<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

贅沢な悩み

少し前になるが、
コレ、朝日新聞のbパズルである。
今回は夏休み特集号、★2つから5つまで、下段はすべて★5つ。
すべて解答記入済み。
(腕の悪さが幸いして、わざと不鮮明なものを載せています)

応募して正解しても、図書券は10名しかもらえない。
こういった必ず正解のあるもの
しかも単純な推理力で出来るものは、正解者が多い。

日経新聞にも数独の問題は掲載されていて
こちらは、決められた時間内に解くというもの。
ランクがあって大体は最短でやっつけるが、
逆に簡単だと慌ててまちがえる率が高いから
スピードを要する方が苦手だ。
f0250403_113568.jpg

ない脳みそもたまにはこうして攪拌してやらないとネ。
腐ります・・・ってヌカミソだね、まるで。

そして疲れた頭には糖分補給♪
f0250403_11331875.jpg

左から叶匠寿庵の一壺天、鶴屋八幡の羊羹、夜乃梅、そして紫野和久傳の傳スケ飴。
すべていただきもの。よくぞ揃ったこれだけの甘味の大御所たち。
ありがたいことである、ホントに・・・・でもね・・・こういっぺんだとね。
ああ、悲しいかな、アラカン夫婦には危険すぎるラインナップ。
お羊羹は、日持ちするからしばらく開けないでおきましょ。

f0250403_11334666.jpg

可愛く盛って見た^^
f0250403_11342253.jpg

秋に向けて、世の中例のごとくダイエット話が賑わしい。

若いころのように気力がなくて・・・・。
ヘタに頑張っても体壊すし、しわが増える・・・・。
健康であることに感謝して、少々のお腹の脂肪(少々か?)やたるみなんて。

なにせ多いのだ。有名人も身近な人も。
同世代の闘病や、訃報が。

生きてるだけでまるもうけ・・・・・
明石屋さんま氏の言葉がしみじみ含蓄あるものに聞こえる昨今・・・。





でもやっぱりねえ。

ああ悩ましい。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-29 12:38 | おいしいもの | Comments(6)

さよなら 夏の日

虫の声がそろそろ聞こえ始めたざすわねェ。

あの、「なんか恨みでもあんのかー」って
誰彼となく食ってかかりたくなるよな酷暑も去り、
イヤこんな風に思う人は日本で5940人くらいかもしれないが。

何故に中途半端な5940人・・・だってコクシォ(5940)だからっ
なぁんて、あ・また逃げないで~。

いつも下らないことばかり書いてはいるが、
実はちょっとダウンしていた。
アラカンゆえ、時に体が悲鳴を上げる。
情けない。でももう回復したのでご心配なく。

そんでもって食欲回復。
でやめられない止まらないものをご紹介。
f0250403_17593556.jpg

何故か三重県の御在所SAで販売されていたコレ!
と~っても美味しい。
f0250403_180440.jpg

子袋が6つはいって680円。安くはない。
でもおかきも揚げたピーナッツのお味も
普通のとはぜ~んぜん違う。
お値段がお値段ゆえ、やめなきゃ、止まらなきゃ、ではあるが。

涼しくなると現金なもので、ギラギラの太陽や冷たいかき氷が恋しくなる。
それは楽しかった夏の思い出とリンクして、ほんの一瞬胸をキュンとさす。

宵闇が迫るのも早くなり、なんだか物寂しい。
よいやみ~せ~まれ~ば~とフランク永井の「君恋し」
を思い出すアラカンだが、「宵闇」なんちゃらと言えば、近頃はちょっと違うらしい。
ゲーム関係にはとんと暗いので、説明は出来ないが。
f0250403_1802413.jpg

パソコンを打つ手を止めて、窓を見やると
空がところどころ薄桃色に染まっていた。

あかね雲キレイな夕暮れ時だった。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-28 18:54 | おいしいもの | Comments(4)

プレゼント三昧♪

呑み助にはワイン。
ヘタウマながら料理好きにはアンチョビのビン詰。

長男夫婦のイタリアハネムーン土産は、これだけにとどまらず。
f0250403_12553083.jpg

思いがけず、
私達夫婦にはさらにこ~んなにも。
f0250403_12555788.jpg

もちろん、このほかに次男や親せきにもたくさん。

皮製品の本場ならではの柔らかい手触りのバッグ。
沢山内側にポケットが付いているし、使い安く色もとっても好み。
なにより
お土産選びって疲れるし、持って帰るのも大変なのに
一生懸命考えて選んでくれた気持ちが嬉しい。

心のこもったお土産の数々、本当にありがとう♪

夫婦として初めての帰省。
お嫁ちゃま、気疲れも見せず、
明るく楽しくふるまってくれて、
お手伝いもいっぱいしてくれて。

大いに食べて、笑って、おしゃべり、
さらには、私が帽子をお店に忘れるという
オマケまでついた3日間。
なんせ前科にはことかかない。(すぐに戻ったので帽子は無事)
こんなおっちょこちょいのアラカンだけど
パワーも若さもチャージさせてもらった。グフ
f0250403_13275373.png

可愛い団扇のお礼状。
f0250403_12571512.jpg

しばらく、飾っておこう。
f0250403_1257387.jpg

なんか・・・・照れますナ。
こういうのは。




それゆえ今日は、ボケもなく・・・・。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-26 14:08 | 日々の出来事 | Comments(12)

夏バテ知らず、夏痩せ知らず

谷崎潤一郎作「細雪」の中で、
長女鶴子だったか二女幸子だったかが
「花は桜、魚は明石の鯛が一番や。」
と言う場面があったかとうっすら記憶している。

昨今は金目鯛とかのほうが人気があるのかもしれないが
やはり、お刺身、煮漬け、塩焼き、和洋中いかように調理しても
油が乗っているにもかかわらず、あの上品な白身の味わいは
他にはない美味しさ。したがってカロリーも半端ないが、
あえて、暑さを乗り切るべくイタリアンで調理してみた。
f0250403_2123066.jpg

何だか・・・・盛りつけに難ありって感じだが。

夕飯メニューであるからしてそこは寛大に・・・。

鯛は塩コショーして、そのままオリーブオイルで
じっくり焼き、最後に白ワインを振って風味付け。

そして、添えたのはラタトゥイユ。
ピーマン、パプリカ、玉ねぎ、なす、ニンニク、
ズッキーニ、トマト、そしてかぼちゃ入り。

ラタトゥイユは冷たくしても美味しいので、
沢山作って保存し、パスタにしたり、
ワインのおともにしたり、わが家の夏の定番メニュー。

「暑くてお料理したくない症候群」に罹っている
主婦&主夫の皆さま、もう少しの辛抱。

頑張りましょうぞ。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-24 03:02 | おいしいもの | Comments(8)

ジューシーを求めて ②

どうしてもここのフルーツパフェが食べたくて・・・・。

東京・銀座の「千疋屋」さんに立ち寄ったのは
長男の大学入学手続き等で、上京した10年前。

そこで売られていたのは1個10000円のマスクメロン。

メロンといえば静岡産。
しかもこんなお値段の張るものを
簡単に買っちゃえるのはどこぞのお大尽かと
庶民のはしくれの私はいぶかったものだ。

子供のころはマスカットと並び、
入院でもしなければ、食べられないイメージの高級果物。

でも今は栽培地や品種も増えて、
スーパーで手に入るものもみずみずしく
甘さや香りも引けを取らない。
f0250403_12273161.jpg

特にここ、愛知県渥美半島は
温暖な気候を生かして、果物や生花の栽培が盛ん。
この時期になると
東海地方ではさかんにTVでも取り上げられるメロン狩りは
観光の目玉である。
とはいえ、実際は
温室の中で、一個だけ切り取ることができるというシロモノ。

ま・数ある果物狩りの中で、狩るというよりは
「メロンの一本釣り」とでもと言った方が現実味があるような・・・・。

とまれ、挟み片手に獲物を得んと
向かうはアッツ~い温室。

サウナのようなその中で、楽しげにじっくり選んでいた若者たちを尻目に
さっさと「狩り」を終えたアラカン夫婦は早々に温室を退散。

「獲物」はお土産用で、箱に入れてくれる。

お店に戻って、さあ食べ放題。

実は「狩る」ためのビニールハウスと
食べたりお土産を買ったりする店舗とは
車で10分くらいの距離で離れている。

私達は受付を店舗で済ませたら、
「狩る」ための場所が裏にでもあるのかと思いきや
またぞろ車で移動を強いられ、「獲物」を抱えて
(実際はもちろんトランクの中ですがネ)
再び店舗へ車で戻らなければならなかった。

「なんで、畑のそばやないねん。」とハンドルを握りつつ息まくツレアイ。
まあまあまあ、しかも畑ってアナタ・・・・。


ジャーン。
f0250403_12331894.jpg

最初に出てくるのは熟れ熟れの香り高いメロン1/2個。
歓声とともにまずは撮影会。
そして、惜しげもなくスプーンでザックリ!
ジュ~スゥイ~♪
ストローも付いてて至れり尽くせり。
f0250403_12334841.jpg

その後はトレイごとに自由にいくらでも。
1トレイ一個分、残してはいけません。
こちらのお味は最初よりほんの少しグレードダウン・・・かな?
f0250403_12343862.jpg


各人、気合いれて食べ始め、
ツレアイと長男13/8個、つまり一個半以上も。
私も7/8ほとんど1個は頂きましたョ♪

f0250403_12311083.jpg

ぎらつく太陽の下、
灯台まで炎天下の中歩いてほっと一息。

海風が気持ちよかった。

次男との一枚。
心霊写真みたい・・・・。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-23 14:21 | お出かけ | Comments(6)

ジューシーを求めて♪

渥美半島の先端、伊良湖岬。

名も知ら~ぬ、遠きし~まより、
な~がれよ~るやし~のみひとつ・・・。
島崎藤村の詞「やしの実」、ゆかりの地。
誰もが小中学生のころには聞いたことがあるはず。

空と海の青、穏やかな波と砂浜に打ち寄せられた流木。
な~んてのどかな景色。

見知らぬ南国の島に思いを馳せて
この詞を口ずさむ・・・・・。

いや実は
この日はじりじりと照りつける太陽に風もなく
と~ってもじゃないがそんな気分にあらず。
むしろ美空ひばりの「真っ赤な太陽」♪で
やけくそモンキーダンスでも踊っちまいそうな、
灼熱の地であった。(アラカンゆえ、たとえがあくまで昭和)

それでも灯台まで歩いた。よくぶっ倒れなかったもんだ。
f0250403_1020568.jpg

なんでまた暑い中こんなところにって?
それは、ここからほど近いメロン農家さんでメロン狩りをするため。


長男夫婦、次男、親夫婦の5人で車に乗り込み朝9時に自宅を出発。

まずは腹ごしらえ^^
f0250403_10215524.jpg

-岩ガキ-
子供の掌くらいの大きさはある。
「フライにします?」って聞かれたけど
(実は理系3男子、非常にお腹を壊しやすい、夏場だし。)

我々チャレンジャーなので、ここは当然生でGO!

う~ん、クリーミー。
ちなみに皆のお腹は無事故だった^^
f0250403_10203917.jpg

-海鮮丼-
お刺身の切り身が大きく、ご飯は控えめ。ぼたん海老が甘くて美味♪
すし飯じゃなくて温かいご飯にお刺身っていうのが私好み。
f0250403_1021132.jpg

-大エビフライ-
一応これも押さえておかねばってことで。
デカイ!半端なく。
お写真のアングルで小さめに見えるが
かなり食べ応えがある。
食べないとわからないかも、このボリューム。

初めてのお店で、不安もあったけど
皆に美味しかったと満足してもらえてツアコン冥利。

さてこのあといよいよメロンをゲットすべく

いざ!

つづく・・・・。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-21 11:21 | お出かけ | Comments(8)

皆さまお久しゅう♪

♪V・A・C・A・T・I・O・N♪  ナツヤスミ~ ♪
ギ~ラギラと輝く太陽背に受けて~  ♪
だ~か~らイロイロバタついてたの~ ♪

なぁんて歌でごまかしながら・・・・
なんと12日ぶりのブログ更新である。

暇だから久しぶりにMARUCOX節でも聞いてやるかと
覗いて下さったアナタ、当たりくじ引いた気分でしょ?
あ・逃げないで~

しかしながら今日はなんのネタもござらんのである。
ごめんあそばせ。

あるのは長きのブログ不在の言い訳のみ。
あ‘‘あ‘‘~まだ逃げないで~

ワタクシ、これでも姑歴5ヶ月足らず・・・・。
息子夫婦の里帰りで、長男の彼女の
お嫁ちゃまとしての初訪問を受けたり
次男も帰省して、お家ではあれこれバタバタ。
さらにはその後、いつもの実家詣でが長期滞在になったりとかで
と~ってもブログを書く余裕に至らず。

でもようやく、忙しいながらも通常の生活に戻ったので、
またせっせと、アナタのココロに火を灯すべく・・・(はん?)
迷文駄文にヘッポコお写真で、ひとりよがりのつれづれを綴って
いく所存・・・・ゆえに懲りずにまた遊びに寄ってくださいマセ。

逃げずに最後までのお付き合いあざ~すっ!

f0250403_0443419.jpg

これはお嫁ちゃまからのお土産の
TAKANOのゼリーの詰め合わせ。

ジューシーで果物のお味が濃くてとっても美味だったわ~。

Nちゃん、重いのにありがとネ。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-18 00:59 | ひとりごと | Comments(6)

夏服を着た女達

夏には出番の多いお素麺。

主婦のさびしき一人おうちランチの定番。
f0250403_16144334.jpg

しかし近頃は
中華風、韓国風、イタリアンと変身させて
紹介されていて、なかなかに豪華でスタイリッシュ。
f0250403_16163724.jpg

だからというわけでもないが
こんなんやってみたアルね(中華じゃないでしょ!)。

奥の飲み物は黒糖梅酒(市販品)。
そしてDEEN&DERUGAのオリーブ。


思えば私の子供のころは、
ショウガのすりおろしをめんつゆに入れて
ただ真っ白な麺が浮かんだ大鉢を、家族皆が囲み、
そこから箸で掬っては汗をふきふき食べていた。

蝉のにぎやかなBGMはあるが、エアコンなどない。

でもだから余計に冷たい麺はごちそうだった。

祖父や父はランニング姿、母や私は決まってノースリーブのワンピース。

f0250403_16184683.jpg


何故だか暑い夏になると思いだす・・・・。
アーウィン・ショーの「夏服を着た女達」
読んだのは大学生の時。
当時の私にとってあこがれの地は欧州ではなくアメリカ。

だから、夢中になって読んだ常盤新平編纂の「ニューヨーカー短編集」。
その中の一遍、五番街を散歩する若い夫婦の話。
洗練された女性達の後ろ姿に見とれる夫に、不満を漏らす妻。
だが・・・。

どの短編も好きだったのに、
どこかに行ってしまって手元にない。

ニューヨーク、マンハッタン、グリニッジビレッジ、5番街、
ハドソン川、そんな地名すらしゃれた言葉として
うっとりと魅力的で、その洗練された世界の中に
浸っているだけで、幸福感に満たされた。
f0250403_1750374.jpg

今年初めに亡くなった常盤新平氏。
あこがれでしかなかった時代から、ニューヨークに何度も足を運び
雑誌ニューヨーカーの作家の作品を紹介し、直木賞もとったが、
その「遠いアメリカ」よりも、エッセイのほうが私は好きで。

それから
カポーティーの「ティファニーで朝食を」なども読んだが
こちらは全く別物と言っていいくらいに、映画とはまったく印象が違う。

映画では、オードリーが余りにも素敵でチャーミングなのに
相手役の男性俳優(名前失念)イマイチだったなあ・・・。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-06 18:19 | ひとりごと | Comments(8)

真夏のつぶやき

f0250403_1611173.jpg

朝からシャンシャンと蝉が賑やかで、見上げると突き抜けた青い空に
モクモクッと白い雲が、綿あめのようにあっちこっちに浮かんでいる・・・・
そんな晴れた夏の日が好きな私だが、
昼さがりになると何だか眠い。

いつのまにかソファに座ったままウトウトして
じっとりと汗ばんでいることに気付き、目が覚める。

世界水泳-ついつい見ちゃっての夜更かしが原因かもしれない。
入江陵介君のレース後のインタヴュー、見ている方も辛かった。

さて
こちらはわが家の冷蔵庫の扉
f0250403_15415677.jpg

いっとき、ツレが海外出張土産によくマグネットを買ってきていたので
ココに張っているうちに、他のも色々集め出して結構な数になった。
なんせツレのセンスなのでお見せできる所だけ。
苺のタイマーで止めているのはカロリー表、
今は全く用をなさずっていうか、活用していないし見向きもしない。
でもこうしてみると、
気にしてますョって風をキッチンに醸し出しているではないか。

もし来訪者がこれを見ることがあったりして
(主婦の集まりは、リビングよりキッチンである率高し。)
へえ~ちゃんとカロリー計算してるんだ~なぁんて突っ込んできても
ん~まあねなんて応えてあげるわ~♪
f0250403_15424170.jpg

キッチンの壁面にはショップカードや葉書きを張っている。
カレンダーは書き込みが多いので、シンプルな数字のみのもの。
f0250403_154181.jpg

キッチンって
家庭内においては小さな事件がしょっちゅう起こる場所だ。
忙しく調理している最中にガラスを割って、大騒ぎ、
早く切るべきものを切ってしまいたい焦りから、切る必要などさらさらない
指を切って、大騒ぎ、
思いもかけない場所が熱くなっていて、予期せぬやけどを負い、大騒ぎ、
ときには、親子げんか、夫婦げんか、怒号が飛び交い、皿が茶碗が宙を舞い、
犬猫が走り回り、赤ちゃんが泣き叫び、ついにはおまわりさんが来て大騒ぎ・・・・。
f0250403_1755055.jpg


なんてことも?

いやいや・・・・危険物も多い場所なので、平和裏に事を納められたし。
[PR]
by marucox0326 | 2013-08-03 17:12 | ひとりごと | Comments(8)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧