お姫様の気分で・・・。

先日ご近所からはっさくを段ボールに1箱いただいた。
毎年この時期いただくのだが、友人におすそ分けしても
まだ20個もある。
私は果物は大好きなので、苦にはならないが、やはり
二人しかいないし、ツレはと言えば
「剥いてくれたら食べるで」などと、新婚じゃああるまいし・・・。
ジャムにでもすればいいのだろうが、そこはホラやっぱし
糖分の過剰摂取は危険なお年頃・・・・・・。
ジャム大好きだけどね。


なあんてどの口がゆうたんや!と突っ込まれること覚悟で
ご紹介いたします。
f0250403_14171212.jpg

ご存じウィーンにある老舗「DEMEL」のスミレの砂糖漬け

私の住む地域では名古屋JR高島屋にしかない。
しかも、少しの定番商品しかおいておらず、バレンタインデーの時期はともかく
この商品は入荷していれば手に入るという代物。

オーストリア后妃エリザベート(バイエルン皇女シシー)の好物とある。
シシーといえばロミー・シュナイダー。
かのビスコンティの、「ルードウィッヒ」でエリザベートを演じていたのを観ただけだが・・・・。
昔、ヘルムート・バーガー狙いでレンタルしたが、彼女もまた美しかった。
アランドロンと付き合っていたころは可愛いだけのアイドル的イメージの女優さん
だったようだが、その後は破滅型というか、このひとも子役からスターに
登りつめた映画女優にありがちな凄い生涯を送っている。



てなことを思い出しながら少しずついただいている。
f0250403_14185785.jpg


以前買い求めた
DEMELのチョコレート、箱がとっても素敵!
f0250403_14201812.jpg

コレクションしたくなる。
f0250403_14211585.jpg


后妃エリザベートは映画や舞台でおなじみだが、美貌ゆえ、美への執着と
年齢による衰えとの戦いはすさまじいものだったようだ。
では当時の彼女に現代の美容整形の技術があれば
満足と幸せが手に入ったのだろうか?

そして何故か
「顔はぶたないでっ!私女優なんだから」って叫んでた
薬師丸ひろこを思い出した私って変?


[PR]
# by marucox0326 | 2013-02-19 16:18 | 素敵なもの | Comments(2)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧