カテゴリ:素敵なもの( 10 )

フランスフェアから連れ帰ったのは・・・・。

前回の記事タイトルに誤りがあり、加筆訂正しております。


f0250403_16501635.jpg


フランスフェアで、sariさんから購入したのは
この小さなアンティークボトル。
いくつかあったボトルの中から
こちらを手に取って眺める私に
「私もこれ好きなんです」とsariさん。

好みが一緒だとわかった瞬間
ぐっと相手に近づけた気がする。

そんな気持ちって私だけかなあ。



f0250403_16502630.jpg


仲間に入れてあげてね。



f0250403_16503902.jpg


ボトル左のカフェオレボルも
以前にsariさんから購入したお気に入り。
いつも言葉をしたためたカードを添えて、丁寧に包装して送ってくださる。




f0250403_16505693.jpg


こんなふうに人とつながって行くのも嬉しいものだ。
これからはこの子たちを眺めるたびに、彼女の顔が浮かぶことだろう。

素敵な出会いにmerci



















[PR]
by marucox0326 | 2016-03-16 00:04 | 素敵なもの | Comments(14)

無駄遣いというなかれ。


冷たい雨が
一日中しとしと降り続くそんな日
車で出掛けた私は、ついあれこれと
立ち寄って遅くなってしまった。

帰路、偶然見つけた可愛い雑貨屋さん。
これは寄らないわけにはいかないでショ。

 
f0250403_10231920.jpg



都会では
焼き肉屋さんや居酒屋さんが入った雑居ビルの中に
キュートな雰囲気のこんなお店が、ひょっこり潜んでいることがよくある。

めっけもんとばかり、いそいそとドアを開けて
恐る恐る「こんばんわ~」と声をかける私。

もう閉店間際と思われる時間帯に訪れたこのような来店者が
果たして招かれざる客なのか、そうでないのかは
この一声かけた後の対応で決まる。




f0250403_10225064.jpg



こんな時、だいたいは店の人は一人だ。
若い人がオーナーであることも多い。

その彼女もしくは彼に
「すみません、6時半で閉めさせていただきますけどいいですか?」
とすまなそうに言われたなら
「あ・ゴメンナサイ」と言って
すごすごとしっぽを巻いてその場を立ち去るし、
「いらっしゃいませ」とおざなりに言われた後
「もう閉店なんですけどォ~」と
語尾を妙なしり上がりの口調で言われようものなら
(なにせ午後6時を回っている、もちろん向こうに非はない)
いたずらを咎められた子供のごとくすごすごと引き換えす私である。



f0250403_10225962.jpg


この日も、やはり店には若い女性がひとり。

彼女は私に気づくと
「もう止みました?雨。今日は寒いですよねェ」
と話しかけてきてくれた。

店の中には機能的な生活用品や
おしゃれな日用雑貨やステイショナリ―
ベビーから幼稚園児くらいまでを対象としたおもちゃなど
所狭しと置かれていて見ているだけでも楽しい。

まだ孫はいない私だが、
後学のために、あれこれ見たり触れたり尋ねたり。





f0250403_10224391.jpg


看板犬くんを可愛く撮ってあげられなくて
申し訳ない・・・・。

とってもおとなしくてイイ子だった。


で・・・・
こんなのをゲット。




f0250403_22443418.jpg


洗面室のタイルに取り付けた。
一応ゲスト用のタオルハンガーという名目で。

しかし・・・・
そうそう客人を招くようなことが?
イャマアそこはそれ・・・。



f0250403_22480530.jpg



イイじゃあないのォ~(出た!まさかのいまさらエレキテル連合?!)







f0250403_10231920.jpg


実を言うと私としたことが
思いのほか、不覚にも
相当に話し込んでしまった。



f0250403_10230886.jpg


ワタクシこう見えて蚤の心臓の持ち主である。

とどのつまり、手ぶらで帰れず。









[PR]
by marucox0326 | 2015-02-20 23:14 | 素敵なもの | Comments(6)

チクタクチクタク・・・・・♪

リビングにある掛け時計。

もう30年以上、壊れもせず
時を刻んでくれている。
f0250403_16412149.jpg


独身の頃
あるSHOPで見つけて一目ぼれ。
結婚する時に買おうと、ずっと狙っていて
購入できたときは、二つの意味で嬉しかった。

手に入れることができた喜びと
結婚したら新居に飾ろうという思いが実現した喜びで・・・・。

f0250403_16421716.jpg


でも実際は、
インテリア性は高いが実用性にはやや欠ける。
文字盤が黒くて、針も細く、時間が読み取りにくい。

慣れている家人は大丈夫なのだが^^;
新居を訪れる、気の置けないツレの友人達からは
「見づらい」と不評をかこっていたものだ。


でも
わが家の歴史を
まさに上から目線で見てきた
愛すべき奴である。
いつまでも、動き続けてほしいものだ。



f0250403_16405234.jpg


そしてこちらは↑
最近購入した若き2代目である。

垂れ壁の手前側はダイニングキッチンなのだが、
そちらにいるときにも時間がわかるので、便利だ。

以前も、カラフルな水玉模様も可愛らしい
丸いフレームの時計↓を掛けていた。
お気に入りだったのに、
まだ壊れるのには早い時期に、突然動かなくなった。
長らく止まったままだったので、やっと買い替えたところ
水玉くん、ツレがアレコレいじると動き出し生還。
しかし、すでにこの座を新入りに明け渡していたため
丁重に2階に引越しを願った。

夕方に撮影したため、トーンが暗いが
2階の南向きの洋室にて
忠実に時を知らせて健在そのものである。

f0250403_18191162.jpg


さて
話を戻してこちらの2代目氏↓、
シャビー感を出すために
わざと傷をつけたペールカラーの木枠といい
なかなかしゃれている。

でもさすがは現代っ子。
外見は、アンティークながら
実はこれ、電波時計なのだ。

でもこ奴
気がつけば時々とんでもない時間を指している。

その度、
電池を抜き、もう一度差し込む。
するとくるくると、針が回り始める。
そのまましばしの間、窓のそばに置いておくと
「見つけましたご主人さま」とばかり
正確な時間のところでピタリと止まるのだ。

「実に面白い」

と言いたいところだが、
めんどくさいやっちゃなあというのが本音。

ツレのリストウォッチは、電波時計だが
一度も不具合は生じないのに。
あちらとは精密さがちがうのかしらん。


f0250403_16425370.jpg


「時は金なり」
そして
「時は最良の相談相手」
ともいう。
前者はいわずもがな
後者は時間がたつにつれ、
よい工夫やアイデアが浮かぶという
ギリシャのことわざだそうである。

心配事や、へこんだことがあっても
時が経てば、解決の糸口は見えてくるということか。


ああ
それにしても矢のように過ぎていく時間たち。
[PR]
by marucox0326 | 2014-03-16 19:23 | 素敵なもの | Comments(0)

ロンドン土産に想う。

いつの間にか毛布の恋しい季節。

せっかくの週末も雨。

日本人に一番人気のシーズンは秋だそうだが、
そのすぐ後にやってくるさむ~い冬が超苦手な私は
11月は実は気が重い。

f0250403_1238394.jpg

長男のロンドン土産。
サイズは切手盆程度のちいさなトレイ。

お気遣い、ありがとさん。

出張とはいえ、色々巡ってきたらしく、羨ましくもねたましい。

「アビーロード行った?」と聞く私に
「行かなかったョ。
上司ですげえビートルズファンの人がいてさあ、
もう何回も行って同じ場所で
(たぶん横断歩道であのポーズだねきっと)
写真撮ってくるらしい。
それ、見せられてさあ・・・
何回も行くことなくね?」

彼はJPOPしか聞かない
(今の若い子はほとんどそうだ)

f0250403_1239175.jpg


母はビートルズのLPアルバムをほとんど持っていたというのに。

ポールの死亡説が流れた発端となった「アビーロード」のジャケ写について
彼に話しても盛り上がりそうにないと思い、止めた。
もしかしたら、その上司から詳しく聞いているかもしれないと思いながら・・・。

そのポール・マッカートニーはいま来日中。
私の世代では断然ジョン・レノン派が多いが、
ポール・マッカートニーの作曲のセンスは素晴らしい。
メロディアスで、意外性があって。
「リボルバー」以降の彼らのナンバーが好き。


f0250403_1340615.jpg


先週末、ヤ○ハの合同発表会が終わり
ほっとしているところだが、練習にこきつかったせいか
スマホのスピーカーがこわれ、ただ今入院中。
つられてなんでかパソコンもご機嫌を損ね
ここのところ、電脳生活から遠ざかっていた。

パソコンはワープロ機能さえサクサク動いてくれれば
仕事に支障もきたさず問題はない。
しかし、スマホが代替えの借り物では
設定しなおしのアプリをいれなおすのも面倒で
正直、不便極まりない。



早く元気になって帰ってきておくれ~
[PR]
by marucox0326 | 2013-11-12 13:52 | 素敵なもの | Comments(10)

お洒落心、届く♪

sariさんから買っちゃった。ムフっ♡

オイオイ、がらにもなく・・・・・・。
アラカンにあるまじきオープニング第一声に
自分で書きながら引いてしまった。

でも↓ステキでしょっ
f0250403_19494091.png


いつも丁寧でオシャレな包装にカードを添えて
送って下さるので、何だかプレゼントをもらった気分。
って買ってるんだけど届くと気持ちがウキウキする。

f0250403_19514435.jpg

   「かあちゃんは星やで」

まだ死にたくない・・・・ってちがうし。


f0250403_195303.jpg


シルバーのテープとフリンジがいい感じ^^
ミントグリーンとかミントブルーの色が好きなので
色々ある中からこちらをチョイス。

人生何が起こるか分からないのだ。
もしかしたら来るかもしれない勝負かけるときに持とう。
それまで大事にしまっておく。

mimiさ~ん、ありがとう(笑ってるでしょ)

f0250403_19543626.jpg


さてこちらは、私のネームが入った絵付けのお皿。
お玄関に印鑑を入れて使用している。
友達の手作りだ。

彼女の家には素晴らしい作品が所狭しと置かれていて
プロ級の腕前。
このリモージュを思わせるお皿のプレゼントもお気に入り。

アップしたよ~。
見てるかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、今日はさわやかな梅雨の晴れ間・・・・・。
好きな歌を歌ったり聴いたりしていてふと、
昨日の話題の続きで松田聖子などを思い出し
「スイートメモリー」・・・・・こんなのを見つけた。

中西保志。巧くて大好きな男性ヴォーカリスト。

彼のカバーは、聖子ちゃんが女っぽく切なく
歌い上げているのに対し、
どこまでも明るくさわやかに
過去の恋をさばさばとした感じで
懐かしく思い出しているように歌っていてすんごくいい。 




関西弁の訳詞もお酒の映像も
投稿者のこのセンス、好きだなあ・・・・。
[PR]
by marucox0326 | 2013-05-31 20:36 | 素敵なもの | Comments(8)

お宝をチョい見せ・・・・・。

「関西人」とか「アラカン」とか
たぶん検索ワードで打てばこのブログにヒットするのでは
あるまいかと思うほど、記事中連発しているワタクシ・・・。
ゼブラ柄のTシャツを着たくるくるパーマのおばちゃんを
想像しつつ読んで下さればシメたものだと思いつつ
いつもパソコンに向かっているのだが・・・・。

やはり一応女性であるからして
美しいものが好き。(笑いをこらえましたね、そこのあなた。)
そして古くて歴史を感じさせるものは
洋を問わず心をとらえて離さない。(ついに笑っちゃいましたね。)


子供のころ、綺麗な包装紙や、クリップや外国製の色鉛筆を集めて
眺めるのが好きだった。

今ほど商品もなければ、情報もない時代。
外国製というだけで貴重だった。

ただどちらかといえば
10代のころはアメリカに対するあこがれが強かったように思う。
音楽もアートも、ファッションも・・・・・。
アメリカのTVドラマ「奥さまは魔女」に代表されるような
暮らしやモノに強烈な刺激を受けたものだ。

かなり大人になって芽生えたヨーロッパへの憧憬。
長い歴史に裏付けられた文化や伝統は奥深い。

暮らしの道具にしろ、手仕事の成せる手工芸品にしろ
その背景にヨーロッパの人たちの考え方や暮らし、
そこから生まれる愛情あるまなざしを感じて、限りなく魅了される。

だからと言って
アンティークやブロカントと呼ばれるものをさほど持っているわけではない。


f0250403_1818564.jpg

コントワール・ド・ファミーユの
キャンドルを灯すための長いマッチが入った箱。
f0250403_18192783.jpg

ピューターでできたリスちゃんと
f0250403_18203939.jpg

リスちゃんとくすんだ色合いがお気に入りのお花のカード。
f0250403_18161619.jpg

小学生の時に買ったスワンの小物入れ。
バゲットやチーズ、ワインなどを象った小さなフォーク達。

この中で古いものは水色のビンだけ。
でもどれも愛着のあるモノ達。

ようするに大したものは持ってないってお話。
[PR]
by marucox0326 | 2013-05-26 19:34 | 素敵なもの | Comments(6)

カンカンそして甘い誘惑

この前の寒の戻りでなぜか
さらに花粉症が悪化した。
今年は軽いわ~なんて思ってたのに。

鼻が詰まると歌がうまく歌えない。
いつも以上にね。
23日のレッスンでは一時的に
鼻詰まりがおさまったが(緊張するとひっこむ)
こうなると声っていかに鼻から空気をぬかしているか思い知る。

でこれはなんでしょう?
f0250403_12541036.jpg

ただの缶。
寒の戻りでかんつながり~
これまた強引にもってきたネ、もうここまで来ると何でもアリ。
ひらにご容赦あれ。
f0250403_12575485.jpg

ツレアイは仕事で中国にもよく行っていたので、
ウーロン茶やジャスミン茶、お花みたいにお湯を注ぐと開くやつ
など買ってきてくれたものだ。
高いウーロン茶は綺麗な淡い黄金色でおいしい。
f0250403_1255341.jpg

小さめのこれはジャスミン茶が入っていた。
中身がなくなった今はのど飴を入れている。
f0250403_12564668.jpg

こちらは紅茶缶と同じ大きさ。
ウーロン茶が入っていた。
今は紅茶のティーバッグ入れになっている。
f0250403_12592488.jpg

底がサビサビ。
f0250403_1345049.jpg

ほら比べると大きさが違うでしょ。



ここのところ、いつもはちょこっとの在宅での仕事が
どっと来てバタバタしていたのがようやく落ち着いてきた。

ちょっと一息入れたいときにはやっぱり甘いもの。

濃い珈琲と一粒のチョコ。
ほっとする。
一粒で二度おいしいと味わうべきなのだが
ひとつで終らない・・・。
あともうひとつだけの悲しいくりかえし。
気がつけば・・・・・・・・そこにあるのは
やっちまったなーというプチ自己嫌悪。
f0250403_1372499.jpg

金色の包みでお行儀よく立っているのは
チョコレートボンボン。
形からして洋ナシのリキュールが入っているみたい。
かなり甘かったからウィスキーではないことは確か。

緑色のほうはお義母さんから頂いた
イタリアのチョコレート、ジャンドゥーヤ。
特徴あるこの形。
チョコの中にはへーぜルナッツのペーストが入っていて濃厚なお味。

ジャンドゥーヤといえばカファレル
旅行のおみやげにもらったりもするが
国内の専門店が東京や神戸にはあるので購入可能。
パッケージも可愛いいので私もプレゼントに買ったことがある。

私が頂いたのはベンチ社のもの。
f0250403_1375921.jpg

-CIOCCOLATINI GIANDUJA LATTE-

関西圏のかたならお分かりかと思うが
お義母さんはあのイカリのマークでおなじみのあのお店
でご購入されたもよう。
美味しく頂いていま~す。

しかしなぜか
UPしている間にこんなにあったのが実は計3個になってます。
不思議ね~~~。
[PR]
by marucox0326 | 2013-04-25 15:03 | 素敵なもの | Comments(4)

旅支度はこれで決まり・・・。

テレビが突然壊れた。
あまり見ないほうだと思っていたが、見られぬとなるといかに見ていたかを痛感する。
修理に1週間かかるなんてどうするべと思っていたら、
小さいのをレンタルさせてくれた。
大輔くん残念だったね。真央ちゃん頑張っておくれ、
明日はWBC、相手はプエルトリコかとやっぱりテレビっ子だ。

昨夜は教育TVで大好きな「グレイテルのかまど」を見る。
瀬戸君のファンではないがキムラ緑子さんのナレーションはいい。
昨夜のレシピはシチリアのお菓子カンノーリ。
映画ゴッドファーザーの中に出てくる伝統的なシチリアのお菓子らしい。
ゴッドファーザーは全部見たけど、あらためてその背景について
こんな視点から取り上げてくれると、興味深くてまた見たくなった。
でもアルパチーノ演じるマイケルって糖尿病だったような。
こんな高カロリーなもん食べてたらそらなるわいなと・・・。
長男役のジェームズ・カーン好きだったな。

f0250403_11424794.jpg

これは、フランスの伝統的なデザイン、
トワルドジュイ柄の布製のお洋服入れ(に私は使用)。
お揃いのポーチとのツーショット。
f0250403_1214084.jpg

鳥やお花、自然の風景の中に貴族の殿方や貴婦人達が描かれたこの柄
フレンチスタイルをこよなく愛する方なら誰しもお好きなのではなかろうか。
もちろん、アンティークな布を用いているのではなく、
プリントした生地を使用しているのだと思われる。
購入したのは5年くらい前。
よく行く雑貨屋さんで見つけ、でも高いしなあと迷っていたら、
数日後のバーゲンで3割引きになっていて、しかも残り1個。
迷う余地なし。
運命的出会いってか。このように購入に際し理由づけしたがるのは浪費家の常。
f0250403_12301913.jpg

そしてこれ、バガイユの巾着。
ショーツやハンカチ,靴下などを収納
薄手なので、化粧品など重い物はNG。
f0250403_12372493.jpg

これは、お友達のトルコ土産。
スマホの充電器を入れるのにピッタリのサイズ。
電池切れにいつも泣かされているスマートフォン。
充電器は旅に行く時の必需品。
f0250403_12191915.jpg

このくらいの量なら
f0250403_12262229.jpg

まだ十分余裕がある。
マチが9cmなので、セーターやらシャツ
薄手なら3・4枚、厚手でも2・3枚は収納できる。
2泊までの旅行の衣類なら十分OK。
ワタクシ、こうしてみると小物関係、花柄多いなあ。
が、洋服に関してはほぼゼロといっていい。
f0250403_1248375.jpg

今は、
老親の様子を見に月に1・2回は兵庫県の実家に行き、
息子二人がいる千葉と京都に年に数回行くことが
ちょっとした旅行になっている。
荷物はなるべく少なくと思っても、何故か
観光で行くより多くなってしまう。

遠く離れていてもお互いを思いあう気持ちに変わりはない。
近くにいても、寂しい時は寂しいし、出来ないことは出来ないはずだと
言い訳しながら、今日も変わりなく過ぎようとしている。
f0250403_138527.jpg

[PR]
by marucox0326 | 2013-03-17 14:42 | 素敵なもの | Comments(4)

お姫様の気分で・・・。

先日ご近所からはっさくを段ボールに1箱いただいた。
毎年この時期いただくのだが、友人におすそ分けしても
まだ20個もある。
私は果物は大好きなので、苦にはならないが、やはり
二人しかいないし、ツレはと言えば
「剥いてくれたら食べるで」などと、新婚じゃああるまいし・・・。
ジャムにでもすればいいのだろうが、そこはホラやっぱし
糖分の過剰摂取は危険なお年頃・・・・・・。
ジャム大好きだけどね。


なあんてどの口がゆうたんや!と突っ込まれること覚悟で
ご紹介いたします。
f0250403_14171212.jpg

ご存じウィーンにある老舗「DEMEL」のスミレの砂糖漬け

私の住む地域では名古屋JR高島屋にしかない。
しかも、少しの定番商品しかおいておらず、バレンタインデーの時期はともかく
この商品は入荷していれば手に入るという代物。

オーストリア后妃エリザベート(バイエルン皇女シシー)の好物とある。
シシーといえばロミー・シュナイダー。
かのビスコンティの、「ルードウィッヒ」でエリザベートを演じていたのを観ただけだが・・・・。
昔、ヘルムート・バーガー狙いでレンタルしたが、彼女もまた美しかった。
アランドロンと付き合っていたころは可愛いだけのアイドル的イメージの女優さん
だったようだが、その後は破滅型というか、このひとも子役からスターに
登りつめた映画女優にありがちな凄い生涯を送っている。



てなことを思い出しながら少しずついただいている。
f0250403_14185785.jpg


以前買い求めた
DEMELのチョコレート、箱がとっても素敵!
f0250403_14201812.jpg

コレクションしたくなる。
f0250403_14211585.jpg


后妃エリザベートは映画や舞台でおなじみだが、美貌ゆえ、美への執着と
年齢による衰えとの戦いはすさまじいものだったようだ。
では当時の彼女に現代の美容整形の技術があれば
満足と幸せが手に入ったのだろうか?

そして何故か
「顔はぶたないでっ!私女優なんだから」って叫んでた
薬師丸ひろこを思い出した私って変?


[PR]
by marucox0326 | 2013-02-19 16:18 | 素敵なもの | Comments(2)

乙女になるとき・・・・。

sari
さんから買い求めたクッションが届いた。

-オンフィルダンディエンヌ-
f0250403_18295719.jpg

丁寧なカードが添えられて・・・。


コテバスティッドのリネンウォーターと・・・
f0250403_18322463.jpg

裏はこんな風・・・。
f0250403_18443438.jpg



写真ぶれてますが、後ろのドットカーテンもオンフィルのもの。
アラジンストーブは数年前、ツレの実家が捨てるというので
慌てて引き取って・・・・安住の地を得たこのおかた、40歳以上です。
f0250403_1846461.jpg

こちらもお気に入り。
f0250403_1851398.jpg


mimiさん、ありがとうございました。
ちなみに
今日はボケなしです。
だって、乙女だから・・・・・・・^^


[PR]
by marucox0326 | 2013-02-16 18:54 | 素敵なもの | Comments(6)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧