<   2014年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

やっと晴れたよ~

f0250403_12553752.jpg

快晴の那覇空港に
無事到着。


石垣島から来るとすごく
都会に来たって感じemoticon-0104-surprised.gif
[PR]
by marucox0326 | 2014-04-29 12:55 | お出かけ | Comments(8)

大人の時間

今日は川平湾の
美しい翡翠色の海を見て
マングローブの茂る川を
カヌーで下った。

f0250403_21534897.jpg



そして、今夜は石垣島最終日の夜。
グラスを傾け、ムーディー勝山

は?


f0250403_2315464.jpg




たまにはね、


右から左に受け流して(汗)
[PR]
by marucox0326 | 2014-04-28 21:53 | お出かけ | Comments(0)

徐々にお日様が。

先ずはリアルタイムで
スマホから、毎日一言送信
している。



f0250403_845830.jpg

昨日の西表島、由布島、竹富島巡りは曇り空ながら、雨には見舞われる
ことなく楽しめた。

今日は石垣島をドライブ予定。

何とか晴れそうemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by marucox0326 | 2014-04-28 08:43 | お出かけ | Comments(0)

雨ニモマケズ

めでたく土砂降りで~すemoticon-0122-itwasntme.gif
f0250403_7454053.jpg

ミネトンカもおニューなのに。
f0250403_7505911.jpg



今から島巡り、イッテQ!
[PR]
by marucox0326 | 2014-04-27 07:42 | お出かけ | Comments(2)

雨夫婦見参

f0250403_14285110.jpg

なんか整備に手間取った
ばかりでなく
お空も渋滞だったようで、
出発時刻を30分オーバーで
飛び立った飛行機だったが
パイロットの方の
頑張りのおかげかどうかは
知らないが、2時間10分ほどで
新石垣空港に到着した。

セントレア中部国際空港に、
石垣島直行便が出来て間もないのと
今年のGWは連休がぶつぎれなせいで
海外より国内旅行者が多いらしいのとで、便も沢山、機内も満杯。

よって搭乗時間が遅れ
乗り込んだあとも
機内アナウンスがあり、
離陸の間隔を開けるよう、
管制塔からの指示があったとかで
出発が遅れ、
着陸後も直結待ちで
待たされ、
1時過ぎに着くはずのホテルに
辿りついたのは2時半。

お腹ペコペコ。
ギリセーフで
食事にはありつけてほっとする。
f0250403_19134058.jpg


f0250403_19142811.jpg


しかも、予報で知ってはいたが、
朝からここは雨。
私達が、着いた時は止んでいたが、
ど~んよりの曇り空。
なあにが、コバルトブルーの空に
エメラルドの海なん?!


そりゃああ~た
私達何を隠そう
雨降らし隊だも~~ん!!!
(もう完全に自虐ネタ化)

さらに明日は本格的に
降るらしいのだ。

まさにこれぞ雨夫婦!!!
来てます!ハンドパワー!
ってなんでやねん。しかも古っemoticon-0103-cool.gif

お迎えのタクシーのおっちゃん曰く

滅多に雨が降らないこの島に
40日振りに降った
恵みの雨らしいのョ。

これ聞いて思わず自らの
超能力にのけぞる
アラカン雨降らし隊。

いやそーいうことじゃemoticon-0107-sweating.gif


f0250403_1951811.jpg



このパワー
なんか他に使えんかいな~。

スマホから投稿emoticon-0116-evilgrin.gif
[PR]
by marucox0326 | 2014-04-26 14:27 | お出かけ | Comments(2)

いって来まあす!

いざゆかん、
八重山諸島のエメラルドの海へ



f0250403_1023654.jpg

[PR]
by marucox0326 | 2014-04-26 09:56 | お出かけ | Comments(0)

戯言にお付き合い願いたし。

いきなりこんなこと伺うのもなんですが・・・・

「ざんきにたえない」の
ざんきって・・・・ご存じ?

f0250403_23223639.jpg


あ・あれね
深夜遅くまでやってるディスカウントショップ。
愛知県にもけっこうあんのよ、でも近くにはないんだなあって・・・・・・それはドンキ!!

あ・あれか
最近急に言い寄られること多くってムフ、どしたんざんしょオホホ・・・ってそりゃモテキ!

ハイハイハイ
松林じゃなくて、桜並木でもなくて、防砂林、防風林・・・・・・・・・・・・・・・
もしかして言いたいのは、ぞうき林かいっ!?


おつきあい、恐れ入りマス。

f0250403_2326340.jpg


今日のニュース
「STAP理研調査委員長が辞任 自身の論文で画像加工」とか。

まさに「慙愧に堪えない」思いであったことだろう。
慙愧(ざんき)・・・・どちらも恥いるという意味の漢字。


なぁんて思いつつ
明日から、ちょっと南の島に
リゾートしてきますです。
[PR]
by marucox0326 | 2014-04-25 23:56 | ひとりごと | Comments(0)

本読みの居場所

お気に入りのカフェ『鬱花』さんへ。

近くで用事を済ませた後
平日の夕方なら空いてるかもと
足が向いた。

狙い通り。
暇そうな店内(失礼!)

本来、読書するのは
外より、家でごろごろしながら読むほうが
ひたれるというか、頭に入る私だが
バッグには少しでも時間があれば読めるように
文庫をしのばせているのは、若いころから変わらない。

移動中の乗り物の中
病院の待合室

小刻みにしか読む時間が取れなくなった今も
屋根のあるところなら、ページはめくれる。


f0250403_22135730.jpg


ここのところ、昔読んだ新潮や角川文庫を読み返している。

今の文庫本のほうが文字が大きくて読みやすく
それに慣れてしまったせいか、すぐ目が疲れてしまう。

f0250403_19391524.jpg


ここはテラス席。
眼前には木々や植え込みが見えるので
時折顔をあげてぼうっと眺めては
ページに視線を戻すのだが
細かい文字の読みづらさに変わりはなくて・・・・。


f0250403_19381280.jpg


むろん、
魅力的な新刊やベストセラーに
手が伸びそうにはなるけれど。

まっさらな新しい知識を詰め込むより
胸を打った良書の、かつて覚えたおののきや震えを
もう一度確認し、さらにまた違った発見ができれば
それはそれで、少々錆ついた感性を刺激して
新たな心の血肉となってくれるにちがいはないのだから。

f0250403_1937915.jpg


『桜の森の満開の下』は今も幅広い層に
人気があるらしい。
似た話では『夜長姫と耳男』のほうが
以前は好きだった。
でも自分の中の一番は
『青鬼の褌を洗う女』だろうか。

そう

今は坂口安吾を、やっつけ中。

太宰と安吾は、
殆ど読んだのに見事に忘れている。

しかしながらするすると頭に入ってくるほどに
たやすい相手ではなく・・・・・・。

f0250403_163237.jpg


でも

固くて噛みづらいするめは、噛むほどに味わいが増すもの。


たとえがまずいね。
[PR]
by marucox0326 | 2014-04-22 18:55 | 日々の出来事 | Comments(4)

心揺さぶる音♪ー映画音楽篇ー

先回の記事で映画「アナと雪の女王」について書いたが
ミュージカルアニメーション、大人の鑑賞にも十分耐え
夢見心地な気分と高揚を与えてくれるようだ。

コメントを寄せてくださった方の感想からも
この作品も又例外でないことを強く感じた私であるが。

まだ観に行けていない。

それにしても

『アナ雪』・・・・・
この言い方、気に入らない。
何でも略しゃいいってもんじゃない。

f0250403_19273781.jpg


そしてふと思った。
作品とともに
誰にも自分にとっての
忘れられない映画音楽が
一つ二つ、あるのではないだろうかということを。

そのメロディがどこからか流れてくると
胸がざわざわと落ち着かなくなるような・・・・・・
もしくは
ハートの一番柔らかい部分を
容赦なく突いてくるような・・・・・・

そんな心の奥にしまってある自分だけの音楽。

あなたにもありませんか?


f0250403_19295043.png


私は小学生のころ見た「風と共に去りぬ」が
長らく自分の中での洋画ベストワンだった。

あの有名なテーマ曲が流れると
色々なシーンが甦ったものだが、
今にして思えば
音楽としてお気に入りだったかどうかは
大いに疑わしい。

その後
ジュゼッペ・トルナーレ監督作品
「ニューシネマパラダイス」が、ベストワンの座にとって代わり、
エンニオ・モリコーネの音楽も、私の中でのベストワンとなった。

このコンビでは「海の上のピアニスト」の中の
(あんまり好きじゃなかった主演のティム・ロスがここではとてもよかった)
「ザ・クライシス」という曲も大好き。
フィギュアスケーター高橋大輔選手が、自らの演目曲に使用しているので
ご存じの方は多かろう。

フィギュアスケートといえば、
やはり浅田真央選手がエキシビションで使用した、ショパンの「バラード1番」
胸を締め付けられる・・・・彼のピアノ曲のなかでは私のイチオシである。

この曲はロマン・ポランスキー監督の「戦場のピアニスト」の中で
ユダヤ人の主人公エイドリアン・ブロディが、隠れているところを見つかった
ドイツ人将校に何か弾けといわれてピアノを演奏する、感動的な場面で使われてる。
オリジナルではないが、こちらもまた映画音楽といえよう。

心を揺さぶる音楽・・・・・それは一つの場所にとどまらず
形を変え、色々な場面に登場して新たな感動を生んでいく。



f0250403_1928298.jpg



最後に

この曲は私にとっての癒しと再生のメロディかもしれない。

もうこれはイントロからやられる。

映画も良かった。

そしてこの曲で、
彼、スティングを知った。

リュック・べッソン監督「レオン」から
「Shape of My Heart」


[PR]
by marucox0326 | 2014-04-18 21:49 | sing!sing!sing! | Comments(4)

心揺さぶる音♪ #1

すでにご覧になった方も多いことだろう。

「アナと雪の女王」

空前のヒットだそうだ。

アカデミー主題歌賞受賞曲「Let it go」
私は受賞前にユーチューブで聞いて魅了された。

以前にも好きな歌と歌いたい歌は違うということを書いたが
ミュージカルに歌われている曲には歌ってみたいと思う曲が多い。

多分転調や変調が多く、それゆえドラマチックで
心揺さぶられる音たちに溢れているからだろう。

歌いこなせるかどうかはこの場合別問題である。

イディナ・メンぜル、圧巻の歌唱力で
彼女のバージョンが一番好きなのだが・・・・。





今朝の「スッキリ」で、May・Jが
ハートフルバージョンとやらを謳っていた。
正直がっかりした。

この「Let it go」だが
3バージョンあるらしい。
1)映画の劇中歌
2)映画のエンディングバージョン
3)ハートフルバージョン。

この3)の歌はもちろん日本語で
曲自体もかなりアレンジされている。

まず、イントロが違う(大好きなのに)
次ぎに歌い出しはサビの部分「♪ありのままで~」から始まり、
そして、いわゆるDメロがない!!
あの部分で、アドレナリンが出まくるのに!!!

要するにキレイにまとめて
サビを強調するだけの曲になっている。

彼女May・Jは、歌が巧い人だけに
どうせなら、オリジナルを歌いたかったのではあるまいか
と思ってしまった。

すでに映画の吹き替え版で、松たか子や神田沙也香が
評判になるほど、情感豊かに歌い上げているので
別バージョンとして売りたかったのかなあ。




まあ一シロウトの戯言だけど。

















[PR]
by marucox0326 | 2014-04-15 13:58 | sing!sing!sing! | Comments(12)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox