<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Spring has sprung♪

三連休の最終日、ポカポカ陽気は続いている。
ああしかし、喉のイガイガ、鼻のムズムズ、目のかゆみ
今年もやっぱりやってきた恨めしき花粉症。
我が身にとっては、嬉しくも悩ましいシーズンの到来である。

とまれ、家の中にこもりがちだった暗く長い冬は立ち去り
いよいよあちこちで聞かれる花の便りに心は浮き立っている。

さて今年のお花見はいかに?・・・。



f0250403_16533249.jpg



実母の遠距離介護を続けて5年足らず。
最初はさほどたいそうなことではなく、
足腰が弱ってきて気弱わになった母を
月に一度か二度のペースで見舞うといった程度のことだった。

それは奇しくもブログを開設し始めたころと重なる。

子供たちもそれぞれ社会人となり、
親としてようやく肩の重荷を下ろした想いと
心に空いた小さな空洞を埋めるために、
自分自身の暮らしの中で出会った出来事や、
ふと立ち止まって思うこと考えること
それは些末なあれこれだけれど、世の中に発信してみようと思った。
かつて、私がそうだったように
(私にはお気に入りのブログがいくつかあった)
もしも誰かの目に留まり、ブログを通して共感をしていただいたり
一緒に考えていただけるようなことになれば
何だかそれは心躍る人生の小さな宝物になるかもしれないと・・・・・・・・・。



f0250403_12075490.jpg


この間、長男は結婚し子供が生まれ
次男も伴侶を得て仕事でアメリカに旅立った。
そして実母には認知症の症状が現れ始め
私は毎週、名古屋→新大阪間を新幹線に乗って実家に通うようになり、
昨年からは毎月十日間ほど自宅に母を連れ帰って看る生活となった。

この五年間を簡単にいえば、まあざっとそんなところだ。

もちろん詳細に話せば数十ページに及ぶだろう色々な出来事は、私のブログ生活を脅かし
親しくさせていただいていたつもりのブロガーさんの更新が止まって数か月に及ぶと
さらに私の心は折れ、昨年は本当に更新が途絶えがちだった。

投稿する気が起らないかわりに
普段は全く気に留めないアクセス数を見ては思ったものだ。

「この数字がゼロになるまで見届けてやろう」




f0250403_10565845.jpg


一人暮らしの母は、
今では殆ど車椅子生活になり、会話もなくなった。

徘徊や妄言に振り回されたりもしたが
昨年の秋ごろから、私は自宅介護にこだわることに疑問を感じ始め
老人ホームへの入居を考えるようになった。
認知症といえども自意識が強く、思い立ったら驚くほど行動を起こして
あげく周囲を困らせてしまううちは、老人ホームへの入居は考えられなかったのだ。

正直一人で置いておくのは危険な状態だったにもかかわらず
そうせざるをえなかった。

そんな中、母をデイサービスやショートサービスに預け
ヘルパーさんに助けられながらなんとかやってきた。
介護現場の方たちは皆優しく明るくて本当によくしていただいたし
若いスタッフの方に囲まれて笑顔の母の写真もある。

そのうち、母はだんだん感情を荒立てたりしなくなった。

それは認知症だからわからなくなったというよりも、
体も思うように動かせなくなって、ただじっとそのことに耐え
静かに悲しみと諦めを受け入れるしかなかった母の姿なのだ。

母にとって良かれと思ってしたことも
果たして本当によかったのかどうか。

常に自問自答の毎日。

私が時間をやりくりして母を看たからといって
結局はそれは自己満足でしかないのだ。

虚しさの中で、
私もまた深い井戸の底を見つめているような気分に陥って
抜け出せない日も少なくなかった。



f0250403_11032914.jpg



そんな私の実家詣でももうすぐ終わる。
私の自宅にほど近い場所に
空きのあったこじんまりとした介護付き有料老人ホームに
月末母は引っ越すことになっている。

母ももうあちこち行かされなくて済むし
私もいつでもただ会いにだけ行けばいいのだ。

また新たな母との時間が始まろうとしている。





f0250403_11041241.jpg


今頃になって気づいたのだが
偶然にもその日は私の61歳の誕生日だった。


今日も外は穏やかに晴れ
午後の陽ざしがサッシから部屋に伸びて
気持ちのいい春分の日となった。

一人のんびりとトレーン(J・コルトレーン)のサックスを聴いている。





























[PR]
by marucox0326 | 2017-03-20 13:33 | ひとりごと | Comments(14)

水も滴る・・・・

f0250403_22045710.jpg

熊本県山鹿産の小玉スイカが届いた。

スイカだ~い好き。
こんな時期にいただけるなんてサイコーの贅沢ではないの?!
小玉スイカって皮が薄くて食べやすくて、甘さも濃厚
しかもこのサイズ感は我々シニア夫婦にとってはありがたい。

でも調子に乗っておなか壊さないようにしなくては。
まだまだ冷え込む朝夕、体の冷やしすぎは禁物だ。



f0250403_22051557.jpg


パッカーン

「水も滴るいい男」なんて
いまどき通常会話にはなかなか出てこないフレーズだけれど
こちらはまさにそんな形容がぴったりのみずみずしさ。
おいしそ~

まあね、何でも手に入る昨今、季節外れの果物も
お金に糸目をつけなければ、昔ほど手に入れ難くはなくなったけど。



f0250403_22072134.jpg



あれはやはり3月だった。
だが時は50年以上も前に遡る。
祖父が亡くなる直前、スイカを食べたいと言うので
父がスイカを買いに走った。
あちこち走り回ってやっと見つけたというのに
その口元に甘い汁の一滴すら飲ませることのできないまま
祖父は息を引き取ったのだった。
その時私はまだ幼く、死ぬことの意味も分からなかったはずなのに
なぜかその場にいたかのように、
そしてまるで映画のワンシーンのように
今もそのことを反芻できるのは、後から何度も周囲に聞かされたせいだ。
それはきっと多感で感じやすい年頃の娘の想像力が
頭の中に見てもいないその場面の映像を作り上げたに過ぎない。

いつもスイカを食べると
布団に寝ているお祖父ちゃんが浮かび
周りに伯父や叔母たち親戚が取り囲んでいる
勝手に作り上げたそんなドラマチックな光景が、必ず頭に浮かぶのだった。
だがそれは事実ではないはずだ。
何故なら祖父は病院で、容体が急変して亡くなったのだから。

私もまた「最後の晩餐」には特別な何かを欲するのだろうか。
何が食べたいのか聞いてくれる誰かがいて、その為に奔走してくれる・・・・・。
そんな最後を迎えることができるのは幸せなことなのかもしれない。



f0250403_22054453.jpg

とっても甘くてシルキーな舌触り。
スイカってもっとざっくりガリッとした食感だったと思うけど
こちらは柔らかくてシャリシャリと優しい上品なお味。


熱い夏に、蝉の声をBGMに
汗をふきふき、大きな舟形にカットされた
スイカにかじりつくのも大好きだけれど
これはメロンのように切り込みを入れていただくとよかったかも。




f0250403_22081100.jpg



思い出しついでに・・・・・・

「寅さんシリーズ」をすべて見ているわけではないのだが
なかでもとても印象に残っているのが、マドンナが佐藤オリエだった作品だ。
そもそもはテレビ放映だったのが映画化されて、山田洋二監督は初回で終えるつもりが
それなりに当たったので、続編を作ったというその2作目にあたる。

「寅さんシリーズ」
当初長らくお正月映画として親しまれるなどとは、製作者側は思ってもいなかったらしい。

これはその劇中にあるエピソードなのだが・・・・。
(もし思い違いがあればご指摘いただきたい。)

東野英治郎が寅さんの恩師の役で、佐藤オリエはその娘の役だ。
渥美清扮する寅さんが仕出かす事件を、先生は𠮟りつけながらも
暖かいまなざしで接するのだが、ある日病に伏してしまう。
「鰻・・・・それも江戸川の鰻が食べたい」という先生のために
寅さんは毎日のように川に釣り糸を垂れるが釣れない。
そのころでさえ、江戸前の鰻は養殖物が殆どだったのだ。

見かねた佐藤オリエが
「買ってきて、お父さんには釣れた鰻だといえばいいじゃないの」
と恐る恐る言うと寅さんは本気で怒りだす。

「お嬢さんっ!!なんてこと言うんですかっ」
「ご・ごめんなさい・・・・」
「なんでそれをもっと早く言ってくんなかったんですかっ」
急いで買いに走る寅さん・・・・・。

「先生っ」
意気揚々と鰻を持って寅さんが恩師の家に行くと
揺り椅子にもたれかけた先生の後ろ姿が・・・・。



f0250403_22200783.jpg


昔はよくテレビでリバイバル放送をやっていた。
何度見ても可笑しくて、そしてやがてじんわり悲しい。

佐藤オリエの恋人役で出ていた山崎努は素敵だったし
他にもいいセリフがあってとても好きな作品だった。

寅さん・・・・人生を教えてくれたよなあ。


今朝もいただいたスイカ。
すでにもうあと二分の一個でおしまいである。











































[PR]
by marucox0326 | 2017-03-12 09:00 | おいしいもの | Comments(8)

夢の国の扉を開けて   ーLA・LA・LANDー

Dream・・・・・。
夢は見るもの、願うもの。
たとえ叶わなくても
夢見ることのできる人生は鮮やかに色づいている。

f0250403_18591659.jpg

週末観てきたのは、話題のミュージカル映画「LA・LA・LAND」である。

ラ・ラ・ランドとはロサンジェルス、主にハリウッドのニックネーム。
まさにそこは夢見る人が集まる場所であり
転じて夢見心地な気分、ハイな状態のことを言ったりするらしい。

獲得したアカデミー賞は主演女優賞と監督賞とあとなんだっけ。

ミュージカルは大好きだ。
舞台も映画もそれなりに見ているほうだと思う。
だがいかんせん、話題沸騰のあまり
すでに鑑賞前から情報が否応なしに耳に入ってきていた今作品。
若きデミアン・チャゼル監督が「セッション」に続いて→過去記事★
アカデミ―賞ほか50もの賞にノミネートされ、日本公開前からの前評判が凄く
ある時は運転中のラジオから、ある時はテレビのコマーシャルで
さんざん予告や曲が流れたおかげで、オープニングテーマに関しては
あのワクワクするイントロがもうすっかり私の耳に馴染んでしまっていた。
しかしながら思ったのは・・・・・なんだか声うっすいなあ。という感想。

ヒロインのエマ・ストーンってブロードウェイで「キャバレー」の主役もやったらしいけど。
(実際にオープニング場面で歌っているのはエマではない)

映画のオープニングはその私が耳タコになったナンバー「Another Day of Sun」。
耳慣れたメロディに乗せて、ロスの高速道路上で歌い踊るのだが、これがすごい!
どうやって撮影したんだろうと思うほどリアルだ、が、さもありなん
実際に高速道路上に車を何十台と入れたうえで、
炎天下の中、ダンサーたちは車の間を縫うようにステップを踏み
車の上に飛び乗ってアクロバチックに跳ね歌い踊る圧巻のシーンなのだ。


f0250403_18021821.jpg

ちょっとひやひやもんだが、これでつかみはバッチリといったところだろうか。
舞台ではあの「コーラスライン」も「屋根の上のヴァイオリン弾き」もいきなりの群舞で始まる。
私はこういう導入が大好きである、ぞわぞわと鳥肌が立ってくるのを感じながら
これこそミュージカルのだいご味や~てなことを心の中で呟くのである。



f0250403_18053160.jpg



主演の二人、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンはこれで共演が3度目だそうだ。
私はそのどれも未見だが、R・ゴズリングは好きな男優の一人。
「16歳の合衆国」「君を読む物語」「ラースとその彼女」「ブルーバレンタイン」
ビデオも含めこれら見てきた作品の中では、どれも違った彼が観られる。
常にそのハンサムな風貌に反した役作りも惜しまない俳優でもある。
今作品でも本人が弾いているということで話題を集めたピアノのシーン
見ごたえのある場面だし、曲自体(ミアとセバスチャンのテーマ)も
非常にメロディアスで切なくて、コード進行がね、泣かせる・・・。
彼の演技力(イヤイヤホントに弾いてるはず!)もう心がわしづかみよ!!

一方のエマ・ストーン
野性味?!のある美貌と低めの声質。
このミアという、女優を夢見る田舎から出てきた勝気そうな女の子をよく体現していた。
ただ個人的に惜しむらくは
スタイルがいいのでダンスの時には見栄えがするが、うなるほどのものでもなく
最後の見せ場の歌のシーンもいま一つに感じた。歌自体音域も狭く作られているし。
ミュージカル好きとしては、正直やや物足りなさが残ったことは否めない。
「バードマンあるいは無知がもたらす悲劇」で注目され始めた彼女の本業は
あくまで役者なのかもしれない。しかしこの作品で主演女優賞に輝いたのだから
まさにこれで大女優の仲間入りを果たしたわけで、これからが期待される。

つまり歌と踊りに関しては、
主演の二人は絶唱もしなければ超絶技巧な技を見せるでもない。
後から歌入れでなく撮影と同時に歌うので、音程の正確さや歌唱力には欠けても
ナチュラルなドラマの進行は邪魔されず、ダンスもほどよく器用にこなしている印象で
すでに言われているように、そこが突然歌ったり踊ったりする既成のミュージカルでない
新しい形の作品になっていて、このほろ苦いラブストーリーを
よりリアルなものに見せている。






映画 ラ・ラ・ランド 写真 に対する画像結果



またこの映画にはあのジョン・レジェンドもキースという役で出演している。
彼は今を時めくR&Bのシンガーソングライター。
私は彼の「Ordinary People」というナンバーが大好きなのだが、劇中でも「Start a Fire]
という曲で素晴らしい歌声と演奏を披露していてここもかなり見せるシーンとなっている。
私はアカデミーの授賞式は見ていないが、確か主題歌・作曲賞もこの映画は取っていて
劇中の「City of The Star」をJ・レジェンドが
ピアノの弾き語りで歌うのをYouTubeで見た。
さすがに巧い演奏と歌で聴くとよりいっそうこの曲の世界観が伝わってきて素敵だった。

楽譜を買おうか迷っているところだ。



f0250403_18200688.jpg



そしてチャゼル監督の念願かなって作ったというこのミュージカル映画には
ファンタジーでハッピーで、あえてある種ベタな演出も随所に見られる。

例えばオーディションに落ち続けるミアが、友人の女の子たちとシェアしている部屋の壁紙に
大きくイングリッド・バーグマンが描かれていたり・・・・・。
「俺はジャズを死なせない」などと言って、ジャズ演奏だけを聴かせるバーの経営を夢見る
セブの部屋にはビル・エバンスやトレーンのCDが置かれ、ホーギー・カーマイケルが座った
とかいうへんてこな椅子を大事にしていたり・・・・・。
(H・カーマイケルといえば、余談ながら
 ついこの前の練習曲で「わが心のジョージア」を歌ったなあ)



f0250403_20115324.jpg

チャゼル監督は映像のきらびやかさ、場面転換の妙、
往年のミュージカルへのオマージュも盛り込みながら
ラスト近く、歌と踊りが華やかに繰り広げられる場面で
観客をまさに幸せな夢へといざなう心憎い演出を見せる。
(結構長いので、私はどうやって着地点を見つけるのかなあと
 やや不安な面持ちで観ていたのだが)

ここで我々はちょっとしたカタルシス効果を感じるのだが、
最後はさらりとビターな余韻を持たせて終る。





f0250403_20050240.jpg



人は夢の中に生きているわけではない。
そして願いが一つ叶う時
同時に大切な何かを
失わなくてはならないことも知っている。

それでも夢を追い、叶う日が来るのを信じながら
いつも小さな夢を見て生きている。
























[PR]
by marucox0326 | 2017-03-06 20:50 | sing!sing!sing! | Comments(14)

ま・いいんだけど・・・・。

平日の午後6時ごろ
その時私は混みあう電車の中にいた。


f0250403_19161066.jpg

何かのトラブルで電車が止まっているせいで
ホームには人が溢れ、ようやっと乗車できたのだった。

昔に比べて最近の電車は、
ちょっとしたことでも遅れたり止まったりする。
不審物を線路上に発見か?とかトンネル内で不審火?とか・・・・。
いたずらや人身事故も含め、
危険回避のためには致し方ないことであるし
乗客としては少々の我慢を強いられても
安全第一で運行していただきたいと思っているのでそれはいい。

で、そのすし詰めの電車が大きなターミナル駅に停車し、
どっと大勢の人達が降車した際、
私の側の向かい合った4人掛けの席の一つが空き
運よく私は座ることができた。
その後降りた人と同じくらいの人達が、同じくどっと乗車してきて
一瞬空いたかに見えた通路もあっという間に人で埋まってしまった。




f0250403_19190646.jpg

扉が閉まり電車がガタンっと発車すると
その衝撃で私の傍らに立っていた女性がよろけ、私の上に覆いかぶさってきた。
さらにその勢いで、私のブーツのつま先が
前に座っていた濃い顔立ちのどう見てもアジア人に見えない紳士のつま先を
思い切り蹴ってしまった。
慌てて呟く私の「sorry」に、彼は穏やかな笑みを優しく返してくれたが
その時私の膝の上には、一瞬だが女性の背中が乗っていて
彼女が迷彩柄のリュックを背負っているのがわかったのだった。



f0250403_19115492.jpg

「大丈夫ですか」と私が言うと、起き上がったその女性は
「ホントに何があったんですかねえ・・・ホントに」と
悪びれる様子もなくこの混雑ぶりに困惑の様子だった。
すると彼女の背後で
「通して…ちょっと・・・・あのごめんなさい」と別の女性の声がして
小柄な初老の女性が、前述のつまり迷彩柄リュックの女性の前の少しの間隙に
身を刷り込ませようとしてきた。

迷彩柄リュックのご婦人:「ああどうぞどうぞ、立てます?大丈夫?」
初老のご婦人     :「ごめんなさい」
(と言いつつ紙袋を落としてしまい、バサバサさせて何とか拾い上げながら)
            「私小さいからあっちだと息が詰まりそうで」
迷彩柄リュックのご婦人:「いいんですよ~ホントにこんなに込み合うなんてねえ
             アラアラあなた荷物大丈夫?」



f0250403_19164874.jpg

私は立ち上がり、「どうぞ」と初老のご婦人に席を譲った。

初老のご婦人     : 「え?!あ・いいですよお」
迷彩柄リュックのご婦人: 「いいじゃないの、お座りなさいよ、あなた荷物あるんだし・・・」
(私も小さくはない紙袋を持っていたけれど、この際そんなことはどうでもよろしい)
初老のご婦人は席に座るとやおらスマホを取り出しメールを打ち始めた。

すると次の瞬間、何故だかくだんのアラビアンな紳士も席を立ち
「どうぞ」と迷彩柄リュックを背負ったご婦人に席を譲ったのだ。
「まあ・すみません」
その時はじめて気づいたのだが、さらっとお礼を言って座った彼女。
どう見ても私より年下のような・・・・。

さらにこの迷彩柄も、いやもとい、迷彩柄のリュックを背負っていたご婦人も
即座にリュックからiPadを取り出し、熱心にキーを打ち始めた。

電車がいくつかの駅を通り越し、その後乗客は一向に減らず
私が降りる駅についても、お二人はスマホを操作し続けていたのだった。



f0250403_19174285.jpg


くれぐれも言うがこれは恨み節でもなんでない。



f0250403_19182141.jpg

「お前が若く見られた・・・・っちゅうことでヨカッタやん。
俺なんかこないだ席譲られたん、めっちゃショックやったし」
と笑いながら言うツレ。

そ?!そうなのか???・・・・ま・いいんだけど・・・・。


相も変わらずお写真は本文とは一切関係ない。
カフェ「NOVATAN」さんでのティータイム。
くつろげたなあ~~



f0250403_19460518.jpg















[PR]
by marucox0326 | 2017-03-03 19:46 | ひとりごと | Comments(12)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧