2017年 06月 07日 ( 1 )

戦いすんで日が暮れて

祭りは終わった。

勝者を包む栄光の酔いも、
敗者にのしかかる惨敗のほろ苦い疼きも
沈む夕日のようにやがて消え去ることだろう。
そして彼らは前を向く。

でももしかしたら、次なる舞台に立つまでは
いや戦いという名のもとに人々を熱狂の渦に巻き込むこの祭りが続く限り
くすぶった記憶として決して消えないのかもしれない。

すべて灰と化しているかに見えて
実はいまだ密かに内部は赤く熾ったままの炭のように・・・・。


f0250403_10161776.jpg



スポーツが熱い。

ここのところ立て続けに観ていたのは
張本君たちの活躍で一躍注目を集める卓球。
石川佳純、吉村真晴ペアの逆転劇には震えた。

さらには全仏オープン男子シングルス4回戦を
粘り強く盛り返し勝利した錦織君は素晴らしかった。
3回戦で当たった韓国のチョン選手に苦しめられ
いつもながらタフな試合を勝ちあがり、ここからが本当の勝負。
次戦のマレー選手に勝つことが、最大の課題と思われる。
頑張っていただきたい。

スポーツを見る醍醐味はやはり生で観ること。
そして最初からすべて見届けることにある。

それは祭りの興奮に似ている。

今夜はサッカーキリンチャレンジカップ・シリア戦。
楽しみだ。



f0250403_10291783.jpg


あ・それからついでに言わせていただくと・・・・


f0250403_10310176.jpg



6月5日は結婚記念日だった。

世の中に
記念日を必ず覚えていてスペシャルに祝う人と
覚えてもいなければ、スペシャルもサプライズも頓着無しという人に
大別されるとしたら、私は間違いなく後者である。

そんな「不届き者」であるにもかかわらず
ツレが買ってきてくれたので、お披露目させていただく。




f0250403_10352375.jpg


「セロシアキャンドルケーキ」というらしい。
バラでもユリでもなく、華やかさには欠けるけど
仕事帰りの閉店間際に駆け込みで入った花屋さんには
これぐらいしかなかったそう・・・。

で、私達「つがい」になって、え~~と35年だったかな。
この日の夕餉は確か「冷やし中華」イヤ基い「スペシャルな冷やし中華」
だってホタテにカニの身も入ってたんだからっ!
たまたまだけど。。。。

でもね、最初の数年はささやかなお祝いもしたし
ケーキもよく買ってきた。もちろんツレが。
一年目には、こんな風に書かれたカードも添えてあったし。


『どこまでもあなたについて行きます』




f0250403_10401344.jpg



You always make me laugh.
Thank you so much.
And
Let's get along well in・・・・・
The future・・・・












[PR]
by marucox0326 | 2017-06-07 12:16 | ひとりごと | Comments(20)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧