「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

したためていますか?


私も今や、自筆でなければ失礼にあたるかもしれない相手にしか
書かなくなってしまったものーそれは手紙。

普段の通信手段にも、頻繁に手紙を出すという方が
どれくらいいらっしゃるのかは知らないが
インターネットやSNSなどのツールが幅を利かせる現代では
それほど多くはないと推察される。

さらに「ラブレター」とか「恋文」とかに至っては
もはやほぼ過去の遺物となってしまった感がある。

想いを寄せる相手に、秘めた情熱をほとばしらせて
手紙で愛の告白・・・・・なんて、今の若い人はするのだろうか。
現代の若者たちを眺めていると、男女間には恋愛と濃密な友情のどちらもが成立し
まあそれはそれで結構なことではある、しかしながらその境界線は
いかにもアバウトなためにいとも簡単にひっくりかえり
くっついたり離れたりしている気がする・・・・・というのは言いすぎだろうか。
いやしかし本音を言えば・・・・
そんな平成男女の恋愛事情も、いささか羨ましい。
なぜならアラカンの今も、「純粋無垢ゆえに男を振り回す恋多き女」
ってぇのに、少々憧れているせいである。(遠慮なくお笑いあれ)




f0250403_16502190.png


手紙で思い出したのは・・・・。


「Love Letter」
1995年 岩井俊二監督
恋人を山で失った過去を持つヒロインが、その恋人の中学時代の卒業アルバムに
その当時彼が住んでいた住所を見つけて、ふと思い立ち手紙を出す。
図らずも、送られてきた来るはずのない返事。
それは、彼の中学時代の同姓同名の同級生からだった。



ビデオで、随分以前に2回見た。
ここからはあくまで個人の感想である。

最初に見た時は、作品自体はなかなか面白いと思った。
しかし申し訳ないが、中山美穂がつまらない。
彼女の透明感のある美しさにはまったく異論はない。
だが「おげんきですか~~」って山で叫ぶ場面にしても
どうもなんだか、胸に迫るものがない。
むしろヒロインの恋人と同姓同名の同級生の中学時代を演じた
(ややこしい・・・・)
酒井美紀の、初々しさとピュアで硬質な美しさが印象的だった。
范文雀の母親役の意外性や、こういう映画にイイ感じで必ずでてくる
中村久美や、あの鈴木慶一等の配役もアクセントが効いていた。
ミポリンの魅力を映画に見いだせなかった私だが
映画はヒットし、中山美穂はこの作品で認められ
数々の映画賞を取ったのだから、たぶんこっちがひねくれているのだろう。
(その後の「サヨナライツカ」も頑張って見たが・・・・う~ん。)

他には、場所が神戸と小樽という設定なのに
神戸にいる人々はもちろん、登場人物では
豊川悦司だけが関西弁をしゃべるのが、目立ってしかたない。
果たしてその必要性があったのかと思うほどだ。
全員標準語でも良かったのになあ。

また遭難の現場に居合わせた豊川悦司が、その瞬間を回想する場面で
滑落した中山美穂の恋人が、深い谷底で「青い珊瑚礁」を歌うという描き方。
感傷に過ぎてファンタジーにしてしまっている気がして、違和感が否めなかった。





f0250403_16555091.jpg




「文月」の由来は、諸説あるらしいが
ひとつには、7月は七夕の行事があり、
短冊に願いを込めて書く風習から来ているとか。

それにしても、手紙をしたためることは容易ではない。
便箋や封筒を選ぶ→文章を考えて何度も書き直す→ポストに投函する。
この一連の動作の中にどれだけの、時間と労力と逡巡があることか。


今日も戯言におつきあいいただきサンキュ。
せめてものお礼に
最後は、大好きなこの曲で
暑さも吹き飛ばす爽やかな風をお届けできれば
嬉しゅうござんす。

Did you get my card?
Did you read my love letter?
Did it touch your heart?
When you read my love letter.













[PR]
by marucox0326 | 2015-07-21 14:37 | ひとりごと | Comments(14)

居酒屋の夜は更けて♪

先週末、義母をホームに訪ね
ツレの実家を片づけたその後
久しぶりにくぐった暖簾。
居酒屋メニューに舌包みを打つ。





f0250403_13340709.jpg



やっぱ、鯖のきずしは関西に限る。
でもちょっとお酢よりお塩がきつかったかな。



f0250403_13325478.jpg



お野菜のバーニャカウダ
バーニャカウダソースがう~~ん。
マーガリンの味がしたのがやや残念。





f0250403_13332208.jpg



「海苔のつくだ煮で覆った地鶏のつくね」
小ぶりのハンバーグくらいの大きさはあっただろうか。
上には卵黄とスナップえんどう、タケノコの薄切りがのっかっている。

無類のつくね好きなれど、これは見たことももちろん食べたこともない。
「ウチのはただのつくねちゃいまっせ~」と挑発的なメニュー!?に
まんまと乗せられてオーダーした。
こういう時に全く予想外のものが出てくるのもまた楽し。
ただ卵黄に絡ませて食べるのは好きなんだけど、この場合海苔だけで十分かも。




f0250403_13330740.jpg



出たね!!
夏の味覚 鱧のてんぷら。
カリッとあがって美味~♡

この時
少し前に「おつかれさま~」と生ビールで乾杯していた
お隣のカップルの男性(とてもおしゃれでなかなかイケ面)が
オーダーのまっ最中。
「グルクンのから揚げって熱帯魚?」とか聞いている。
石垣島で美味しくいただいていた私は思わず
「美味しいですョそれ」って言ってしまった。
すると彼がこのてんぷらの皿を指さし
「むしろそれなんですのん?めっちゃ美味しそうやなあ思て。」
「鱧のてんぷらです。これもイケます」
なんて会話に、すかさず店員さんも
「やっぱり、夏はコレ食べんとね、てんぷらの中では一押しですう」

さすが大阪人、皆ノリがいい。

とその時、ツレがぼそっと。
「やっぱり湯引きの方が良かったなあ」
おぬし3個も食べてはったよ、しかもこのタイミングで、それ言う?








f0250403_13322887.png


お刺身の盛り合わせ




f0250403_13333699.jpg


「鴨の炙り焼き」
東京渋谷のオサレなフレンチに続き、またもやいただくことに。
このロゼ色がたまらな~い、しかもこんなに沢山あるとは思わなかった。
そろそろお腹がきつい。



f0250403_13335175.jpg

「本日のパスタ。」

味付けは指定出来るが、後はお任せ調理なんだとか。
そしたらなんと!まさかの超厚切りベーコンがごろごろと。
「お任せですけど食材に苦手のものがあったら言ってください」
とは確かに言われた。
ベーコンは苦手ではない。
が図らずも肉系多しになってしまった今回に限っては
得意でもなかったことに気づいてももう遅い。
さらに、お腹にこたえた。






f0250403_13342996.jpg




なのに、こんなものまで。
「お米にこだわり○△§Σほにゃらら」
などととメニューにあるとつい・・・・







f0250403_13344208.jpg



頼んじゃった。

「鮭といくらの釜めし」
優しいお味で、さっぱりいただけたので
時間をかけてすべてお腹に収まった。









f0250403_13324245.jpg


お勘定の際、
店員さんとちょっと話がはずむ。

お酒はあんまり飲めないけれど
横文字のお店もたまに行くのはいいけれど、
メニューが豊富で、楽しくて、
こういうお店、好きだなあ。

































[PR]
by marucox0326 | 2015-07-17 22:15 | おいしいもの | Comments(6)

猛暑が来る前に。

快適である。
何故なら今日、仕事部屋が涼しい。

というのも、冬は寒く夏は暑いこの北向きの部屋には
今までエアコンがなかったからで、夏場はいつも寝室が仕事場だった。
ゆえに寝室と、今現在仕事場にしている北向きの部屋の両方が
あらゆるもので雑然とするなか、溜まるフラストレーションを宥めつつ
忙しさを言い訳に、放置状態だった。

しかし今年に入ったある日、
高齢になる前の今のうちにやらないと!と思い至った。
枕元で「いつやるの?今でショッ!」(ギャグ古ッ)
とご先祖様のお告げがあった・・・・・かどうかはご想像にお任せする。

それはまさにこの時。
北向きの部屋も、夏までにエアコンを入れるつもりで
大々的に不用品を処分整理し、かたや寝室をすっきりさせ、
寝るためだけのプライベートな部屋と、仕事やパソコンをするための部屋に
完全に分離した。おかげで、ストレスは多少解消されたわけである。
(まだまだいじりたい場所はあるのだ)
さて後はエアコン購入をね、そろそろ決めないとねと思いつつ
いかんせん今年は梅雨に入っても、さほど気温が上がらず・・・・・。
エアコン・・・・昔に比べて随分安価になったとはいえ
工事も必要だし、買うぞ~~と心に決めていても
そんな時は中々お尻が上がらない。



f0250403_14061197.jpg




とはいえ照りつける暑い日差しは突然やってきた。
昨日は熱中症で死者が出たほどの急激な暑さ。
今からどっとエアコンが売れだし、工事も込み合ってくるに違いない。
あのまま曇り空を睨んで、ぐずぐずと購入を躊躇していたら
こんなにすぐには、取付工事に来てくれなかったかもしれなかったではないか。
今回はグッタイミンのグッジョブであったと気を良くしている。

普段、ユウレイに撫でられたかの様に
ヒュルル~~とやってくるあの冷気が
どうも苦手な私だが、さすがにこの暑さでエアコンなしでは
事務作業をしているうちに、干からびてしまったことだろう。
「アラカン女の干物」という食えない代物になる前でよかった。
これからは快適に、ここでお籠りできるというわけだ。




f0250403_16152579.jpg



相変わらず、お写真テキトーだが、
最後に涼を呼ぶ一枚を。

フィンランドのキットカット。
(ノルウェーの間違いでした。
山登りに携帯される、御地では昔から
親しまれているお菓子だそうです。)

涼しいところで楽しんできた
友人のお土産。


訂正加筆しました。







[PR]
by marucox0326 | 2015-07-13 16:32 | ひとりごと | Comments(8)

今週もまだ始まったばかり・・・・・。

ロシア民謡に「一週間」というのがある。

ほらあの
トウリャトウリャトウリャトウリャトウリャトウリャリャ~♪てやつ。
昭和世代なら殆どの方がご存じだろう。
私が、子供のころの1960年代
ダークダックスなんていう男性コーラスが、TVで良く歌っていた。
当時慶応グリークラブ出身の彼らは
スマートでオーソドックスな雰囲気を漂わせていたが
他にも、デュークエイセスやらボニージャックスやら
男声コーラスグループが中心に
外国の民謡を多く紹介していた時期があったように思う。
特にロシア民謡は、どこか物哀しげで、懐かしさを伴っていて
「トロイカ」や「ともしび」など愛唱歌として親しんだものだったが、
かたやこの「一週間」という歌は趣きが違う。

月曜日にお風呂を焚いて~♪
火曜日にお風呂に入る~♪とくる。

冷めてまうやろ~~~!

子供心にも何とも意味不明な歌詞だったが、
軽快なノリのメロディが聞こえてくると
今でも思わず腰に手を当てて
コザックダンスもどきを踊り出してしまいそうになる。



f0250403_17245528.jpg


昭和歌謡というのだろうか。
五月みどりも歌っていた。
『一週間に十日こい』

一週間に十日こい、とことんとことん♪

さすがに当時の記憶はないけれど
この部分だけは何故か歌える。
改めて歌詞を見てみると、みどり姐さんらしく
意味深な色っぽい歌詞である。

そしておなじみビートルズの初期のナンバー
『Eight Days a Week』
一週間に8日じゃあ足りないくらい君を愛している
と歌っている。






そしていまお気に入りはこれ。





シンプルだけれど胸を打つ歌詞とメロディ。

動画には他にも面白いバージョンがあるが
一番好きなものを貼っておく。


意志があれば、道はある、素晴らしいことなんだよ。
夜は明けて一日がはじまる、魔法のように。
人生には愛がある、怖いものなんてないんだよ。

どんな暴君も涙を流すことだってあるし
失われた魂の中に奇跡の骨があるんだ。
夢を追う人が夢を見ることは止められない・・・・。

月曜日には心破れ
火曜日には望みを失い
水曜日は空っぽの両手を広げて
木曜日には愛を待っている
ありがとう、星たちよ、金曜日
炎のように燃えて暴れる土曜日
たぶん、教会にはいかないだろう日曜日
ただ愛を待っている、待っているんだ。
息を吹き返すために・・・・。




 

f0250403_17251672.jpg





子供のころは、よく思ったものだ。
一週間はもっと短くて金曜日と土曜日がすぐに来たらいいのにって。

あれは高校生の時だった。
日曜日の夜はワクワクするって言ってた友達がいた。
ええ~理解不能だ!また学校が始まるのに?
朝早く起きなくちゃなんないし
月曜って、苦手な物理や数Ⅱがあるんだよ~。
私にとっては,明日は『manic monday』なのに!
(大好きなバングルスの曲名でもある)

だから思わずなんで??と訊いた私に
彼女はすまして答えた。

「だって、通学途中で彼(完全に片思いでしかない他校の男子)に会えるもん」








f0250403_17232837.jpg






お写真は「epanouir」という素敵なお花屋さん
例によって本文とは全く関係ないので、アシカラズ。
















[PR]
by marucox0326 | 2015-07-07 15:33 | sing!sing!sing! | Comments(12)

残念!

今朝は、なでしこがアメリカに完敗。
そしてギリシャでは、反対票が上回る結果に。
正直どちらもある程度予想通りと言えば予想通りの感がある。



  • [写真特集]女子W杯なでしこ2-5で敗れる、力の差をみせつけたアメリカ3度目の優勝

  • (画像はYahooニュースより)



    女子サッカーW杯決勝戦。アメリカVS日本
    いきなりの序盤で2点の先制を浴びる、しかもセットプレーからの。
    (ロイド選手にCKとFKを決められる)
    まさかの幕開けに、なでしこたちに多少の動揺が走っても無理はない。
    間髪をいれず、クリアミスからの3得点目。
    (クリアミスと言うより「はいどうぞ」的な岩清水選手の痛恨ミス。)
    更にまたまたロイド選手のロングシュートがゴールに吸い込まれる。
    (GKの位置もよく見てると言え、スゴイわ)

    しかもアメリカはパワーやスピードだけでなく、守りも堅い。
    攻め上がってはカウンターを食らうなでしこたちも必死で自陣を守る。
    このままワンサイドゲームになってしまったらさすがにまずいだろう。
    ボコボコニされちゃうのか・・・・・とこちらの胸も苦しくなる。

    大儀見選手のシュートは素晴らしかった。
    2点は取れたが、5点も失った。
    試合中、USAコールがすごい!
    そして日本がファウルをもらうと轟く、地響きのようなブーイング。
    終盤アメリカはついに往年のレジェンドを投入してきた。
    日本にとっては屈辱的な采配の中、ますますアメリカを応援する観客は盛り上がり
    アメリカベンチも勝利を確信し、スタジアム全体を敵に回しながら
    それでも懸命にプレイするなでしこたち。
    鮫島選手は足をつりながらも、皆が最後まで
    あきらめずに走り続けるその姿には、やっぱり泣かされてしまった。

    戦いすんで・・・・。

    岩清水選手と海堀選手の涙が印象的だった。
    本人たちには悔やんでも悔やみきれないことだったろう。


    祭りは終わった。
    でも道はまたここから始まる。

    で・・・・ギリシャだが、
    ユーロ離脱の意思はないワ、でも今すぐ緊縮策なんて無理ョ。
    公務員は減らせないし、職のない若いコたちも支持してくれてるの。
    だから私達はこれからも堂々とやってくのョ、だから何とかしてネ。


    ・・・・どうなってくのでしょ。








    [PR]
    by marucox0326 | 2015-07-06 19:51 | 日々の出来事 | Comments(2)

    今年に入って3度目のTOKYO

    わがお孫ちゃまも生後ひと月となった6月中旬、
    一泊二日で「お宮参り」のために上京してきた。

    せっかく遠方まで出向くのだから
    あちこち行きたい花のお江戸ではあるけれど
    そうもいかない。
    今回の目的は、千葉神社での「お宮参り」
    彼らの住まいは千葉、都心から小一時間はかかる。




    f0250403_13525209.jpg



    何時もホテルと新幹線チケットがセットになった
    格安プランで行く私達。
    ランチは東京で済ませて出向くと伝えてあった。

    きっと週末だから混んでるだろうし、時間もないし
    待たされるのは嫌いなツレと一緒だし
    食事処はどこがよかんべかいな~~と前々日から、ネット検索。
    しかしこの時点ですでにお昼の予約は条件が厳しい。

    疲れ果てて、もうどうでもええわっ!て
    ほとんどヤケクソ状態で決めたのだが、
    思わぬヒットとなった。






    f0250403_13580651.jpg



    予約したレストランは、
    渋谷の交差点を道玄坂方面にズンズン行き、
    左手には高級住宅街松禱のお屋敷が立ち並ぶ
    少し手前にある瀟洒な建物。


    PATINASTELLAさん




    f0250403_13582209.jpg






    広々とした店内は、ガラス張りの大きな窓からの採光が気持ちいい。
    開店とほぼ同時に着いた私達。
    席に通され、案外空いてるワと思ったのもつかの間、
    次から次へと入店してくるのは、やはり女性客ばかり。
    カップルがひと組いたくらいだったか・・・・。

    マダム達に交じって、若い女の子も
    ほぼ全員ワインかシャンパンのグラスを傾け
    お昼から優雅にやっている。
    よくよく考えたら今日は土曜日だ。
    旦那さまたちは仕事?それともわびしく一人ラーメン???

    スイマセン、余計なお世話でしたっ。






    f0250403_13584113.jpg




    サラダはオレンジが入っていたことしか覚えていない






    f0250403_13590143.jpg



    大きなムール貝と抹茶を練り込んだパスタ。





    f0250403_13593794.jpg


    後はコーヒーとパンだけだったので、
    ツレには物足りないかなと思い、
    ワンプレートだけ、鴨のグリルを追加オーダー。





    f0250403_13595533.jpg



    ふた皿やってきた鴨ちゃん、とっても美味しそう。
    一つのポーションが大きい。
    断れる雰囲気ではなかったので、まあいいかと美味しくいただいた。
    気が大きくなったツレは、早速赤ワインをオーダー。
    差し出されたワインリストには一応目を通すが
    (たぶんわかんない、いやきっと)
    お薦めは?と尋ねて、結局値段も確かめずにオーダーしてしまうツレ。
    そんな私達は心優しき小市民、いや所詮気の弱い田舎者。
    (渋みと酸味のバランスが素晴らしく、おいしかった)
    パンもサービスしていただけたので、お腹も満足♪
    しかも会計の折
    ちゃんと一人前をシェアしてサーブしてくれていたことがわかり、
    気分もよく店を後にした。






    f0250403_13582209.jpg




    ホントはここで↓ランチをいただきたかったのだが、
    予約が取れなかった。
    いっつも込んでて、この日もパンだけをお買い上げ。






    f0250403_13522731.jpg


    Parisの雰囲気が味わえる店内。





    f0250403_13520366.jpg







    そして、千葉では




    f0250403_13503614.png



    もうバタバタしちゃって
    お料理はこのお写真のみ。

    BABYはずっとおりこうさんだったが
    ぐずりだすとママが食べられないので
    私が抱いてあやしたりもした。
    子守唄を歌うなんて久しぶりである。
    やがて腕の中で静かになった彼は
    とたんにずっしりと重くなった。
    腕に感じるその温かな重みは、愛おしく懐かしい。
    私はそおっと壊れ物のように慎重に
    彼を座布団に寝かせた。

    「君の未来の景色はどんなふうだろうね」




    それにしても・・・。

    何だか我が子の子のことより
    我が子の小さい頃のことが、
    頻繁に思い出される今日この頃である。


































    [PR]
    by marucox0326 | 2015-07-04 16:29 | お出かけ | Comments(12)

    ハプニングは「なでしこ」だけじゃない♪

    これが王者たるゆえんなのか・・・。


    スポーツは勝つか負けるか、二つに一つ。
    強い勝利への執念は運をも呼び込み、ぎりぎりの
    ワンプレイは残酷な勝負の世界を私たちに見せつけた。

    オウンゴールはサッカーにはつきものだ。
    しかしこんなことがあるのだと思わずにはいられないタイミングだった。
    川澄選手のアーリークロスの質が良かったのだろうし、
    佐々木監督の言うように、後ろの大儀見選手が飛び込んで
    決めていたかもしれない危険な場面であったにはちがいない。
    だからパセット選手も必死で足を出したわけで
    そのディフェンスは、責められるべきものではない。

    そして
    彼女たちにはまだ3位決定戦が待っている。
    きっともう前を向いていることだろう。

    とにかく!!
    女子サッカー日本代表、ファイナル進出、おめでとう♪

    さて来週の月曜日、朝7時だと見ることのできる人も多いだろう時間帯。
    また日本中が熱狂に包まれるのだろうか。
    俄かファンが増えるのも大いに結構!
    なんにせよ、盛りあがって元気にしてくれる彼女たちなでしこ軍団。
    細かいパスが繋がって大きい相手を走らせ疲れさせ
    翻弄しているときは、実に小気味よくて面白い。
    でも今大会では、瀬戸際で勝ちあがってきた試合が多い印象だ。
    だからこそ、決勝は思い切り彼女たちらしいプレイを期待したい。


    頑張れ!!!






    f0250403_19341537.jpg





    で・・・・・・6月は忙しかった。
    孫のお宮参りに上京したあとも、珍しく仕事がたて込み、
    その後は夏と秋に、発表会的なライブや他にも歌う予定が決まって、
    パソコンに向かえば、ずっと音源を聞いたり、歌ったり。
    もちろん、週の半ばに母のところに通うのはいつも通り。
    新幹線の事故のあとも自由席に乗車し続けている。

    そんな中、ちょっとした出来事があった。
    実はリンクさせていただいている素敵なお庭を持つ彼女から
    (たまたま彼女のお住まいと私の母の家が近いということもあり)
    丹精込めて育てられた斑入りの葉が珍しいアジサイを、株分けしてくださることに。
    思わぬお申し出にドキドキの、ブロガーさんとの初お目もじと相成った。

    イケイケのお姉ちゃんが出てきたらどうしよう・・・。
    いやこっちもイケてないばぁーさんだしなあ・・・。

    少しの不安は杞憂に終わり、お茶を飲みながらおしゃべり。
    美味しいはちみつ入りの食パンまでいただいてしまった。
    彼女は私より随分お若いはずだけれど、
    ご主人と可愛いワンコと、歌手を夢見るお嬢さんがいらっしゃって
    お庭のイメージそのままに優しい雰囲気で、ナチュラルな素敵な方だった。

    地植えにしたいのだがまだ場所に悩んでいて
    なんとか鉢植えにしたものの、上手く育てられるかしらん。
    これまたお隣から分けていただいたアナベルというアジサイと一緒に仲良くパチリ。


    rinarinaさん、ありがとう!
    大切に育てまする。

















    [PR]
    by marucox0326 | 2015-07-03 20:31 | 日々の出来事 | Comments(4)

    照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


    by marucox
    プロフィールを見る
    画像一覧