
急速に経済回復に向かっている。
夕方のニュースでは、イギリスが規制のほぼ全面解除、
ナイトクラブで騒ぐ若者の映像と共に、不安に思う国民が6割近くいることも伝えていた。

私達は、自国開催のオリンピックが、不名誉で全く意味のないものになっていく過程を
今から目の当たりにしていかなければならないのだろうか。
それとも、こんな快挙が、奇跡のように起こり続けば、誰もがまた熱狂し幸福感に酔い
もしかしたら、世の中の景色が一変するのを目撃することになるのだろうか。












# by marucox0326 | 2021-07-20 01:12 | バスケットボール | Trackback | Comments(12)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る