「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

イギリス映画あれこれ②

足元から冷え冷えとする朝。
こういう時にベッドから起きだすのは
相当辛い。泣きたくなるくらい。

今年の寒さはいったいどれほどまで?
考えるだけで憂鬱だ。

来るなよ~冬将軍
英語で言うと General Winter(まんまやん!)
この言葉、誰が言い出したのかと思いきや
1812年、ナポレオンがロシアに侵攻した際、
あまりの寒さに撤退したことから、厳しい寒さを
将軍になぞらえたという謂れがあるとか。

来るならせめて
「冬少佐」か「冬大尉」くらいにしてって
ゴロ悪いやんっ!

アラカンの一人突っ込み
毎度お見苦しいところ
おつきあい、ありがとさん。




やっと本題である。
しかも本編と全く関係ないマエフリからの・・・・。



「いとしのエブリデイ」 2012年イギリス映画 
              監督 マイケル・ウィンターボトム
f0250403_1549876.png

この映画
大きな事件は起こらない。

でも夫が不在の、子だくさんの家族が体験する
よくあるようなことを、映画は淡々と描いていく。
それはどこにでもある家族の風景。
唯一つ、ダークな要素である
「不在な父は犯罪者である」ということを除いては。

狩りに出かけたまま中々帰って来なかったり、
外出許可の出た父親に家族で会いに行った先で
どこかへいってしまい、親を心配させる長男。

長らくの夫のムショ暮らし、ついつい男になびいてしまう母親。

収監中でありながら、麻薬を刑務所内に持ち込み
刑務所移送の憂き目にあう父親。

それぞれにちょっぴり弱くて、複雑な内面を抱えつつ・・・・。

父不在の家で、子供たちは
毎朝シリアルを食べ、学校に行き、

日々は過ぎていく。

f0250403_15481379.jpg


収監中の夫に代わって昼夜働き
4人の子供を育てる母親を演じた
シャーリー・ヘンダーソンは、現在なんと48歳。

生活の辛さにヒステリックになったり、
にじみ出る疲れた表情が、童顔の彼女を
しばしば年齢相応に見せる瞬間がある。

それも監督の狙いだったのかと思ったりするが
実は彼女、ウィンターボトム監督作品の常連だ。

最近ではハリポタ(私は見ていない)にも出ているらしい。



そして、この映画にはドキュメンタリーな味わいも・・・・。

実際の刑務所で撮影されただけあって
刑務所内のシーンは臨場感がある。

その中での子供たちの様子もまた
単に可愛いというより、所在なくどこか戸惑っているよう。
周囲を気にしながら、それでも一生懸命に自分のことを
父親に話す様子が妙にリアルだし、
刑務所の場面での父親役のジョン・シムは
あまりに溶け込んでいて
実際に囚人なのかと錯覚してしまうほどだ。



そして夫は出所する。



出所した日の晩のベッドで、妻は夫に不在中の不倫を告白し
夫は子供たちにも聞こえるような罵声を彼女に浴びせたのだが・・・・。

その翌日の子供たちの合唱会。

歌う子供たちを笑顔で見守る二人の表情は
ごく普通の温かな親の顔でしかない。

f0250403_15472270.jpg

監督もお気に入りだというラストシーン。

家族は海に出かけ、
カメラは俯瞰しておわる。

なにごともなかったかのように。
ずうっと仲のいい家族であったかのように。

でも実際はそんなものだ。
彼らはこれからもちょっとしたもめごとを
起こしながらもこうして寄り添って離れずにいる気がする。
f0250403_17584821.jpg

お写真はパンフレットから
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-29 18:06 | スクリーンの向こうに | Comments(0)

イギリス映画あれこれ①

「ひかりのまち」(1999年製作・マイケル・ウィンターボトム監督)
という大好きなイギリス映画がある。

あの「ノッティングヒルの恋人」(これも実は結構好き)で
車いすに乗った若妻を演じたジーナ・マッキーが主演し、
ちょっと問題アリの愛すべき人達を描いた、私にとっては
心をギュッと掴まれた忘れられない作品のひとつ。

素晴らしい音楽(ピアノ・レッスンのマイケル・ナイマン)
荒いカメラワークで捉えたロンドンの夜景も印象的だった。

マイケル・ウィンターボトムは
ケン・ローチとともに、好きな監督である。
作品は他に
「GO NOW」(95年製作)
「日陰のふたり」(96年製作)を観ている。
前者は難病ものだが、そんなことより
ロバート・カーライルがとってもいい。
TV用ドラマとして作られたのが評判を呼んで
映画になった作品だけあって、これまた心に残る作品だった。
f0250403_174026100.png

このころの彼は大好きで、
「トレイン・スポッティング」
「フル・モンティ」などほとんど見ているかも。



後者は原作がトマス・ハーディの「日陰者・ジュード」

暗く、とことん救いようのないお話で、
映画前半、豚を賭殺する場面に度肝を抜かれ
ケイト・ウインスレットの体当たり演技が衝撃的だった。
彼女、これ以降は結構脱ぐ女優さんのイメージが定着したように思う。


原作では最後に主人公ジュードは死んでしまうのだが
映画のラストでは去っていく恋人に、悪態をついて終わる。

まだ少し希望が見えるエンディングだったかもしれない。


そして久しぶりにメガフォンを取った
マイケル・ウィンターボトム監督の新作は
ある家族の物語。
f0250403_17132084.jpg


劇場に足を運んで観てきたが、

な~んか前振り長くて、
取りあえずのアップでゴメンナサイ。




ご興味のある方はまた覗いてネ~

続く・・・・・・。
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-26 18:26 | スクリーンの向こうに | Comments(2)

燃ゆる秋をたずねて


ちょっくら行ってみるか~なんて。

お昼を食べてから
思い立って出かけた。

f0250403_16523263.jpg

この時期、お出かけと言えば
やっぱ「紅葉狩り」っしょとばかり。

f0250403_174427.jpg

ライトアップ目当てに出かけたのは
愛知県瀬戸市にある紅葉の名所「岩屋堂公園」


ああしかし
やっぱりというか
わかっていたことながら
それは目的地手前1・5キロほどの1本道から始まった。

もちろん渋滞の覚悟はしていたけれど、
あまりにもここまでスイスイ来ちゃったせいで
楽勝かと思いきや、数珠繋がりの車は列をなし
のろのろと進んだり、止まったりの
果てしなく遠い1・5キロ。

もちろん歩いた方が早い。
        
だが
この運転手、いやツレアイだが
当然、「先に行って五平餅でも食べて待ってていいよ」
などと言うわけもなく、おとなしく同乗すること1時間強。

f0250403_1737685.jpg

たぶん地元の人と思われる
おじいちゃんおばあちゃんが
車を誘導している。
我々も指示に従い車を止め、500円払って
駐車場を出て歩いて行くと、川があり橋がかかり
中々いいところ。

すれ違ったカップルの
「きてよかったね~ええ感じや~ん」
と言う声が聞こえてきた。

大いに同感。

それにしても彼らって
近頃増えてる、関西弁好き愛知県民?
それとも・・・・・。

f0250403_1653280.jpg

巨大な石の下にお社が・・・・。
そそくさとお参り。
f0250403_1653516.jpg

その先には滝もあり
f0250403_16544967.jpg

4時を過ぎるとあたりは徐々に
グレイがかって。

冬の空はかけあしで暮れていく。

f0250403_16561078.jpg

灯りがともされると
幽玄の世界へ。

f0250403_1657821.jpg

地元の高校生たちの作品。
竹をくりぬいて灯篭に仕立てている。

f0250403_16574988.jpg

川に写りこんだ
紅葉の妖しい美しさ。

f0250403_16581456.jpg

4枚目の滝もこんな風にライトアップされて
昼間とは違う独特の表情を見せる。

いや~不気味にしか撮れてないヨっ(悲)

f0250403_17442685.jpg


トン汁とか五平餅(こちらに来てからの好物)
おでんやみたらし、色々食べ物も満喫。


とだけ・・・・ああ~いっつもお写真撮り忘れるっ
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-25 18:16 | お出かけ | Comments(4)

Fun Buddies

前回「或るカフェで・・・」の記事は加筆、編集しました。

60近くにもなって
「ボーカルを習っているの」というと
怪訝な顔をされる。

「歌を習っている」というと、
ママさんコーラスのような形態を想像される。

同じようにポップス、AOR、ジャズ、JPOPから
ロックに至るまで、これが「楽器を習っている」だと
受け取られ方はカッコイイとなる。

「なんでそれをやろうと思ったの」
と聞かれることもある。

何故と問われても
好きだからと答えるしかない。

先日のサックスとパーカッションのクラスとの
合同発表会も、楽しく気持ちよくやらせてもらった。

歌ったのは

「The Rongest Time」 ビリージョエル

4声のコーラスを、ソロに私ともう一人がコーラス参加。



「Carnival」 一時流行ったカーディガンズの曲。

ソロに、私ともう一人がコーラス参加。



「A Whole New World」 言わずと知れたディズニーの「アラジン」から。

デュエットで。
今回ジャスミンのパートをやらせていただきましたワ。



「Cry Me a River」 ジャズのスタンダード

エラ・フィッツジェラルドにアーサー・ハミルトンが
送った曲と言われている。
日本ではあのJUJUもカバー。
ソロで歌わせていただいた。




発表の場があるというのはモチベーションに繋がるし、
緊張するけどありがたいことだと思っている。


やっぱり生徒さんは若い子が多いけど
皆、愉快な仲間たちだ。











f0250403_18553192.png

[PR]
by marucox0326 | 2013-11-22 18:55 | 日々の出来事 | Comments(12)

或るカフェで・・・・。

ズラリと並んでいるのは、パイレックスとファイヤーキング。
ちょっと垂涎モノ。
f0250403_15265357.jpg

カフェの片隅に一人。
名古屋に買い物に来たついでに
お一人様ティータイム。

f0250403_15293497.jpg

ホントはこの店の近くの
紅茶専門店で濃い~のを
飲みたかったんだけれど。

若いころから珈琲も紅茶もストレートで
がぶがぶ飲んでいたせいか、
紅茶の薄いのは、はなはだ許せない。

いやどんなに、出がらしか!と叫びたくなる
ようなシロモノを飲まされても、大人しくお金は払ってますけどネ。

可愛らしいティーコーゼ。
チェック柄っていくつになっても
ちょっと胸キュン♡

くし形にカットされたレモンも、
好みの量の果汁のみを、
滴らせることができるから
本来こちらが正解かも。
輪切りだと、皮等の渋みが出てしまうもの。

なんだか、うんちくともいえない
どーでもいいことで、紙面を割いてしまった・・・・・・・。

f0250403_17173059.jpg


以下のエピソードは加筆しました。

その日もある場所で一人、お茶を飲みながら
私は古い雑誌をめくっていた。
時折、鋭く手をたたくパンパンと言う音がする。

読んでいた雑誌から顔をあげ、音がするほうを見やると
すぐ先のテーブルにカップルが座っていた。

彼女は沢山話したいことがあったのだろう。
めまぐるしく動く表情と、せわしく身振りを加えて
彼に何事かを訴えている。
喧嘩しているわけではなさそうだが、
時には机も叩いて、話に夢中である。

女の子は好きな人と二人きりだと
周囲が見えなくなるのは誰しもだが。

それ以上に
彼と彼女の間にだけ存在している
音のない世界は
よりいっそう周囲を隔てて
二人だけの空間をつくりあげているかのようだ。

彼らの会話の手段である
手の動きが時折、自分自身の手をたたくことがある。
彼女は感情が豊かなのか、頻繁に叩くので、その都度
ピシッ、パシっと言う音が耳に飛び込んでくる。

彼氏は音がするたびに、自分達に注がれるお客さんの
視線が気になるのだろう。
どうしようという顔つきで、シーっと口に手を当てたり
するのだが、彼女のおしゃべりはやまない。

再び、私は雑誌に目を落とした。
がやがやという喧騒の中に響く
その音に慣れたころ。

ついに彼女がたたいた机に置かれていたカップがガチャン。
結構な音だったので、一斉に視線が彼らに注がれた。

バツが悪そうに表情を曇らせた
彼の両手が、彼女の雄弁に語るその手を強く握り
彼女のおしゃべりは止んだ。

しばらくして
彼らは連れだって席を立ち、
仲良く笑顔を交わしながら
会計を済ませ、店を出ていった。

二人の睦まじいその様子にほうっと安堵のため息をついて
私は、面白くもない記事ばかりのその雑誌を閉じ
冷めた珈琲をすすった。


f0250403_17333598.jpg

[PR]
by marucox0326 | 2013-11-20 17:49 | 日々の出来事 | Comments(6)

帰ってきたはいいけれど。

f0250403_1815322.jpg


実りの秋のおすそ分け
一杯いただいた。

他には
f0250403_1843867.jpg


こんなおせんべいや

f0250403_1852679.jpg


こちらはオリーブの塩漬け。
自家製らしいのだけど、
日本でこんなに立派な実が、採れるなんてびっくり。
実はコレ、我々アラカン夫婦の大好物。
ワインのお供にピッタシ!
以前ディーン&デルーガのものを買い求めた際
あまりに大事にしずぎて、味が?になってしまった
経験があるので、早速に胃袋に納めた^^

美味しいものはとっとと食べるに限る。
f0250403_18144073.jpg


スマホも元気に退院・・・・したはいいのだが
f0250403_18153412.jpg

まあ多少のデータの損失はしゃあないが。

スケジュールは消えているし
他にも失われた何かがあるはずなのだが
それを思い出せないのが、悲しきアラカンのメモリー機能。
使っているうちにアレっないやんってことになるのを待つしかない。

そして
新たにインストールし直さなければならないアプリにも悪戦苦闘。
IDやらパスワード、暗証番号など、パソコンほどちゃんと控えていなくて
ログインできず、何度も繰り返して気付けば夕闇が迫っている。

ふと、何やってんだ私と、振り回される自分に泣きたくなる。
スマホよ、アンタこんなイジワルな奴じゃなかったよね。

それに仕様や表示も前と変わっていて、使いづらいったらありゃしない。
スマホよ、アンタ勝手にスタイル一新なんて、聞いてねー!!

週末、モーニングを食べに入った喫茶店でも
f0250403_18241351.jpg



ずっと格闘していた
あわれなアラカン約1名。




でもね、コンピューターと言うこの文明の利器が
家庭に浸透し始めたころ、特に講習を受けるでもなく
取りあえず我流でいじりながら覚えた。

こうして泣かされながら、かつてワープロも
パソコンもスマートフォンも、なんとか使ってきたんじゃないの!


たかがスマホ、それももともと使っていた愛機ではないか。
そのうち操れるようになるからサ
とみずからをなぐさめて・・・・・・。

うん?
もしかして操られているのは私の方かもって?

f0250403_1925569.jpg



確かに・・・・。
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-18 19:22 | 日々の出来事 | Comments(4)

ロンドン土産に想う。

いつの間にか毛布の恋しい季節。

せっかくの週末も雨。

日本人に一番人気のシーズンは秋だそうだが、
そのすぐ後にやってくるさむ~い冬が超苦手な私は
11月は実は気が重い。

f0250403_1238394.jpg

長男のロンドン土産。
サイズは切手盆程度のちいさなトレイ。

お気遣い、ありがとさん。

出張とはいえ、色々巡ってきたらしく、羨ましくもねたましい。

「アビーロード行った?」と聞く私に
「行かなかったョ。
上司ですげえビートルズファンの人がいてさあ、
もう何回も行って同じ場所で
(たぶん横断歩道であのポーズだねきっと)
写真撮ってくるらしい。
それ、見せられてさあ・・・
何回も行くことなくね?」

彼はJPOPしか聞かない
(今の若い子はほとんどそうだ)

f0250403_1239175.jpg


母はビートルズのLPアルバムをほとんど持っていたというのに。

ポールの死亡説が流れた発端となった「アビーロード」のジャケ写について
彼に話しても盛り上がりそうにないと思い、止めた。
もしかしたら、その上司から詳しく聞いているかもしれないと思いながら・・・。

そのポール・マッカートニーはいま来日中。
私の世代では断然ジョン・レノン派が多いが、
ポール・マッカートニーの作曲のセンスは素晴らしい。
メロディアスで、意外性があって。
「リボルバー」以降の彼らのナンバーが好き。


f0250403_1340615.jpg


先週末、ヤ○ハの合同発表会が終わり
ほっとしているところだが、練習にこきつかったせいか
スマホのスピーカーがこわれ、ただ今入院中。
つられてなんでかパソコンもご機嫌を損ね
ここのところ、電脳生活から遠ざかっていた。

パソコンはワープロ機能さえサクサク動いてくれれば
仕事に支障もきたさず問題はない。
しかし、スマホが代替えの借り物では
設定しなおしのアプリをいれなおすのも面倒で
正直、不便極まりない。



早く元気になって帰ってきておくれ~
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-12 13:52 | 素敵なもの | Comments(10)

夕暮れ時はロクなもんじゃない。

ただ今お気に入りのスマホのCM。


使われている音楽は80年代の音楽シーンで活躍した
男女二人のユニットEurythmicsの「Sweet Dreams」
アニー・レノックスの中性的な容姿と声が印象的だった。

CMではもっと軽い感じに、違うアーティストが歌っている。
人形(マリオネット)が踊るシーンがよくて、とっても好き。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日が短くなった。

f0250403_1626143.jpg

まあね
アラカンともなれば
どんなに嬉しいことや楽しいことがあっても
それはほんの少し、ほろ苦い寂寥の後味がする。

そう、情けないことに
アラカンともなれば
涙腺決壊は予告なく襲ってくる。

幼児の澄んだ目に見詰められただけで。
鼻をくすぐるキンモクセイの香りを吸い込んだだけで。

日が落ちて、夕闇せまる薄暗い帰り道、
小学生の声がどこからか聞こえて、
灯りが漏れた家の中からいい匂いが漂って来ると
インクのしみのように、じわりと広がる湿っぽい感情。




やべえ~・・・・・・。




泣けるのは幸せなことなのだろう、たぶん。

もうすぐプレイボール、
さあ今夜は泣けるかな?
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-03 17:09 | ひとりごと | Comments(6)

ピッチャーという名のいきもの

2:4 楽天対巨人
f0250403_22304978.jpg

ついに連勝記録がストップした。
神の子、マー君。

日本シリーズ第6戦

おとといの試合で、巨人に競り勝ったことで、マー君への
そして楽天日本一をホームで決めるぞ、という期待値が上がって
なんだかこういう結果になりそうな予感はしていた。
f0250403_22311233.jpg

「イヨッシャー」とか
「それはちがうやろ」とか
言いながらの1人観戦。(結構いつも1人なんだけどね)
f0250403_22313280.jpg

マー君は追い込まれた時の(投球もだが)表情が凄い。
決して大きくはない(ゴメンナサイ)目の中にギラつく炎が見えるようだ。

でも、今夜は味方の打線もつながらず・・・。
f0250403_22315056.jpg

実に
投手というのは孤独であり、我欲も必要とされ、冷静さと繊細さを求められる。

「勝利投手」、この誇らしい響きは「敗戦投手」という真逆のレッテルと紙一重だ。
それは時には非情にも、全く持って本人の投球内容が反映されない形で
記録に残ることもある。

そのさだめを負いながら、彼らは打者との勝負にひとりマウンドに立つ。

野手に助けられる時もあるがその逆もあり
思わぬひょうたんから駒の、勝ちを得られることもあるが
責めを一心に浴びる立場に立たされる場面もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「・・・・・・・・・・・考えてみてください。
ほかのどんなスポーツに、自分の成績、自分の記録に
他力本願の要素がはいっている種目がありますか?
(中略)ピッチャーが記録を作るためには、バックの力が不可欠です。
(中略)そもそもピッチャーと言う存在が動き始めなければ
ゲーム自体が始まらない。
そしてピッチャー本人が最高のピッチングをしても、
味方のエラー一つで負けることがある。
ノーヒットに抑えても、1点もやらなくても、
自軍が1点もとらなければ、勝負はつかない。
第一ほかのどんな団体競技で、
勝ち負けに特定の個人の名前をつけるものがありますか?」

                      宮部みゆき著 「パーフェクトブルー」から

f0250403_2232888.jpg

野球ファンとしては少しでも長く、試合が見たいので
いきおいであっさり決められるより
これぞ頂上決戦らしい展開で明日も楽しみである。

ワクワクは続くのだ・・・・・・・。
いざ!ホームで決めようぞ!

頑張れ!
楽天ゴールデンイーグルス!




実は阪神ファンですけどなにか?
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-03 00:35 | ひとりごと | Comments(0)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧