「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

スポーツを見る楽しみ

さて2月も明日でおしまい。
いよいよWBC開幕まで4日を切った。
ワタクシ30年来の阪神タイガースファンだが、
昨夜は、ま、阪神には勝つでしょっとPCに向かっていた。
和田監督になってから、華のある選手もほとんどいなくなり、
だんだんサッカーばかり見るようになってきていたのだが・・・。
阪神も何もこんな時にしかも1点差で勝たんでもなあ・・・
なんて阪神ファンにも同情集まってますよ。山本監督!
それより接触プレーで負傷の上本君の状態も気になるところだが・・・。
f0250403_23524167.jpg

うちの家族はもともと理系・体育会系男子3名とその他女子1名という構成。
ツレアイも体を動かすことが好きなアウトドア派。
結婚してからはおでかけはかなりの割合でラグビーやサッカー競技場。
2人の息子たちもしっかり父親の遺伝子を受け継ぎ、家にじっとしているはずもなく
週末はボールを持って運動公園に行くのがお決まりのパターンに。
f0250403_04572.jpg

小学校時代は野球、その後バスケを6年間、大学は兄はテニス、弟はバスケ。
おかげで練習や試合に付き合ってきた親ばかの私はすっかり、門前の小僧で
ルールを覚え、球技スポーツを観戦することが好きになった。
f0250403_0274070.jpg

やるほうはいまやさっぱりだが(スローなジョギングはしてるのだが)
スポーツを見ることの楽しみを教えてくれた彼らに感謝している。
[PR]
by marucox0326 | 2013-02-28 00:35 | ひとりごと | Comments(2)

春の食卓

今日は、昨日までの寒さとうって変わった暖かな一日。
春は確実に近づいてきている。

f0250403_21314528.jpg

-あおやぎとわけぎのぬた-

今頃になると母が好きでよく作っていた。わけぎのみだったせいもあり、
小さいころの私はこのネギの青臭さがいやで、嫌いだった。
f0250403_214303.jpg

大人になってから嫌いだったものが食べられるようになり、
さらに大人になると好きだったものが食べられなくなる。

大人になりすぎたことがちょっと寂しい。
時計の針は戻せないが、これからも小さな喜びを見つけて誠実に過ごしていきたいと思う。

f0250403_215913100.png

-ほたるいかと菜の花のパスタ-
-はっさくとアスパラガスとレタスのサラダー

こちらはオリーブオイルににんにくの香りをプラスし、しょうゆ出汁と白ワインで味付け。
シンプルかつカロリー控えめのシニアバージョン。
f0250403_2243189.jpg

気にしなくていい御仁はバターでもこくがでておいしい。
カップにはカジュアルスタイルな白ワイン(水ではござんせんよ!)。
ところで
春のカラーってやっぱりピンク?
私的にはイエローだ。
菜の花、ミモザ、ラッパ水仙、入園入学したばかりの幼子たちの帽子の色。
元気なビタミンカラーのイメージ。

サクラの開花も待たれるが、あの薄桃色ははかなげで、妖しくて・・・・。
でも、花見弁当の高いの買って、京都で花見。

今年こそそんなのやりたい。
[PR]
by marucox0326 | 2013-02-26 22:19 | おいしいもの | Comments(4)

私っておのぼりさん?

またもや、ここは大阪駅。
f0250403_1521592.jpg

新幹線で夫婦揃って親たちの様子を見に帰っていた。
f0250403_1525121.jpg

行きの新幹線の窓から・・・。
関ヶ原のあたりだろうか。
こ~んな状態で・・・・・・・。
f0250403_15262779.jpg

寒い時期は雪道を無理せず(こちらも若くないので)、車では帰らないことにしている。


遠距離介護といってももっと大変な方は一杯いらっしゃる。
老親の介護・・・同世代であれば、こういう話題には事欠かない。
まあ私達も色々あったが、今はそれなりに成り立っている。と思いたい。
そして何より
いつも周囲に感謝の言葉を欠かさず、日々小さな命の炎を燃やしながら
懸命に生きている老いたその姿には教えられることばかりだ。



んでもってこれは行きの途中の大阪駅で食べた野菜炒めONザ鉄板!
f0250403_15523066.jpg

ここからはまず互いの実家に向かうため、人が並んでなかったお好み焼屋さんで昼食。
お好み焼きとトンペイ焼きも頼んだけど写真はイマイチのこの一枚だけ。
しかもトンペイ焼きには一家言あるのか、ツレがブツブツ・・・・・。
「これ肉薄いし、卵チョロッとやし。
こんなんでトンペイ焼きと名乗るもおこがましいな・・・・・。
キャベツの千切りなんか添えんでええし・・・。ブツブツブツ」
そのわりには・・・・いや何も申しますまい。

そしてリニューアルされた阪急百貨店も。
f0250403_16135215.jpg

ここは9階の吹き抜けになってるところ
きりん氏は首をゆる~く動かしてお食事中。たぶん機械が故障しない限りえんえんと。
f0250403_16151428.jpg

この階は滋賀県近江八幡のアンティーク店や、キャトルセゾンなど
インテリアや雑貨のお店が出店してたり、通路の売り場表示も
ヨーロッパの街角を意識した標識になってたり。
ただぐるっと見て回っただけだったが、目の保養には十分だった。

f0250403_16114297.jpg

これは帰路の際撮った、大阪駅の時空の広場。
奈良に関するアンケート調査のおばさんに「ちょっといいですか~」と呼び止められ
「よくないです~」と答えるツレ(汗)
もちろん結局快くアンケートに答えたが、その人奈良のこと全く知らない他県の人だった。
ままよくあることね。

帰りの車中も関ヶ原あたりはやっぱり、吹雪いてる~
f0250403_16223183.jpg

車中で美味しく頂いたものは。
f0250403_16444140.jpg

大好きな鯖のバッテラ寿司。肉厚でしょう~♪
もちろん京都の「いづう」さんとか大阪の「いづ萬」さんにはかなわないかもだけど
f0250403_16493290.jpg

じゅうにぶんに満足!
帰宅後、ゴスペルなど用事が重なってたので、夕食の分に他にも色々買って
この日の夕飯の支度はおさぼり。
疲れるかなと思ったけどゴスペル歌ってかえって元気に。
いつも思うけど音楽の力ってすごいな。
[PR]
by marucox0326 | 2013-02-25 17:04 | 日々の出来事 | Comments(2)

ちょっとブレイクタイム

ここまで怒涛の更新を続けてきたが、
さすがにね。
少しは立ち止まらないとね。

見てくださっている方には本当に感謝を申し上げたい。

ワタクシ昔から気に入ったら本や映画、食べ物でも
同じ作家、同じ監督、同じ店の同じメニューを飽きるまで
というタイプでして・・・・・・。
少しは目を転じないとね。

ひと休みひと休みって何のCMだったっけ?(ローカルCM?)
(失礼。アニメの一休さんお決まりのセリフでしたね。)
f0250403_17554725.jpg

こちら手前に写っておりますのはカブトムシの幼虫ではございません。
一口サイズのクロッワッサンのお菓子。普通のスーパーに売っている。
パッケージ捨てちゃったので、名前わからないのだけど、バターの香り
が鼻腔をくすぐり、美味~。ただ今のマイブーム。
f0250403_1862258.jpg

ピーターラビットのマグは子供が生まれてすぐ2個買ったが一つだけ残った。
缶は、長男がアムステルダムに出張した際のお土産。
中身はとうに食べてしまったが塩バターキャラメル味のクッキーだった。
5€の値札がついていたナ。^^でも母の好みを結構把握してくれてる。

なんか休むつもりがやっぱりUPしてしまったワ。


[PR]
by marucox0326 | 2013-02-22 18:16 | おいしいもの | Comments(2)

お友達と久しぶりのランチ

今日は、そば粉クレープ(ガレット)を食べに刈谷市一ッ木にあるラ・クレープリーさんへ行ってきました。
f0250403_18335450.jpg

私はサラダ感覚のノルマンディー(サーモンとレタスであっさりお味。)
お皿に紙おしぼりが挟まっていますね。気付かなかった(汗)
f0250403_18323463.jpg

お友達はハムとほうれん草と卵(こちらは加熱調理してあります。)
f0250403_18363492.jpg

写真はないのですが、もう一人のお友達はカレー味のをオーダーしていました。
そしてデザート、小麦粉のクレープ生地に塩キャラメルバターとバナナがトッピング
私、一時塩キャラメル味マイブームでしたが、飽きちゃって久しぶりでした。美味しい~♪
f0250403_18391261.jpg

フランスのブルターニュ地方はやせた土地でも育つソバを挽いてガレットとして長年主食としてきたとか
またリンゴのお酒(シードル)の産地でもあるそうで、シードルもメニューにありましたが、
運転手なので今回はレモンティーで。
お友達のははちみつにアイスがトッピング。ああ紙おしぼりが~↓
f0250403_18525861.jpg

お店はフレンチな可愛さで一杯。
f0250403_18592586.png

予約していったんですが、開店時にしてすべて予約席で埋まっていて、
飛び込みのお客さんは店員さんがごめんなさいでした。
女性客ばかりでしたよ~。
1時を過ぎたら待っている方が・・・・。
f0250403_18505787.jpg

食事が終わったら、化粧室に行って早々に退散・・・。
御手洗いも可愛かったんですが、さすがにお写真は・・・。
f0250403_191596.jpg

f0250403_1994026.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次に向かったのはカフェを併設しているアンティークとお庭やお家の設計施工も
請けおっておられるドルフィン」さん
すごい久しぶりに来ました。
f0250403_1916502.jpg

f0250403_19405399.jpg

ランプに値札が下がっています。でも素敵なランプたちでした。
f0250403_19243174.jpg

f0250403_19174636.jpg

ステンドグラスもたくさんありました。
f0250403_19184981.jpg

f0250403_192146.jpg

ほかにはアンティークなお人形やイギリスのアンティーク家具、
テディベアやクロスやレース、古いディッシュ収納棚もあり・・・・・・・。
f0250403_1930598.jpg

ファイヤーキング、スージークーパーの食器や北欧系の雑貨も置いていましたョ
さらに
f0250403_1928312.jpg

ガーデン雑貨も・・・・
f0250403_19321792.jpg

f0250403_19333691.jpg

ちょっと可愛いガーゴイル・・・・・。
ああうちの猫の額ほどの庭もなんとかしなければ・・・・。

美味しいコーヒーをいただいて心おきなくおしゃべりし、帰路につきました。

お店の方も快く写真をとらせてくださいました。
ありがとうございました。
[PR]
by marucox0326 | 2013-02-21 20:18 | お出かけ | Comments(4)

思い出のシネマ

今日もはっさくを一個食べた。
以前給食道のカンパネルラさんが漢字についてお話しされていたが、
私は旧字の「或」と「夕餉」という字が好き。「或る日の夕餉」なぁんて
なんかイイカンジっておやじギャグ飛ばしてどうする!しかもあんましおもしろくないし・・・。

で・・・唐突に映画のお話。

私が小さいころ「日曜洋画劇場」という番組があった。
映画の後、映画評論家の淀川長治さんが解説をし、
「サヨナラサヨナラサヨナラ」っていうやつ・・・。
うちの父は厳格だったが何故か子供がこの番組を観るのを許可していた。
自分も観たかったのだろうが、映画は人生を教えてくれる素晴らしいものだ
という持論もあったようだ。
小学生高学年くらいから見てたので、ラブシーンがあったりするとドキドキ。
しかも親もいるし・・・。

この番組は長寿番組だったので、古い映画は随分見た。
その中で非常に印象に残っている作品がこれ。


「或る夜の出来事」 1934年(米) フランク・キャプラ監督
             クラーク・ゲーブル クローデット・コルベール主演
f0250403_20124648.png

はい「或」出ました!
いやムリムリ繋げた感は否めないが、この映画今でいういわゆるラブコメ。
富豪のおてんばお嬢がプレイボーイとの結婚を反対されて
家を抜け出し、失職中の記者かなんかに会って、道行きとなるわけだが、
色々すったもんだあるなか、次第にお互い魅かれていく。
プロットは「ローマの休日」にやや似てるね。
最後は結ばれるのでそこは違うけど。
f0250403_20185624.png

ヒロイン役のクローデット・コルベール。
目と目の間離れてるし、美人というよりキュートな感じ。はまり役だったかもしれない。
f0250403_2027247.png

確か三谷幸喜もキャプラ監督のファンだったと思う。

この映画、アカデミー賞も撮ってるが、私的にとても印象に残っているシーンがあるのだ。
お嬢が歯に食べ物が挟まったとか言って、ゲーブルからナイフ(小刀のような)を借り
真ん中の前歯をつまようじのごとくチョチョイっとやる。
お嬢なのに・・・・。いや怖いしふつうやるか!?
調べても誰も書いてないし、古い記憶なので定かではないが・・・・・。
あたしゃびっくりした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もう一本、大好きな作品

「モンパルナスの灯」  1958年(仏) ジャック・ベッケル監督
               ジェラール・フィリップ アヌーク・エーメ主演
これはかなりの方ご存じだろう。
ジェラール・フィリップ様である。
f0250403_2054679.png

3・40代の人にはファンも多いと聞くし、画家モディリアニを描いた作品だが、
これをきっかけにモディリアニ、ユトリロなどが好きになり、画集を買い、展覧会にも行った。
そしてヒロインのアヌークエーメ
f0250403_20571243.png

すご~~~~く美しい。
ダバダバダダバダバダで有名な「男と女」ではギリシャ系の顔立ちそのもので
これ以外の彼女の作品は全く興味がないのだが、
この中での彼女は清純で、世間知らずのフランス人画学生ジャンヌそのもの。

最後アル中のモディリアニは妻ジャンヌを残して死んでしまう。
それを待っていたかのようにリノ・バンチュラ扮する画商が
留守宅を守るジャンヌの元へやってきて、全部買うという。喜ぶジャンヌ。
そして次から次にモディリアニの絵を選んで行くところで映画は終わる。

36歳という若さでこの世を去ったジェラール・フィリップ。
奇しくもモディリアニと同年だった。
[PR]
by marucox0326 | 2013-02-20 21:40 | スクリーンの向こうに | Comments(2)

お姫様の気分で・・・。

先日ご近所からはっさくを段ボールに1箱いただいた。
毎年この時期いただくのだが、友人におすそ分けしても
まだ20個もある。
私は果物は大好きなので、苦にはならないが、やはり
二人しかいないし、ツレはと言えば
「剥いてくれたら食べるで」などと、新婚じゃああるまいし・・・。
ジャムにでもすればいいのだろうが、そこはホラやっぱし
糖分の過剰摂取は危険なお年頃・・・・・・。
ジャム大好きだけどね。


なあんてどの口がゆうたんや!と突っ込まれること覚悟で
ご紹介いたします。
f0250403_14171212.jpg

ご存じウィーンにある老舗「DEMEL」のスミレの砂糖漬け

私の住む地域では名古屋JR高島屋にしかない。
しかも、少しの定番商品しかおいておらず、バレンタインデーの時期はともかく
この商品は入荷していれば手に入るという代物。

オーストリア后妃エリザベート(バイエルン皇女シシー)の好物とある。
シシーといえばロミー・シュナイダー。
かのビスコンティの、「ルードウィッヒ」でエリザベートを演じていたのを観ただけだが・・・・。
昔、ヘルムート・バーガー狙いでレンタルしたが、彼女もまた美しかった。
アランドロンと付き合っていたころは可愛いだけのアイドル的イメージの女優さん
だったようだが、その後は破滅型というか、このひとも子役からスターに
登りつめた映画女優にありがちな凄い生涯を送っている。



てなことを思い出しながら少しずついただいている。
f0250403_14185785.jpg


以前買い求めた
DEMELのチョコレート、箱がとっても素敵!
f0250403_14201812.jpg

コレクションしたくなる。
f0250403_14211585.jpg


后妃エリザベートは映画や舞台でおなじみだが、美貌ゆえ、美への執着と
年齢による衰えとの戦いはすさまじいものだったようだ。
では当時の彼女に現代の美容整形の技術があれば
満足と幸せが手に入ったのだろうか?

そして何故か
「顔はぶたないでっ!私女優なんだから」って叫んでた
薬師丸ひろこを思い出した私って変?


[PR]
by marucox0326 | 2013-02-19 16:18 | 素敵なもの | Comments(2)

やっぱり「生」に限るよね♪

LeaLeaHale CafeDining

日曜日
私の歌のお師匠様の
ジョイントライブに
出かけた。
lealeaとはハワイ語で「気楽に行こうよ」
みたいな意味らしい。
人生を楽しむハワイアンの心意気
だろうか。
f0250403_1628970.jpg


15分前ですでに満席に近い。
何とか隅の席に・・・。
すでにステージがセッティング
されている。
f0250403_1629348.jpg


真ん中が私のVocalのM先生
左がA先生、右がリンクも貼らせて
いただいているS先生。

まず1部は
お得意の往年のポップス。
やっぱ生はいい。衣装も素敵!
いやお三方ともお綺麗です。
ビリージョエルやスリーディグリーズ、
シカゴなど・・・・・。レッスンでもやったなあ。
MCも楽しくて
ミスも笑いに変えてしまう。

f0250403_16305531.jpg


優しいお顔のS先生は
還暦をこえてもなお素晴らしい歌声。
とても6○歳には見えません。
ステージ上でもお歳をおっしゃってたから
言っちゃいましたョ^^

f0250403_16321844.jpg


休憩を挟み、2部はKa Waileleのみなさん。
いつもは夜、お酒や食事を楽しむお客さん相手のステージ。
今回はお昼間、ほとんどのお客さんが先生方の生徒さんやその友人知人。
「じ~っと見つめられるとやりにくい」との言葉に皆爆笑・・・。
おしゃべりもお上手で、笑いが絶えない。

f0250403_16332078.jpg


さらに休憩を挟み3部はジョイントステージ。
フラダンスも加わり華やかに・・・・・・・・・・。
f0250403_16342680.jpg

フラって本来は男性が踊るものだったらしい。
演奏は素晴らしくハワイアンといっても
アップテンポなもの、モダンなものもあって
飽きさせない。
ハワイアンって「アロハオエ」かプレスリーの「ブルーハワイ」しか知らなかった
自分が恥ずかしい。

f0250403_1636846.jpg

とってもアットホームな雰囲気で
心がが暖かくなるステージでした。












そして、私のお師匠様は右の奥のほうでキーボード弾いていらっしゃいます。
スピーカーの影になってどうしても写せなくて、M先生ごめんなさい。
f0250403_1638043.jpg


みなさん。
素敵なひと時をありがとうございました。

f0250403_16395182.jpg
そしてお店のオーナー、
けいこさん。
私と同じ
お名前。
ロコモコ
美味しかったです♪
[PR]
by marucox0326 | 2013-02-18 17:54 | sing!sing!sing! | Comments(10)

乙女になるとき・・・・。

sari
さんから買い求めたクッションが届いた。

-オンフィルダンディエンヌ-
f0250403_18295719.jpg

丁寧なカードが添えられて・・・。


コテバスティッドのリネンウォーターと・・・
f0250403_18322463.jpg

裏はこんな風・・・。
f0250403_18443438.jpg



写真ぶれてますが、後ろのドットカーテンもオンフィルのもの。
アラジンストーブは数年前、ツレの実家が捨てるというので
慌てて引き取って・・・・安住の地を得たこのおかた、40歳以上です。
f0250403_1846461.jpg

こちらもお気に入り。
f0250403_1851398.jpg


mimiさん、ありがとうございました。
ちなみに
今日はボケなしです。
だって、乙女だから・・・・・・・^^


[PR]
by marucox0326 | 2013-02-16 18:54 | 素敵なもの | Comments(6)

神戸っ子のソウルフード

昨日はバレンタインデイ。
ボーカル仲間に友チョコを渡し、ツレアイにはこれ
f0250403_837712.jpg

スーパーのだからお値段庶民的。
の割にはパッケージ可愛いでしょ?
お味は・・・・・・・・ん~まいっか。
名古屋に行けばJR高島屋とかで、
普段買えない東京や海外の有名店のチョコレートが
この時期売り出されるが、まあお察しの通りの大騒ぎ。
私も果敢に参戦し、年に一度だからと
説得力に欠ける言い訳をしてたか~~いのを手に入れた・・・
こともある。



で、なんのつながりもなく
f0250403_8382035.jpg

これ、神戸出身の方ならおわかりだろう。
え?知らん何これって・・・・
「ぼっかけ」ですよっ!「ぼっかけ」!!

私は大阪市生まれ、主人は西宮市で、
実家はふたりとも現在、阪神間(神戸と大阪の間にある地域)。
なので、この料理を知ったのは最近だ。
でも今では我が家の人気メニュー。

材料は牛スジとこんにゃくと大根だけ。
牛スジはぬかで煮込んであくを取ってから
よく洗って、ぬかを落とし、あらためて煮込み用の
鍋に入れ、こんにゃくとみりんと酒、濃い口しょうゆで
まず1時間ほど煮て、大根を加えたらさらに
2・3時間事コトコト・・・・。
牛スジが軟らかくなればOK。
f0250403_8395115.jpg

或る日の一人ランチ
たくさん作ってもすぐなくなる。

神戸っ子の皆さま、あくまで私なりのレシピです。
[PR]
by marucox0326 | 2013-02-15 09:16 | おいしいもの | Comments(9)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧