<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

肉ジャガにドッシリおも~く愛をこめて

結構な量を仕込んだ。

見てくださっている皆さんにとって
肉ジャガの定番の材料って一体何だろうか?

f0250403_11314731.jpg

一般的に言って
名前の通り、まず肉
(牛でも豚でも鳥でもはたまた猪肉でも
好みで何でもござれだが)
ジャガイモは必須でしょ。
次に玉ねぎもほとんどの方が投入されると思う。

私の場合、これに加え必ず糸こんにゃくを入れる。

すき焼き、牛丼、肉豆腐、
肉ジャガの親戚ともいえる
これらのお料理にも
糸こん、必須である。

今日は他に人参と、彩りに三度豆を加えた。

後はお砂糖や酒、醤油で甘辛く、汁は少なめに仕上げる。

これが、我が家流なのだが・・・・・・。

まあね、
家庭的料理てえいうのは(何故かいきなりの江戸落語調)
材料、味付けについては、実に幅広いのではないかと思われるので
変わり種があったら教えていただきたいところだ。


f0250403_1252495.jpg


そして
1週間に1度訪ねる
一人暮らす母宅でも
結構な種類のおかずを作り
少しずつ小鉢や皿に盛り
ラップし、冷蔵庫に入れて帰る。

定食屋のケースからおかずを取りだすかのごとく
好きなものを食べてもらえるようにセットして。

いまさらにして思う。

何の取り柄もないが
ご飯作りがさして苦にならない自分で良かったと。


f0250403_1248598.jpg



普段私達夫婦は、お魚中心の食生活なのだが
母のもとへ通うシェフの私が、自宅を空ける時は
こうしてツレに、肉じゃがや白和えなんぞを作っておく・・・・・・。


f0250403_1236365.jpg


男一人の食事は↑のように品良くとはいかない。

それでもきっと、冷蔵庫の中から
めぼしいつまみを見つけ出しては
うるさい山の神がいない夕餉の卓にそれらも並べ
真ん中に、メインディッシュの肉じゃがが入った
ルクルーゼの鍋をでんと置き、小鉢に取りわけては
背中を丸めてつつくツレの姿を思うとき
心の中で、そっと感謝の手を合わせる殊勝な私なのである。

自分で言うか・・・・・ったくも~(笑)
[PR]
by marucox0326 | 2014-02-25 13:08 | おいしいもの | Comments(10)

子供の領分。

子供は、無邪気で、時に残酷だ。
無垢で純粋なゆえに。


我が子を遊ばせていて、
大の大人の親の方が
よその小さな子に気を使ったり、
またその言動に傷つけられたり・・・・・。
そんな事の一度や二度
親ならば誰しも、心覚えがあるのではないだろうか。

f0250403_19243438.jpg


新しいマンションや住宅が建ち始めたその地域には、
まだ田んぼや畑のほうが多かった。
その一画で、4歳の男の子たちは
夢中でバッタ取りをしていた。

体も大きく、口八丁手八丁
つまりはまるで
小さな暴君ネロを思わせるその子は
自分が一番沢山
しかも上等な獲物を捕獲したと自慢し、
やせっぽちのもう一人が取ったバッタを、
体が茶色いだとか、小さいだとか言って
ことごとくバカにしていた。

「あ・見つけたよ!」

黙々と
もっと上等なブツを手に入れるべく
必死の形相で草をかき分けて探していた
やせっぽちの彼は、
ついに
翡翠色の羽をもつ
まるで今生まれたかのような
美しいバッタを見つけた。

それを持つ手を誇らしく掲げたまま
やせっぽちは大急ぎで暴君ネロに駆け寄った。

「ほら、凄いでしょっ!」

と言って見せたとたん、
暴君ネロは、まさにその名に恥じぬ行動に出た。

「ふんっ」といって
そのバッタを取り上げると
空高く放り投げたのである。

しかし

一瞬、唖然としたやせっぽちだったが、
気がつけば泣き言も言わず
また黙々とバッタを探し出した。



f0250403_1925455.jpg


少し離れた場所で
一部始終を見ていた母親は
ただ呆然とその場に立ち尽くしていた。

暴君ネロ野郎に注意もできない自分が
情けなくて悔しくて・・・・・。

でも

ここは「子供の領分」
そう自らに言い聞かせながら
しばらく、その場を動けずにいた。


日の落ちるのも気付かずに。
[PR]
by marucox0326 | 2014-02-20 13:34 | 話の小部屋 | Comments(2)

見たいけど見られない。

世の中、というか日本では
4年に一度のスポーツの祭典に湧く毎日。

そしていつものことだが
マスメディアは
勝ちとったメダルの裏話
知られざるストーリー作りに余念がない。

ワイドショーの、格好のネタにさらされる選手たちには
ある意味同情を寄せている私だが、
実は競技そのものが、生では全然見られないでいる。

深夜に、LIVE映像を見るのは
アラカンにはキツイ。
したがって、ニュースで結果を知ることが多い。


それでも応援していた
女子カーリングは、予選リーグ最終戦、
対スウェーデンは見た。
デンマーク、スイスと強豪に勝った勢いで
何とかと思ったが、終盤突き放されて
最後力尽きたんだね。

後で知った。

というのも見届ける前に
私も睡魔との闘いに力尽きて寝てしまったので。ハハハ~

女子ホッケーも1勝もできず、悔しい大会となり、残念。

チーム競技はやっぱり面白いなあ~。

今回は残念だったけど
さらなる飛躍を願うばかりだ。

f0250403_17361865.jpg


さて

先週末、やってきたここは
兵庫県西宮市にあるヨットハーバー。

優雅にヨット遊び?
というわけであるはずがなく、
実は義父母が、ここからほど近い
老人ホームに入居したのである。

週1の実家通いに加えて
昨年末から入院していた義父のあれこれ、
加えて義母も調子を崩してのなんだかんだ。

ここのところ、ツレも私も、
それぞれの関西にある実家と自宅の往復で
行ったり来たりの日々だった。

見たいけど見られない理由はここにもあったのだ。

しかしこれで一段落はした。

バタバタもようやく落ち着きつつある。


f0250403_17364283.jpg


義父母を連れ出してのランチは
ヨットマン達が主に利用すると思われる、
ヨットハーバー併設のレストランで。

でもこの日は日曜日だったこともあり、ファミリーも多い。

私は、はまちのポワレ。

画像はないが、お義父さんはカツカレーをぺロリ。


f0250403_1737390.jpg


デザートも可愛く
左はプリン
右はスワンのシュークリーム。
(形が上からだと分かりにくかったかも。)



さて
いよいよ・・・・
今大会、日本にとって最後で最大の関心事
女子フィギュアスケートが行われる。

明け方4時頃、起きられたら
真央ちゃん見られるかな~。


起きられたらね。


でも
夢の中でも応援してるからね~。
[PR]
by marucox0326 | 2014-02-19 19:18 | 日々の出来事 | Comments(6)

真夜中のエール

今朝は燃えないゴミの日。

うちの地域の収集時間は8時半。

なのに出すのを忘れた
というか寝坊した。
f0250403_1720104.jpg


朝早く出勤しなくてはならないわけではない
お気楽な身分なので、ズルズル見てしまう
連日連夜の五輪観戦。

ついにやっちまったというわけだ。

呑気でいいよな~とツレも言う。
全く返す言葉もない。

まずは男子ハーフパイプ
予選まではLIVEで見た。
かっこよくてしびれたが、
決勝と沙羅ちゃんまでは、お目目が持たないわと
楽しみにしていたスマイルジャパンに、チャンネルを合わせる。

女子アイスホッケー、ロシア戦。

見始めた時は、既に第2ピリオドの最中
ああ1点先取されている。
しかも相手の攻撃に応戦一方だ。

長らく日本の我慢の時間が続き、やべえ~・・・・眠気が襲う。
インターバルからリンクに戻るキーパーの
レガースのでかさに、おおっと目を見はったものの・・・・・眠い。
おかげで、第3ピリオド開始30秒で決めた
日本のゴールシーンは、コックリコックリしちゃって見られず。
でもその後の見違えるような攻めに眠気も吹っ飛び
何度、声をあげてしまったか、夜中なのに(汗)

f0250403_182054.jpg

                                (抹茶くず湯とあられをおともに観戦♪)

惜しかった~!
勝たしてやりたかった。

ああいう試合展開は、
かつて息子達の試合(バスケットだが)でも
格上チームと対戦した際、何度も見てきた。

内容でいくら勝っていても、
献身的な守備で耐えに耐えても
決定的な場面で決まらない。
そして隙をついたカウンターや
ミスパスでやられて、万事休すというゲームを。

それにしても、だ。
スマイルジャパンって愛称、
アイスホッケーチームとしてはどうなんと思っていたが、
チームのメンタルコーチとして招聘したカナダ人女性コーチが
選手達にいつも笑顔でと言ったからなんだとか。

ふ~ん、な~るほど・・・なわけないやん!
ま・いっか。
とにかく、メダルの可能性は消えたが
素晴らしいゲームを見せてくれてありがとう!!

次戦、ドイツ戦も頑張って!
初勝利を祈るばかり!

f0250403_1925792.jpg

                          (抹茶くず湯は「OHASHI」さんのセットから)

明けて今日は
やっとメダルを獲ったとばかり、
閉塞感から解き放たれた空気が
日本中に溢れている。

ハーフパイプで見事
銀、銅のメダルを獲得した
平野歩夢君と平岡拓君の、爽やかな快挙。
心からおめでとう。

同じく重圧に耐えて、精一杯頑張った高梨沙羅ちゃん。
健気にインタヴューを受ける姿には胸が詰まった。

明暗を分けた10代の選手たち、
また前を向いて、頑張って!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポーツは勝つか負けるか
それしかない。

勝ってこそ喜びが得られるものだと思っている。

でも

どんなに内容が良くても、負けては意味がない
勝ってこそのアイスホッケーのような競技もあれば

例えば上村愛子選手の試合後のコメントにあったように

自分自身が納得できる内容を求めて、
満足のいくパフォーマンスが出来れば
掴んだと確かに思えた勝利が
手の中からするりと抜け落ちてしまったとしても、
心地よい達成感を得られる、モーグルや
フィギュアのような競技もあるのだ。

だからこそ
選手たちの肉体だけでなく
そんな崇高な魂の躍動にも
見ていて心を打たれる。


f0250403_1974766.jpg

           (可愛いパッケージ、JR名古屋高島屋内の「キャトルセゾンにて購入)




やっぱりスポーツっていいな♪





でも寝坊はダメだよね。
[PR]
by marucox0326 | 2014-02-12 20:01 | 話の小部屋 | Comments(4)

テレビにくぎ付け♪

中国茶のお土産をいただいた。

f0250403_1873651.jpg


福岡から大学時代の友人が遊びにきてくれて、
彼女にいただいた『鈴懸』さんのお菓子と一緒にティーブレイク。

そしてTVにかじりつく。

f0250403_184466.jpg


もちろん見るのは、ソチオリンピック。

メジャーでない競技や、日本がメダル候補になっていない競技も
こんな機会にじっくり見ないなんてもったいない!とばかり、時間の許す限り見る。

スノボやスキーも色々なスタイルがあり面白いが、
冬季五輪は採点競技が多くて、???な判定で、
フラストレーションがたまる。

選手は審判や運や
時には観客も味方につけて
戦わなければならない。



LIVEで見ることができたのは
以下の競技。

中でも興奮したのは、
「女子アイスホッケー」
1-0でスウェーデンに負けた試合だ。
でもまだ終わったわけじゃない。。
2戦目の今夜はロシア戦。
強敵だが、頑張って!

「フィギュアスケート団体戦」
ロシア勢凄かったけど
まあリンクの感触や雰囲気を
確認できたことを収穫に、仕切り直しだね。
おそらくほとんどの日本人が観戦する競技だと思うので
個人戦に向けて新たな気持ちで、頑張っていただきたい。

「スピードスケート500メートル男子」
う~ん、
勝負にいって負けたんだよね。
スポーツは基本、勝ってなんぼだと
私は思っているので、
マスコミの妙な感動ストーリーを流すのは
なんだかな~と思ったりするのだけれど・・・・。
でも、どうか胸を張って帰ってきていただきたい。

そして今日の
「女子カーリング」
初戦の韓国に敗れたのは痛いけど、
まだ始まったばかり。
試合自体が面白いので、見られる限り見たい競技。


ということで、

応援しましょ。


f0250403_187798.jpg

[PR]
by marucox0326 | 2014-02-11 19:22 | 日々の出来事 | Comments(2)

どしゃ降りはお手の物

自慢できることではさらさらないが。

夫婦揃って楽しいお出かけの日には
必ずと言っていいほど、天気は崩れる。

その日に限ってまさにピンポイントで
雨を降らせる能力を持っている
我々アラカン夫婦。

そして帰宅後にはすっかり快晴
なんてことも、少なくない。

よほど日頃の行いが悪いのだろう。

もはやあきらめの境地である。

それにしても
たまに、ずっとつつがなくお天気に恵まれた旅から帰ったりすると
逆に不吉な予兆を感じてしまうのだから、どうしたものか。

おそらく
正確に統計を取れば、晴れている割合の方がきっと多いのだ。
私の感覚の中で、大事な日は雨だったという記憶ばかりが鮮明なために
出かけると必ず雨・・・・そう思い込んでいる、ふしがある。

とまあ私なりに分析をしては、いる。

f0250403_184799.jpg


だが
思いもよらないことにこれがまた
長男にもその気があるらしく(その気というのも変だが)
彼も結構な雨男らしい。

聞くところによると、このヒトもまた相当にふられているようなのだ。
無論、雨以外は知るところではないが。

しかも我々とはスケールが違う。

以前、出張で九州に行った際
金曜日に仕事を終えたあと戻らずに、
次の日の土曜日から、屋久島に遊びに行く心づもりが、
春先だというのに、突如の大型台風接近で断念したことも。

なんと『嵐を呼ぶ男』でもあったのかと
当時は、冷やかしたものだが
本人は直前のキャンセルに痛い思いもしたようだ。

f0250403_1816439.jpg


そして一昨日の大雪である。

関東地方の交通麻痺は
言わずもがなの混乱状態。

その日
彼は、出張で出かけたサンフランシスコからの帰国日だった。

飛行機は成田空港に降りられず
新千歳空港に到着したものの、
その日は空港内で夜を明かし
やっと羽田に向け飛び立ったのが
昨日の三時ごろだったろうか。

『29時間の旅だったよ』

このメールをしおに、無事帰路についたようだが。

さぞや心身ともに疲れたろうと思いきや
実はその後、飲み会に出かけたらしい。
それがもともとの予定だったとはいえ
私ならそんな元気はない。

この程度のこと、
若い身には大した疲労も呵責も与えず
ちょっとした珍事でしかないのだろう。

ついに雨男から雪男にまで上り詰めたか
と心の奥でつぶやきつつ

認めるのも悔しいが
老いたるわが身に照らして

実はちょっぴり羨ましい。
[PR]
by marucox0326 | 2014-02-10 18:57 | 日々の出来事 | Comments(0)

高級ショコラが我を呼ぶ♪

またも
喧騒の渦の中・・・・
あの
一極集中に押し寄せる・・・・
例のイベントが目前に迫り来たョ。

老いも若きも・・・・
つまりは
いとけなき幼稚園児から
日頃はカロリー計算にやっきな
おなごどもに至るまで
嬉し楽しオイシーとばかり
チョコレート売り場と言う戦場に赴く。

バレンタインDAYの愛のギフト。
ち・よ・こ・れ・い・と。
「パアに勝った!」なんて
階段登ってる場合じゃない。

2月14日までは
おしゃれな催事名で打って出る
デパートの大事な目玉商戦の時期でもある。

もちろんワタクシも
喜んで踊らされている次第、ハイ。

f0250403_13382959.jpg


↑はこういう催事の際にのみ
名古屋のデパートで買える
イタリアのチョコレートメーカー
「BABI」のウエハース。
いろんなフレーバーのクリームが挟まれている。

f0250403_1464935.jpg


チョコはこちら。

あれ?左のはさかさまに写ってる。
お疲れね、わたし(汗)

実は右にある小さな箱は
アンケートに答えて無料でゲットしたもの。
(JR高島屋のカード所有者のみ)
ミシェル・ブランのチョコが2個。
箱も可愛いい♪

f0250403_1339435.jpg


あ~あ、一個つまんだりするから・・・・
こっちも上の箱がさかさまやし。

水色のはベルギーのドゥバイヨル。

f0250403_13393616.jpg


チョコレートに目がないわけでも
告白したい相手がいるわけでも
どーしても義理果たさなきゃいけない連中が
いるわけでもないのだが。

地方に住んでいると、この時ぞとばかり手に入れたくなるような
普段はお目にかかれない高級ブランドが買えるのだ。
だから混雑を承知で、毎年やっぱり足が向く。
この心情を嗤わば笑えといった開き直りで。

家族や恋人に買われる方達も、むろん沢山おいでのことだろう。

でも、ワタクシ、この時期になると
年々自分のために、気付けば
高いけどおいしいチョコを探している。

眼を血走らせて・・・・。

[PR]
by marucox0326 | 2014-02-02 14:58 | おいしいもの | Comments(8)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧