<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

よいお年を。

2013年もいよいよ押し迫り、
今年もあと4日となった。

今日
家じゅうの窓を拭き、カーテンを洗濯し
掃除片付け、年賀状を仕上げ
大車輪の活躍を見せたワタクシ。

本年最後の記事をばと
パソコンに向かったものの
話題もなければ、お写真もない。

考える気力も・・・・・・・・・・・ない。

もうどこをどうほじくっても
何もでてこない。



2月に始めたブログ。
なんだかんだいいながら
初めてのお正月に突入しようとしている。

はて来年はどんな展開となるのやら。



では皆さま、よいお年を。


f0250403_23265335.jpg

[PR]
by marucox0326 | 2013-12-27 23:55 | ごあいさつ | Comments(8)

氷上の熱き舞い。

泣けた・・・・・。
涙が後から後から頬を伝った。

そのパーフォーマンスに酔いしれ
静かな感動に震えながら
最後までミスなく終えることを切に祈っていた。

全日本フィギュア、鈴木明子選手のフリープログラムである。

スポーツ観戦は好きだが、以前は個人競技で
熱を入れて観戦するほどのものはなかった。

それでもテニスやゴルフの大きな大会や
有名選手が出場するような話題のカードは
熱狂して観戦することはある。
しかし、フィギュアスケートとかシンクロナイズドスイミングとか
芸術性も問われる採点競技となると、どうもよくわからなくて・・・・・。

だが、このフィギュアスケートというスポーツ。
トリノオリンピック以来、採点方法を知るにつれ(詳しくはないのだが)
なんて競技スポーツとして奥深いのだろうと興味を持ち、
ドキドキしながら、テレビやネットで観るようになった。

しかもなにせ、日本はトップクラスの選手ばかりだ。
強いということは、良くも悪くも盛り上がり、ファンを増やし
今や採点を巡るあらゆるメディア、ネットでの論議は
かまびすしいというか、なんというか・・・・。



みなさん、凄い・・・・。
私ごとき素人、そーいうのは
あまり見ない方がいいかも
喉が乾いてくる・・・・・。

だからちょっと珈琲ブレイク?!
f0250403_23485038.jpg


かねがねスポーツは勉強と同じだと思っている。

なぜなら努力すればするほど
必ず点数や記録となって現れ
決して裏切らない。
そして試合や、試験という本番に、
いかにピークを合わせられるかということが
一番重要だということにおいても。


長い競技生活は線と点の連なりだ。

練習という長い線・・・・・。
それは地道なトレーニングの繰り返し。
面白くもない基礎的な練習や
怠ると怪我につながる、ストレッチなどの体の管理。
また食べたくなくても食べなくてはいけない
食事の管理もまたトレーニングのひとつだ。

その延長線上に試合という点がある。

そういった見えない努力というものを
試合しか見ていない我々は知らない。

150パーセントの準備をした選手だけが
100パーセントに近い結果を出せるのだ。

語るねェ・・・・喉も乾くヮそりゃ。

今度は小さいけどパンケーキ?
うん「北欧展」にね、行ったんだけど。
食器がね、イッタラで出てきたヮ♡
f0250403_2158293.jpg


私は単なる一ファンだが、ご多分にもれずというか
特に高橋大輔選手と鈴木明子選手がごひいきだ。

観客をひきつけてやまない
彼らのパフォーマンス、魂を揺さぶられる。


どうかソチでも十二分に持てる力を発揮されるよう心から願っている。


ガンバレ!!
[PR]
by marucox0326 | 2013-12-27 00:22 | 話の小部屋 | Comments(2)

あの日のクリスマス

4年前の12月24日。

ツレアイが、出張についてくるかと声をかけてくれ、、
私もたまたま予定が空いていたので
じゃあとばかり、東京に出かけたあの日。

クリスマスイブだということに
気付いたのは、当日行く朝だった。

季節のイベントごとに限らず、大事な予定であっても
しっかり覚えていたはずなのに、
直前にすっかり頭から飛んでいるということが
年齢とともに、悲しいくらい増えてくる。

たとえば
昨日は覚えていたはずの歯医者の予約を
当日のその時間に、買い物に出かけた先で
思い出してあっちゃーってこととか・・・・・・・。

f0250403_15481932.jpg


イブだから、
浅草に泊まってはいけないということはなかろう。

が、イブなのに、宿泊先の
「浅草セントラルホテル」のロビーでは
若い女性客、しかもお一人様にも遭遇した。

こうでなきゃ・・・・。
イイ時代になったものだとほくそ笑む。

f0250403_15484277.jpg

浅草界隈、仲見世商店街も羽子板市が賑わいを見せ、
年末の買い物客でごった返していた。

f0250403_154961.jpg

合羽橋珈琲さん。

f0250403_15492984.jpg

目的は谷根千(谷中~根津~千駄ヶ谷)散歩。

このころは地井武夫さんもご健在だった。

「ちいさんぽ」懐かしい。

f0250403_1549532.jpg

谷中ぎんざの「夕焼けだんだん」

残念ながら、あかね色の空を眺めるには
少し時間が早かった。

f0250403_1550183.jpg


お写真が見つからないのだが
上野公園の伊豆栄 梅川亭で鰻を食べて
芸大の前も通りながらの、谷根千散歩
かなりの距離を歩いた。

f0250403_16192451.jpg


都会の中の下町歩きにはぴったりの
ポカポカ陽気だったのを覚えている。

f0250403_15503713.jpg

そして夜は
六本木ヒルズのイルミネーション。

f0250403_15505963.jpg


確か、最終の新幹線で帰った。



関西方面には親の介護でよくいくものの
東の方へは、ここのところさっぱり足が向かないでいる。

生まれ故郷である大阪のど真ん中で育った私にとって、
そこは大都会とは云え、温かく迎え入れてくれるほっとする場所。
一方、魔都東京はいつまでも手の届かないあこがれの想い人のような存在。

頑張れよと、痛いくらい肩をたたかれて
でもスパイシーな元気をもらって帰れるそんな街。


今度はいつ行けるだろうか。
[PR]
by marucox0326 | 2013-12-22 17:06 | ひとりごと | Comments(4)

和食礼賛♪

どちらかといえば和食好き。

どちらも最近の「ごちそうさん」。
はい、ご相伴に預かりました。^^

まずはコレ。
もしかしたら、もーすぐ食べられなくなるかもしれないと思うと。
ああ後何回、お目にかかれるのかしらと思うと。

鼻に抜けるこの香ばしい匂い、
やっぱりうなぎはかば焼きが一番♪

なんとこの肝吸い、肝が3っつも入っていた♪
f0250403_18523794.jpg

近大マグロの研究、養殖に成功し商品化に至るまで
10年を要したということだけれど、そのおかげで
あの高級なトロが比較的お手ごろになり、
いまや東京や大阪では直営店までできるほどに。

おいしいものは後世に残していきたいもの。

だから、シラスウナギの養殖の研究もきっと必ずや!と願うばかり。


こちらは見ての通り。
f0250403_18491611.jpg

説明要らずのラインナップ。

生のお魚が苦手と言うむきもあろうかと思うが
苦手じゃなくてほんとにヨカッタ。
とっても新鮮で美味しゅうございましたヮ~♡


言い忘れたが・・・・・・。



本来、白いご飯とおいしいぬか漬けがあれば
満足なワタクシである。イヤほんまやし!!
[PR]
by marucox0326 | 2013-12-21 18:48 | おいしいもの | Comments(4)

衝撃のカミングアウト♪

阪急梅田百貨店9Fのクリスマスツリー。

モコモコと湧きでた入道雲みたい・・・・。
キラキラと輝いて眩しいくらい。

最近、こういうクリスタルなツリーをよく見かける。

氷のイメージだから、
清らかで透き通っていて
大人のクリスマスって感じ。

さらに天井部分にあるミラーボールが回って・・・・ん?ここはナイトクラブ?
てな雰囲気だけど、聖なる歌声がバッグに流れているせいか
誰も、チークダンスなんぞ踊ってはいない。
誠に遺憾である。ってなんでやねん!

大阪人、ウケ狙いの輩ばかりではないのだよ。
だから一人くらいは、なんて期待しちゃいけない。
ケンミンショーの見過ぎですことよ。
f0250403_16434835.jpg

しかも、ミラーボールが回っているのではない。
どうも下からの照明でそれに似た効果を演出しているだけ。
どちらかと言えば、雪が降っているイメージだよね、きっと。

スミマセヌ、ミラーボールだなんて。
ウケ狙いはワタクシの方でした。


ミラーボールは回っています。
私の確認不足でした。
斜線部分をすでに読まれた方
申しわけありません。

f0250403_16452665.jpg

こちらはその側面の壁に映し出されているシルエット。

時刻を表す数字だけでなく、この周囲の影絵自体も動いている。
馬車が右から左へ移動し、上部の歯車のようなものは回り
人や木立の絵も現れたりして・・・・・とってもロマンチック。


ところで

実は・・・・・お気づきだろうか?
ここのところのお写真、すべてスマートフォンで撮影したもの。

実は・・・・・・ワタクシの愛機(昔のLUMIXだが)へそ曲げている。
電気屋さんにもまだ行けてない。

だが実は・・・・・お写真そのもののレベルは
はっきり言って一緒や~~ん!         



この事実、悲しむべきか、喜ぶべきか。
[PR]
by marucox0326 | 2013-12-19 17:52 | 日々の出来事 | Comments(2)

コゴエルツブヤキ・・・・・。

わたしは~泣いています~
ベッ~ドのう~えで♪      byりりい

そーなのよ、寒くて寝らんないのよ~

これで年越したらどんだけ~
寒くなるかと思ったら・・・・・・・・・・・

私は文字を大にして言いたい。


凍らせる気か!~~
f0250403_22434410.jpg

雪国の方々、取り乱して申し訳ない。
平にお許しを。

サンタさん、寒い中
今年もご苦労様です。

でもでもでも寒いの超苦手なアラカン1名。
寝る際は靴下にレッグウォーマー、湯たんぽがかかせない。

かつては電気毛布なんぞも使っていた。
でもあれは喉が渇くし、いまいち温度調節がむずかしい。

お風呂は大好きなのだが、

半身浴で冷え性も治る・・・・この言葉に何度も試みるも
ワタクシには苦行でしかなく、夏でも汗をかくどころか、風邪を引くのが関の山。
真夏でも40度以上のお湯に、しっかり漬かるのが私には合っていることが判明。
冬場はガンガン炊いて、浴室は湯気でもうもう、でもこれが至福の時。

ほんでもってお風呂から出たら
即ベッドへ直行!これがぐっすり眠れる最善策。

わかっちゃいるけど・・・・・・・・。
中々すぐにはねえ~

冷えた体でもぐりこむベッドは
やっぱり、寝られへんのよなかなか・・・・。


わたしは~泣いています~
ベッ~ドのな~かで♪      by悲しきアラカン


f0250403_22444062.jpg

[PR]
by marucox0326 | 2013-12-17 16:30 | ひとりごと | Comments(6)

名古屋地区初お目見え♪

あのドイツクリスマスマーケットが
東京、大阪に続き、ついに名古屋栄でも
今年から開催されることになった。

いやあ寒かった・・・・。
f0250403_2122747.jpg

大阪のを見ているので、
あの巨大なキラキラ電飾のツリーに
比べるとちょっと残念な感じ・・・・・。

全体的に小規模な感じは否めない。

ブログ仲間のkash
さんの記事はこんなにステキ


でもツリーの下では、寒空の下
サンタさんとの撮影会に並ぶ、
親子連れの列が。

ゲートも小さくて中に入ると
身の丈ほどのこんなクリスマスツリー。
f0250403_21175326.png


クリスマスソングが流れ
ヒュッテというより屋台と言った感の
小屋が並び、販売している食べ物は・・・・・・。

グリューワインやビール、ソーセージ、
プレッツエル(ここまではドイツもの)
ビーフシチューや牛串みたいなのや
シュニッツエルという薄いカツレツ。
ミネストローネ等のスウプ。

どれもイベント価格で
調子に乗るとお財布が
ヤバいことになるので、要注意。
f0250403_21182030.png

私達はポテトとソーセージ、塩味の効いたプレッツエル。
グリューワインとホットオレンジを購入。

900円のブーツ型カップは買わなかったので
紙コップでいただいたのだが
ほとんどのお客さんがそうだった。

さすが堅実な名古屋人。

ちなみに以前、大阪での開催時に購入たのがコレ。
f0250403_22155598.jpg

今回の方がデザインは可愛かった。


メリーゴーラウンドもあった。
でも寒いし、乗っているお客さんはなし。

一応撮ったお写真も、凍傷にかかったように
ブレブレ・・・・いつも以上にお目汚しなので
ゴメンナサイ。

クリスマス雑貨を売るヒュッテも2件出店。
ちょっと物足りない感じ・・・・。

f0250403_21243268.jpg

こちらはその後に行った、松坂屋デパート地下の
ドンクで購入のパネトーネ。


実は
これが一番美味しかったかも
[PR]
by marucox0326 | 2013-12-15 21:25 | お出かけ | Comments(4)

聖なる夜にお願いRisten♪

もうすっかり街はクリスマス一色
年々豪華になるツリーやイルミネーション。
あの「ドイツクリスマスマーケット」も
今年は名古屋栄に初お目見えだそうだ。
f0250403_19421597.jpg

お気に入りのクリスマスソングを
お持ちの方は多いと思うのだが。

マイフェイバリットを
おしつけがましくもご紹介しよう。

沢山あって迷うのだが・・・・。

わたしにとっての定番中の定番
「The Christmas song」は昔から大好き。
あらゆるシンガーがカバーしているけれど、
小気味良いジャスティン・ビーバーのナンバーもなかなかだ。

次に
両方ともよく巷に流れている、おなじみのテッパン2曲。
ジョン・レノンの「Happy Christmas」と
ポール・マッカートニーの「Wonderful Christmas」
私は後者の方がメロディアスだし、メッセージ性が強くなくて好き。

f0250403_1995480.png


スタンダードなところでは
「I’ll be Home for Christmas」や
「A Holly Night」は外せない。

クリスティーナ・アギレラが女性ヴォーカリストでは
ダントツに好きなアラカンの私、彼女のカバーで聞くとしびれるのが
「Have yourself a merry little Christmas」
彼女「バーレスク」のころまでは、歌がうまくて美人でスタイルも良くて
意外にシャイで可愛かったのに・・・・・・・ん~どーなっちゃたんでしょ。

そして「White Christmas」か「Blue Christmas」
どちらか選ぶとしたら後者。
プレスリーファンじゃないけど
この時の彼の歌い方はステキ。

彼女がいないクリスマスなんて・・・・と歌う
せつない恨み節の方が、昔から心にぐっとくる。
 
f0250403_1983043.jpg



あれ?





邦楽がないって?






アラカンながら実はいまは
これが刺さってマス、ハートに♪



[PR]
by marucox0326 | 2013-12-09 20:51 | sing!sing!sing! | Comments(8)

心浮き立つこの季節②♪

恥ずかしながら・・・・。

むか~しむかしそのむかし、
かれこれ30年も前だろうか。
パッチワークをやっていて
いくつかの作品を仕上げたうちの一つ。

f0250403_17195145.jpg


他にもクリスマス物沢山作ったのだが
色褪せたり、どっかに行方不明で(汗)


f0250403_17203594.jpg

↑お玄関、靴箱の上。
モミの葉っぱは造花だがまじかに見ても結構わからない。

↓お玄関、正面の棚
白いツリー型は通年飾っているのだが、
ゴールドの実を巻きつけたやはりゴールドのワイヤーを
ふわりとかぶせ、リンゴの実をつるしてみた。

f0250403_17214273.jpg


オーナメントは、海外土産も含め沢山持っているのだが、
(昔はツリーを飾るためにせっせと集めたのだ)
オレンジを輪切りにしたお気に入りが見つからず
こちら↓の飾りは、ガラスのエンジェルと松ぼっくりとリンゴだけ。

f0250403_1722211.jpg


サンタさん、そこに座られるとね~
靴箱開けられないのよ~。
[PR]
by marucox0326 | 2013-12-08 17:14 | 日々の出来事 | Comments(4)

心浮き立つこの季節①♪

わが家も少しだけ
クリスマスモードへ♪
(今回は外回り編)
f0250403_15323836.jpg

かつてはの生花のりースを掛けていた。
丸いのばかりでなく縦型も自分で作って
ドアに掛けたりもした。

子供の小さいころは、ツリーも飾った。

イルミネーションでお庭の木を
きらめかせたりもした。

プレゼントを用意し、ケーキやオードブルを作って
子供たちの喜ぶ顔見たさに頑張っってたよなあ~。
f0250403_1530143.jpg

数年前はこの時期、ゴスペルのライブに参加する機会が
毎年のようにあって、個人的にはワクワクのクリスマスだった。

f0250403_15304098.jpg

いま、そちらの方は休止状態。

さすればと

お家の設え、少しだけ頑張ってみた。

f0250403_1531793.jpg


残念ながら、お出かけの予定は特にない。

この時期、混雑承知で人ごみに身を投じるのは、おっくうだが
ボーナス商戦に便乗したイベントも、なんやかんやとありそうだ。

こたつで一緒に丸くなってくれるにゃん子がいるわけでなし、
ここはひとつ繁華街にも出かけて、1年に1度のから騒ぎに踊らされてやるか。







あくまで素直じゃないmarucoxである。
f0250403_15314023.jpg

[PR]
by marucox0326 | 2013-12-07 17:09 | 日々の出来事 | Comments(2)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧