ニューヨークの少年

私は、今もいわゆる青春映画のジャンルも好んで見る。
読書においてもしかりで、中でも少年期や青年期の成長物語は大好きだ。

だから今回も、スタイリッシュな映像と胸キュンなストーリー展開を
期待して映画館に出かけた。



f0250403_10592316.jpg


「さよなら 僕のマンハッタン」(2018年日本公開。マークウェブ監督)
原題は「The only living boy in New York」

これはサイモンとガーファンクルの曲のタイトルでもあり、
去り行く友人に頑張れよと語り掛けながら、
でも僕は一人ここ(ニューヨーク)で暮らすサというような内容の歌詞だ。

劇中、主人公の青年トーマスに寄り添うように流れ、改めて聞くと
アコースティックサウンドが心地よい名曲である。

知りたい方はこちらに→☆



f0250403_11460044.jpg


で、本題の映画の方だが・・・・
期待して映画館まで見に行ったのにつまらなくて、実は途中で寝てしまった。

好きな俳優、興味ある監督、期待が持てそうな音楽と映像美。
それらの要素がそろえば、スクリーンで見てみたいと思う私である。
マーク・ウェブ監督作品は前作「500日のサマー」が、最高に素敵な映画だった。
本作はそれ以上に監督が描きたかったという自伝的な内容だということで
期待に胸を膨らませて観に行ったのだが



f0250403_11081820.jpg


主人公トーマスは、ニューヨークの恵まれた環境に育った真面目で優秀な青年。
同世代のガールフレンドに夢中だが彼女は彼にツレない。
そして、ある日偶然父親の浮気を知り、相手の女性に近付くのだが・・・・。




f0250403_11395354.jpg


主演のカラム・ターナーは、裕福なお坊ちゃまにありがちな
一見ダサいけど、育ちの良さが伺えるルックス(彼はイギリス人俳優、やっぱりね)と
生真面目で無神経と繊細さが同居したキャラクターを、チャーミングに体現していたように思う

しかし一方のガールフレンド役、カーシー・クレモンズについては、
彼が夢中になれる程のものが私にはどうしても感じられなかった。
もちろん典型的な美女である必要はない。
もしも彼が彼女の内面的なものにのみ惹かれているのならなおのことだ。
でも美人だ、とか外見の美しさを強調する台詞がよく出てくるのである。
ならば、スタイルや表情、ちょっとしたしぐさから滲み出るようなお色気だったり、
可愛らしさだったり、なにか魅力に感じるものがあるはずなのに、正直なところ
黒人のイケてる女の子のイメージに最後まで結びつかなかった。

J・ブリッジス演じるW.F.は、トーマスに何かと関わろうとする
謎めいた文学者気取りのお節介な爺さんだ。
私は以前より彼のファンだが、68歳にしてはちょっと老けすぎ?の感は否めなかった。
そして劇中では、トーマスに影響を与える美味しい役どころでイイ感じだったのに、
素性を明かせば実は・・・・・というのがどうも興ざめする。
ネタバレなので内容は言えないが、あのプロットはなくてもよかったのにと思った。

余談ながら、一番好きな彼の主演映画は「フィッシャーキング」
「ファビュラス・ベイカーズー恋の行方ー」の彼もセクシーでステキだった。。
「クレイジー・ハート」でやっと獲ったオスカーでのスピーチは感動的だったし
今後も彼の出演作を見たい。クリストファー・プラマーも頑張ってるんだから。

K・ベッキンセール演じるジョハンナは、トーマスの父親の不倫相手にして
その息子トーマスまでも夢中にさせてしまう。つまり実業界の成功者である
人生を熟知した渋いハンサムな男性と、若く純粋でまっすぐに情熱をぶつけてくる青年の
両方から愛される役なのだが、私にはちっとも魅力的な女性に感じないのはどうしてだろう。
モラトリアム青年がある出来事をきっかけに変わっていく。その出来事の一つに
「年上の女性との関係」というのは、ありきたりだが重要なファクターだ。
ああそれなのに、どこか疲れた感じの、綺麗だけれどイヤな女といった印象しかなくて
何だかなあ・・・・・。
「から騒ぎ」や「シューティングフィッシュ」の彼女が大好きだったのに
あの若き日の気品ある美しさとキュートさはすっかり鳴りを潜め
いまや「アンダーワールド」のイメージが定着してしまったのか。
ヴァンパイヤ映画で見せるカッコよさから一転、成熟した大人の女性としての
彼女の魅力を見たかったのに。好きな女優さんだけに残念だ。

そしてラストの展開は可もなく不可もなく、結局そうなるかという感じ。
爽やかな余韻は残しつつ、やはり少し物足りなさが残った。




f0250403_11434637.jpg



父親役のピアーズ・ブロスナン、母親役のシンシア・ニクソンは
好感の持てる演技だったし、音楽もよかった。
ロケ地に選ばれた高級レストランや、カフェ、D・ボウイも通ったという
有名な書店などにミーハー心が刺激され、また行きたいなあと思わせてもくれた。
・・・・・・褒めてない?!か。

なにせ、マーク・ウェブ監督の「500日のサマー」は、まず脚本が良かったし、
主演の二人も素晴らしく、いつまでも心に残る青春ものだっただけに、
辛口な感想になってしまった。
もちろんこれはあくまで一映画ファンの感想でしかないので
どうか笑ってお見捨ておきくださればありがたい。







f0250403_12345864.jpg






















[PR]
# by marucox0326 | 2018-04-21 16:00 | スクリーンの向こうに | Comments(6)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧