2017年 07月 31日 ( 1 )

真夏のモノローグ

私にとって
この世にあって許せないものの一つに
「弱い読売巨人軍」というものがある。

私は35年来の阪神タイガースファンだが
やはりジャイアンツがこの体たらくだと
なんだか腹立たしい。

今季のセ・リーグは、
もう決まっちゃったようなもので面白くないし、
最近どんどん野球熱が冷めつつある。



f0250403_18463994.jpg


暑さにうだる毎日。
夕方になっても西日がじりじりと照り付ける。

乾いた洗濯物を取り込もうとして庭に出て
取り込んでいる最中、ぎゃぎゃっと泣いて飛び去るセミに
おしっこを掛けられて閉口する。
だが、彼らにこんな暑中見舞いをされるのも毎夏のことで
今では驚きもしない。

やはり庭に数本立ち木があると、蝉の数は相当なもので
朝からその鳴き声たるや、リビングのサッシを開け放していると
テレビの音もかなり大きくしないと聞こえないくらいなのだ。

でもなぜか、人の嬌声や話し声は気になるのに
蝉の大合唱は気にならない。

この時期、夏祭りなどに出かけた若者が深夜にもかかわらず
住宅街で車のエンジンをつけっぱなしで駐車していたり
他人の家の前でいつまでも立ち話に興じていたり。

真夏の夜の寝苦しさは熱帯夜のせいばかりではない時がある。




f0250403_17432069.jpg



火を使わず簡単で美味しい「まぐろの漬け丼」

お高い中トロとかなら、漬けにしないで
生醤油とわさび、海苔だけが美味しいと思うが
ちょこっとお値打ち品のカジキマグロとかなら
私はオイスターソースとめんつゆ、
煮切った酒を合わせたものに暫く漬け込む。

こうして漬けることで、そんなにいいマグロでなくとも
身に独特の食感が生まれ、さらにオイスターソースを少量加えることで
味が格段にアップするのだ。

サイドメニューは永〇園の「松茸のお吸い物」でもいい。

今回は茄子の翡翠揚げ(本来はもっときれいな緑なんだけど)
皮をむいた茄子を油で揚げて、出汁に投入しとろみをつけたもの。
つるりとした口当たり、冷やしてもイケる。




f0250403_17245493.jpg



主婦、および主夫にとって
夏はなるべく火を使わず調理したい。
でもソーメンなどの冷たい麺類も食べるには涼しいが、
作るのは暑さとの戦いである。
なにせ煮えたぎる熱湯に麺を入れ
かき回さなければならないのだから。



f0250403_18480731.jpg


あ・そうそう許せないもの
もう一つ思い出した。

購入したお寿司などについているお醤油やしょうがなどのビニールの袋。
「こちら側のどこからでも切れます」なんて書いてあるけど

10回に7回は上手く切れないのは私だけ?

あれには参る・・・・キレるのはこっちだぜよ。

















[PR]
by marucox0326 | 2017-07-31 18:59 | ひとりごと | Comments(16)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧