2017年 06月 05日 ( 1 )

チェルシーマーケットで舌鼓 -親子旅 in the U.S.#9-

ジャジャ~~ん!!


f0250403_21554674.jpg


ここはチェルシーマーケット内にあるお店。
知る人ぞ知る「ロブスタープレイス」

そしてデンと鎮座ましますのは
蒸しあげたロブスターのレモンバター添え。

ニューヨークに行ったらここでお昼を食べるのが、
目的の一つでもあった。

ロブスターは大きさで選ぶ。
お値段はそれなりにするけれど、ジューシーで甘くてプリプリ
期待を裏切らない味に、次の日ももう一回行きたかったほど。
ここに来たら誰しも必ずと言っていいほど
真っ赤に茹でられたコイツを食べるはず。

実はロブスターピラフもすごく美味しかった。
でも6ドルちょっとで、アイスクリームの大きめのカップくらいの入れ物に
擦り切れ一杯程度の量。少なっ!高っ!

しかも奥まったところにある、こちらのロブスターのブースはすごい人気。
人も多いし、タイミングも悪かったのかすごく待たされた。
(落ち着いて食べたい方はお隣にレストランがある)



f0250403_22043534.jpg


手術用の手袋みたいなのを嵌めて、手で身を剥がし
バターソースに浸して食べる。
カウンターで皆、立ったままむしゃぶりついている。
狭くてさらに込んできたので、ビスクスープなどのスープ類にも
心惹かれたのだけれど、場所を移動。

他にもシーフードが一杯。



f0250403_22072681.jpg


お寿司のカウンターもあってネタの種類もかなり豊富だ。
そこは地元の人が多い感じで、金髪の美女も慣れた手つきで
箸を使ったり、手でつまんでは握りを食していた。

また、シーフードに関する加工品や、パック入りのお刺身やお寿司なども
販売されていて、もちろんその場でも食べられる。
こちらの方が気楽~~とばかり、
私達も自由に選んでポイポイ放り込み、レジで精算。
牡蠣だけはチョイスしてオーダーした。

ロブスターのお味には負けるけど、たた塩ゆでしただけのエビの甘いこと。




f0250403_22051905.jpg


お腹も満足して、広いマーケット内を散策にいざ!!

東京や大阪にも出店している
パンケーキなどが有名な「サラベス」。
最近名古屋にもできて、行列しているらしい。

ニューヨークにはほかに確か2店舗ある。




f0250403_22111540.jpg


ジャムやクッキー、ギフト用の箱入りも販売されていたけれど
クッキーでさえ、紙パック入りではなく瓶入りを箱詰め。
重そうなので見るだけ。
最終日のお楽しみに取っておこう。




f0250403_22083200.jpg


ここはもともとナビスコの工場跡地だったそうで、そ!オレオ作ってたらしい。
市場としての歴史は20年くらいらしいが、今や観光客も押し寄せる人気スポット。
パスタやオリーブオイルの専門店。クレープやサンドイッチなどの軽食、
ラーメンやコリアンテイストな食べ物が食べられるフードコートもあれば
もちろんレストランもあるし、お土産にできそうな可愛いあれこれを販売する
雑貨屋さんやキッチングッズを販売するお店など、とにかく見ているだけでも楽しい。



f0250403_21540355.jpg


「ライラックチョコレート」はニューヨークの有名なチョコレート専門店。
「エレニーズ」は可愛いカップケーキやアイシングクッキーのお店。
「ファットウィッチベーカリー」は日本の女の子で賑わっていた。
「エイミーズ・ブレッド」ではパンではなくて大きめのエコバッグを買った。




f0250403_22060943.jpg

この猥雑な感じもとっても私好み。


f0250403_22103907.jpg

さらに壁に目をやると
そこここにポップでアーティスティックなデコレーションやグラフィティが・・・・。




f0250403_22131571.jpg




でもトイレが遠いのよ。

そして広さの割りに一つしかなかったような。
当然並んでいる。特に女子トイレは・・・。
私の前には日本人らしき女性が・・・・。
年のころ30代後半か40代前半?
どちらから話しかけたか忘れたが、
偶然にも実家が近くて思わずトークに盛り上がる二人。

おかげであっという間に順番がきて、トイレ待ちも苦にならずに済んだ。




f0250403_22091269.jpg



「アンソロポロジー」
ニューヨークだけでも何店舗かある、ファッションからインテリア
雑貨までお洒落に販売している、ニューヨークセレブ御用達のお店。


でも・・・・ここではあまりめぼしいものは見つからず。





f0250403_22100028.jpg


歩き疲れてちょっとブレイク。

男どもはここでもビール。

本人曰く「貧しい食生活」を送る次男坊にとっては
美味しいものを沢山、スポンサー付きで味わえて
パラダイスな時間だったようだ。

この後はミッドタウンに戻って
「きつねうどん」が食べたいという次男の希望にこたえて
日本食レストランで軽く済ませ、グランドセントラルステーションへ。


まだまだつづく~~。































[PR]
by marucox0326 | 2017-06-05 14:58 | お出かけ | Comments(8)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧