2017年 06月 02日 ( 1 )

想いは時空を超えて -親子旅 in the U.S.#8-

さてニューヨーク入り3日目の午前中は、マンハッタン散策。

ホテルを出て西に向かうとセント・パトリック大聖堂が見えてくる。





f0250403_09040321.jpg

その角を曲がるとハイブランドショップが立ち並ぶ5thストリート。
トランプタワーを横目にひたすら歩く。
お天気はうす曇り、肌寒くて初夏といった風情はない。

いつものことだが、海外での街歩きは
大好きな私の旅の楽しみのひとつなのだが
日程に対して行きたい場所があり過ぎて、
優先順位を決めても、いつもその一部しか行けずに終わる。

しかも王道の観光スポットは押さえておきたいツレの意見も尊重すると
(彼は既に行ったことがあるにもかかわらず)
今日のお散歩に五番街、タイムズスクエア、
グランドセントラルステーションは外せないのだ。

「なんか思い出でもあんの?」と尋ねれば「ある」んだそうで・・・・。

ただし聞いたところ色っぽい要素は皆無だった。ア~ラ、残念。



f0250403_13425982.jpg


メトロポリタン美術館は通り過ぎただけ。
館内を見学するのはMOMAだけと決めていた。
ホイットニー美術館にも行きたかったが
結局時間切れだった。




f0250403_18353691.jpg


大貫妙子の「メトロポリタン♪ミュージアム~」
ご存じだろうか。

「みんなのうた」で彼女が歌っていた時のことは
鮮明に覚えているが、改めて調べたら1984年の作品である。

結構おとなっだったんだ、私。



f0250403_18362766.jpg


以前の記事にも書いたけれど、私にとって
ニューヨークにゆかりある日本人作家は故常盤新平氏。
さらには、私の世代ではやっぱり植草甚一は外せない。

あのセンスに溢れたタイトルに惹かれて読んだ雑文から
どれだけアメリカ~ンな空気を嗅ぎ取ろうとしたことだろう。




f0250403_01041168.jpg



ニューヨーク近代美術館(MOMA)内部




f0250403_18345171.jpg


ここは近代アートの展示が主になっている。
モネ、シャガール、ゴッホ、セザンヌ、ゴーギャン、ピカソ、マチス・・・・
たぶんみんな好きだよね~。わかりやすい絵画の展示が多くて見ていて楽しい。



f0250403_14013069.jpg
f0250403_14030751.jpg

f0250403_14025063.jpg



そして前衛アートのコーナーへ。


60年代・・・・・
世界を牽引していたアメリカンポップカルチャー。
私はまだ子供だった。

大阪万博が終わって高校生になると
年上の兄弟がいるお友達は国内外の流行に詳しく
兄や姉から受け売りで聞きかじったことを
自慢げに私に教えてくれたものだった。

インターネットのない時代に生きる若者たちは
そんな情報をどこから得たかといえば、
私の場合、主に雑誌や、LPレコードのライナーノーツや
ラジオの音楽番組とかだった。

詳しくなるためにはお金もかかるのだった。




f0250403_14034055.jpg

アンディ・ウォーホールやバスキア
前衛アーティストに詳しくなくても彼らの名前は知っている。

そしてそして私は
A・ウォーホールのミューズだったキュートな彼女を思い出していた。



f0250403_13345449.jpg



その女性を初めて知ったのは
彼女が亡くなってずいぶん経ってからだったけれど。





f0250403_14020597.jpg



イーディ・セジウィック。

憧れの60年代のファッション・アイコンの一人。
それは偶然見た、たった一枚のポートレートだったけれど。
忽ち恋に落ちた私・・・・。

妖精のような佇まいに、無邪気な笑顔。
ボーイッシュで危なげで蜻蛉の羽のようにはかなくて
傷つけられることには敏感だけれど、傷つけることには鈍感・・・・

煙草と酒とドラッグ・・・・・お決まりの破滅的な生き方。
美しい生き物にだけ許される28年の生を駆け抜けて
無残に散ったイーディ。

シエナ・ミラーが彼女を演じた「ファクトリー」はつまらなかった。
まず全くもってシエナは外見もイメージも違う・・・・
と思ったのは私だけか?





f0250403_00594174.jpg


旅は非日常、現実逃避でもある。
私は、過去に思いを馳せながら時空をさまよっていた。

巡る想いは、回転木馬のように回り続け
留まることを知らない。

でも・・・・・・・・お腹は減る。

そろそろランチのためにお楽しみのあの場所へ
いざゆかん~~。





f0250403_20241795.jpg























[PR]
by marucox0326 | 2017-06-02 20:35 | お出かけ | Comments(8)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧