男が涙する時

坂本九さんは
涙がこぼれないように上を向いて歩こうと歌った。

しかもそれは「一人ぼっちの夜」なのだ。
そんなことをしたところで、溢れだす涙を止めることはできない。
でもそこに、人前では決して見せないけれど
今日ばかりは夜目にまぎれて、人知れず弱り切った自分をさらけだすことに
救いと安らぎを求めて街をさまよう、一人の男の背中を想像していた。

曲調はどこまでも明るく爽やかなだけに
より一層、彼の悲しみの深さが胸に迫る・・・・。
そう、だからこの歌の主人公は男性にほかならぬはず、
少なくとも私はずっとそう思っていた。

だって、女はこんな風には泣かない。

泣きたくなったら、やけ酒かやけ食い
もしくはパアッと散財して思いっきり泣き明かす。
それは一人でとは限らない。
時には友達に聞いてもらいながらだったりもする。
そして派手に泣いた後はケロリとして
何事もなかったかのように振舞える。

違うだろうか。




f0250403_14333094.jpg


「男たるもの人前で泣くもんじゃない」

昔の男性たちが、簡単には泣かないのは
そう母親に躾けられたからという事だけではなく
彼ら、感情をどうやったらうまく吐き出させられるかという術を知らず
むしろどうにかして心の奥に封印してしまう方が楽になってしまったから。
いつのまにかそんな精神構造を植えつけられた生き物だから。

・・・・・昔の女である私は、少し前までそう思っていた。



f0250403_23493457.jpg


しかしながら、時はめぐり
昨今の平成日本男子、よく泣く。

うちの息子たちとて例外ではない。

子供のころから運動に明け暮れていた彼ら、
試合や駅伝大会などで
負けては肩を震わせ、声を押し殺してむせび泣き
勝っては男同士で汗臭い体も厭わず抱き合い、
ウオンウオンと泣き明かしていた事を思い出す。

そして一緒に映画やドキュメンタリーなどを見ている時も
ふと顔を見ると目が赤いのだった。
そう、「涙くんさよなら」ではなく
彼らは「涙」さえ来るもの拒まず受け入れる。

飼い犬が死んだ時も、大学に合格した時も、
そしてなんと自らが新郎として臨む結婚式でも。




f0250403_14353123.jpg


それは5年ほど前に遡る。
長男は27歳で結婚式を挙げた。
女装ダンスあり、凝った楽しい企画が沢山で、
それはそれは温かく笑いに溢れた披露宴で
私たちも大いに楽しませてもらっていたのだが、
そんな風に笑ったり、ふざけあっていた彼らが
後半になるとお酒も回ってきたせいか、なんだか様子がおかしい。
極めつけは新郎新婦制作の彼らの「誕生からの足跡」映像である。
すすり泣く女の子たちに混じって、見渡せば
男の子たちも目を真っ赤に泣き腫らしているのだった。

まあ~みんないい子たちだわ~と胸を熱くしている間もなく
いよいよ恐れていたあの瞬間がついにやってきた。
それは新郎新婦から私達親への花束贈呈と
参列してくださった皆さまへ新郎側がご挨拶をするという
出来得ることならば、即座にその場から逃げ出したいが
そうもいかない披露宴のクライマックス。

私たち4人の親たちは、特に新婦のお父様など
きっと心はドシャ降りの涙雨だったろうと心中お察しするが
皆、複雑な面持ちながらぐっと平静を装っていた。
ツレは、暗記した文章を一言一句間違わずに述べて
日夜練習した成果を果たしたし
新婦は、感謝の手紙をよどみなく読み終えて
私はと言えば、この日のために新調したスワトウ刺繍のハンカチーフを
汚さずに済んだことにホッと胸をなでおろしていたのだった。

さて、最後に新郎の挨拶となったのだが、ここで予期せぬ事態が。
我が息子・・・・涙でしばし言葉に詰まってしまったのである。
気を取り直して話し終えはしたものの、私は虚を突かれそして思い出した。

「近頃は新婦じゃなくて新郎が泣くのよ」

話に聞いてはいたものの、
ああ息子よ、お前もか。
さらにお開きの後、若い男達は互いに感極まって
人目もはばからず「織田信成」化していたのだった。




f0250403_14365575.jpg


以前、近頃の日本の若者は、挨拶代わりにハグすることに何の抵抗もない
という現代事情について書いた。→☆
私としてはそのことをいいとか悪いとかではなく、多少の戸惑いはありながら
日本人も漸く感情表現が素直にできるようになったのだなあという思いを
しみじみと感じたまでのことであった。
人前で涙するという行為も、時と場合によっては
決して情けなく恥ずべきことではないのかもしれない。
感情が昂ってこらえきれず落涙する姿は
男であれ女であれ人間らしくてまことに結構。
私はそんな人が大好きである。

そしてチョー余計なことながら
天を仰いで、溢れる涙が落ちるのを空しく抵抗している男性の姿には
さらにぐっと心を鷲掴みにされてしまったりするのである。





























[PR]
# by marucox0326 | 2017-10-09 17:34 | 話の小部屋 | Comments(8)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧