ちょっとパリまで♪ ④

5/1
Fete du travail(労働の日)
Jour des Muguets(スズランの日)
モンマルトル~サン・マルタン運河
そしてエクトル・ギマールの世界へ。

この日はいわゆるメーデー、フランスでは国民の祝日であり、
愛する人にスズランを送る風習がある。
メトロの駅前や通路で、道端で、小さなスズランのひと束を
道行く人に売っている人たちを沢山見た。
お花屋さんでなくてもこの日だけは誰でも売ることができるらしく、
盗んで売る輩もいるらしい。
花泥棒もここまでくると笑って許す範疇を超えている。

でやってきたのはサクレ・クール寺院
f0250403_1471557.jpg

フニクレールとかいうケーブルカーみたいなので丘の頂上に
行くこともできるが、我々は徒歩。誰?年寄りの冷や水とか言ってるのは。
まだそこまで年はいっておりませんことよ。
f0250403_1495918.jpg

Carrousel(回転木馬)
カルーセル麻紀ってなんでカルーセルってつけたんだろ。
f0250403_2135160.jpg

可愛い看板
f0250403_229159.jpg

通りから寺院が見え隠れして素敵な眺め
f0250403_222554.jpg

パリ中心部とは全く違う風情・・・。
ここでモディリアニはじめ貧乏な芸術家たちが洗濯船と呼ばれる
安アパートに住み芸術活動を行った。
f0250403_2232174.jpg

高校生のころユトリロとモディリアニの画集を持っていた。
そのころからこことモンパルナスは絵画の中の世界でしかなかった。
f0250403_2355665.jpg

坂道が多く、趣ある家々や雑多な土産物屋、日本にはない木立の繊細さなど
すべてに魅了され大好きな場所になった。
f0250403_345424.jpg

-壁抜け男-
f0250403_2381695.jpg

ームーラン・ドゥ・ラ・ガレット-
ルノワールやロートレック達が通った伝説のダンスホールをレストランにしている。
「赤い風車」というロートレックの自伝的な古い映画を思い出す。
f0250403_365918.jpg


f0250403_393848.jpg


f0250403_2394150.jpg


f0250403_2405071.jpg


f0250403_242156.jpg

サティの旧家やゴッホの家はわからず、
墓地のほうへも行けなかった。
ゆっくり回りたかったなぁ。

まだまだつづく・・・・・。
[PR]
# by marucox0326 | 2013-05-08 03:21 | お出かけ | Comments(4)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧