ジム・ジャームッシュの世界観 新作そして#2

さて前記事のつづき・・・・
J・ジャームッシュ監督についてもう少し。



f0250403_13131219.jpg

「パターソン」を観たら、またあの映画を見たくなってしまった。

まあ、お茶でも飲みながら・・・・。


f0250403_13155107.jpg


「ナイト・オン・ザ・プラネット」(1991年アメリカ)

全編に流れる音楽はトム・ウェイツ。これまたとてもいい。
彼の歌声は大好きなのだ。それについてはこちらにも
俳優としての彼を初めて意識したのは
ロバート・アルトマン監督の「ショート・カッツ」だったので
ジャームッシュ作品での彼はよく知らない。
「ダウン・バイ・ロー」はロベルト・ベリーニが苦手で見ていないのだ。

当時は、大好きなウィノナ・ライダー狙いで観た
「ナイト・オン・ザ・プラネット」だが、
5編のストーリーから成るオムニバス映画で
地球上の5つの都市を背景に、
タクシードライバーとその客のやりとりから描かれるのは
国籍も、人種も、生活状況も違うそれぞれの人生の断片。

鑑賞後、この映画の世界観にとても心が揺さぶられたのだった。。




f0250403_17071784.jpg

最初のエピソードは、当時が一番輝いてたウィノナ・ライダーと
「グロリア」のゴッド姐さん、ジーナ・ローランズという大物同志を
配し、ロスアンジェルスの空港から始まる。

ロスのタクシードライバーを演じるウィノナ・ライダーは
少年のようにキュートだったし
(実際お客のジーナにboyなんて呼ばれたりしていた)
ハリウッドのキャスティング・ディレクターという役どころで
彼女のお客を演じたジーナ・ノーランズは
「グロリア」の姐さんの雰囲気そのままだった。
ジーナ・ノーランズ・・・・・
若い方たちには「きみを読む物語」の
老いてからのヒロインを演じた女優さんといった方がわかるだろうか

ひっきりなしにたばこを吸い、ガムも噛みながら運転するウィノナに
「吸い過ぎよ」とか警告しながら、
「あなたの人生の最終目標ってイエローキャブのドライバーなの?」とジーナは聞く。
彼女は「ちがう、修理工になりたいの」と答えるのだが
その「メキヤァニック」の言い方がやけに耳についた事を思い出す・・・・。

ロスには、ハリウッド女優になりたくて
田舎から出てくる女の子がワンサカいて
生活のためにしかたなく様々な職に就きながら
いつか映画関係者の目に留まることを夢見ている。
「ラ・ラ・ランド」のヒロイン、ミアのように。
さすがのジーナ姐さん、先見の明でこの娘ッ子はイイと睨んだか
それとなく鼻先にニンジンをぶら下げるがごとく、映画に出てみないかと持ちかける。




f0250403_13343235.jpg


この間の、小柄で化粧っ気のないW・ライダースと
大柄で派手なファッションのJ・ノーランズのやり取りがいい。

「あんたが真剣なのはわかってる。でも私がなりたいのは・・・・メキヤァニック」
むろんこんなふうじゃあなかった。でも・・・・
W・ライダースの「メキヤァニック」、ああ耳について離れない・・・・。

ニューヨーク編では、ドイツ移民のドライバーの
英語も運転もたどたどしいのに業を煮やした客の黒人青年が
運転を代わろうとまでするが、彼の身の上話に次第に打ち解けていき・・・・・
パリ編では、あのベアトリス・ダルが盲目の女を
リアルにクールで色っぽく演じ、シニカルなエンディング。
ローマ編は、ロベルト・ベニーニのドライバーが、
大げさな身振り手振りでしゃべり続け、終わり方がちょっとシュール。

そして最後の雪のヘルシンキ編が、実は一番好きなエピソード。

おかげで、しばらくアキ・カウリスマキ監督作品に嵌っていくつかはビデオで観た。
中でも「ル・アーブルの靴磨き」は、特に印象に残っている。



f0250403_13215493.jpg


街はもうハロウィンムード。

仮装で大騒ぎは定着しつつあるが
「Trick or Treat」はどうなんだろ。



















[PR]
# by marucox0326 | 2017-10-03 21:00 | スクリーンの向こうに | Comments(16)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧