「ほっ」と。キャンペーン

テンパった!!ハンドメイドチョコレート奮闘記

f0250403_19504043.jpg


お菓子のお得意なブロガーさんたちの見目麗しきチョコレートには
比ぶべくもないが、私も作ってみた。
あえてのラッピング姿でお披露目することで粗隠し・・・・である。ムフっ。

ドライフルーツやナッツを乗っけたこれは「マンディアン」。
簡単な割りにゴージャス感もあるということで、
この年にして手作りチョコレートに初めて挑むアラカン一匹。

ま・私のは名乗るもおこがましいそれもどきだが。

作り方はいたってシンプル。
なれど、お菓子作りはテキトーが許されない世界。
チョコレートを湯煎で溶かすときの温度管理が肝と言われている・・・らしい。
テンパリングというその作業にめっぽう苦労した。


f0250403_21242569.jpg

まず
大きめのボウルに入れた湯煎用のお湯を50度にして
砕いたチョコが入ったボウルを充ててゆっくりと溶かす。
(ゆるりんと溶けるまでむやみに触っちゃダメ、ひたすら待つのだぞ!大五郎)
溶けだすと早い、クリーム状になってきたら気泡が入らないように
混ぜるというか練るというか・・・・・完全に溶けてきたら
今度は30度前後まで下げた状態にしてなめらかな艶のある生地にする。
これがテンパリングというものである・・・・・・らしい。

さて、いよいよめでたく出来上がったチョコレート生地を型に流したり
スプーンで掬って丸くクッキングシートの上に落としたりして固めるのだけれど。
(体温より低いんだもん、結構固い、ここでまず焦ってあっちこっちにチョコが・・・)
しかも温度を下げるのに、湯煎用ボウルに水を入れるんだけど、この際一滴たりとも
チョコのボウルに入れてはいけない。
もちろん、チョコのボウルを外して避難させてからそろそろと入れたけれど
慌ててそのままボウルとボウルの間の隙間から入れようもんなら
粗忽者の私はきっと・・・・ああ想像するだにオソロシイ。

ガトーショコラを作った時も、そこらじゅうにチョコやら粉やらが飛び散ってたし
いつ拭いたん?と訝るほど手拭きのタオルにもべっとりだったんだよなあ・・・・。

上に乗せるナッツ類も、チョコが固まらないうちにと思うと焦りまくってしまって
ここ、結構楽しい作業なはずなのにバランスを考える余裕もない。
「取り合えず乗っかってます私たち」って出来上がりである。


f0250403_19501557.jpg


お菓子の達人であるブロ友さんたちから見れば「なんで?」
となるでしょうなこの体たらく。

素人が作るんだから溶けたらOKよって言われると気が楽なのだが、
でもこのテンパリングという作業を怠ると
なめらかできれいなチョコレートにならずくすんでしまうと
購入した製菓用チョコの袋の裏に書いてあったのだから
初心者としては素直に従うしかない。

まあこんなもんでしょ。

理系男子のツレ
「おう。うまいことできたやん」とあっという間に食べてしまうと
遠い目でぼそりといった。

「テンパリングかあ。金属焼き戻しの時も確かそんな風に言ったなあ」


やっぱりお菓子作りは科学だなあ。






















[PR]
# by marucox0326 | 2017-02-20 22:22 | 日々の出来事 | Comments(12)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧