2017年 02月 28日 ( 2 )

知多・岡田をぶらり #2

さて前回の続きである。





f0250403_13255513.jpg


ーなまこ壁の蔵ー

腕利きの左官職人が数年をかけて
白漆喰を何度も塗り重ねて仕上げるというなまこ壁。
技術の要る装飾壁だが、この写真を見てわかるように
黒く塗りつぶされてしまっている。
戦時中、岡田の職布工場が飛行機製造の軍需工場になったために
空襲を恐れてのことだそうだ。



f0250403_13263579.jpg


しかしこの辺り、木綿で財を成した人たちやお金持ちの蔵が
今も90棟余りもあるらしい。
蔵があるというのはお金持ちの象徴だった時代。
彼らは競って蔵を建てたらしい。




f0250403_13271653.jpg


小高い山の上に立つ神明社




f0250403_13275867.jpg

結構な坂道だった。




f0250403_13295961.jpg

茅葺の屋根が美しい。





f0250403_13305298.jpg


創業明治20年の老舗旅館「枡磯」



f0250403_13313944.jpg


やはりここにも蔵があり、
窓の上にはMASUISOの文字が・・・。
もちろん戦前のものだ。
ハイカラな先代の気風が伺える。

戦時中はこの辺りに大きな空襲はなかったようだが
この近くには防空壕後もあった。
それでも文字は塗りつぶすことなく残されている。
厳しい官憲の目には及ばなかったのだろうか。




f0250403_13355364.jpg

ー雅林邸(旧岡田医院)ー

昭和4年に建てられた大正モダンの流れをくむ建築物。

軍医だった竹内雅林医師の医院
脇には広大な敷地に屋敷と日本庭園がある。




f0250403_13321746.jpg


週末だったので私たち夫婦は
ここまでボランティアでガイドをして下さる
街並み保存会の方と一緒に歩いた。

これらを効率よく回るにはお勧めである。

ゆったりと回ってその後はカフェで一服した。
そんな落ち着ける場所もいくつかある。
「枡磯」さんの周辺は桜の木のトンネルもあるので
これからの行楽シーズン、お近くならぜひお出かけいただきたい。





記事中の岡田地区の紹介や建物についての解説は
岡田地区の紹介HPを参照にさせていただいている。

























[PR]
by marucox0326 | 2017-02-28 21:00 | お出かけ | Comments(2)

知多・岡田エリアをぶらり。

f0250403_13365746.jpg


梅見のあと、ここからほど近い岡田地区まで足を延ばした。

ここは江戸時代中期、「中島七右衛門」「竹内源助」らが
木綿買継問屋株を取得して知多木綿の販路を全国に取得し
晒の技術も導入、「知多晒」として有名になった。

昭和30年ごろまで、知多木綿の中心地として
最盛期には3千人の女工さんが働き、賑わいを見せたという。

いまはそんな繁栄があったとは想像するのも難しい
静かな地域である。



f0250403_13201066.jpg


ー竹ノ内資郎邸と長屋門ー

長屋門には門番や従業員の部屋が残されており
脇には木綿蔵もあるそうだが中の見学はできない。

元々、庄屋や村長、都議などを務めた地元の名士「竹内家」
竹内姓がこの辺りに多かったため明治時代には「竹ノ内」と改めたそうだ。

そういえば知多地域全般、竹内さんはよく耳にする姓だ。




f0250403_13180165.jpg


明治25年には「竹内虎王」が動力織機の特許を取得。

それまで主に女性が農家の副業として機を織っていたのが
彼によって機械化の道へ。工場生産に力を注いだ彼は
竹内式織機の開発、販売にも尽力しますます財を成していったという。




f0250403_13173132.jpg


往時が偲ばれる広大なお屋敷。
この辺りにはそんな立派なお屋敷がいくつか有り、
子孫の方々は住まいしておられたり、手放されたり・・・・。





f0250403_13193641.jpg


一方の「中島七右衛門」は明治になって木綿買継問屋を廃業。
その後明治29年に番頭さんたちが資金を出し合い、
動力織機も導入し「中七合資会社」を設立。
こちらはその蔵だが、奥には当時の番頭さんの大きな屋敷跡が・・・・。



f0250403_13184239.jpg



昔の名残をとどめる民家。

テレビのロケにも使われたりしたらしい。



f0250403_13245276.jpg


ー木綿蔵ちた(旧竹内虎王商店木綿蔵)ー




f0250403_13204297.jpg


かつてはたくさんの働き手である女工さんのための
娯楽施設として映画館もあったらしい。

でも今は人のとおりも少なく時が止まったように静かだ。


f0250403_13221447.jpg



知多市初めての国の登録有形文化財である、「岡田簡易郵便局」
非常にモダンな建物で、今も見てのとおり現役である。
ただその背景には流転の歴史がある。

そもそもは伊井又兵衛という人が横須賀郵便局の出先として始めたのだそうだ。
この建物自体は明治35年に建てられ寄せ棟造り、桟瓦葺木造2階建て、
正面中央に玄関、1・2回の窓は左右対称に配置された洋風建築で
郵便局舎として当時は相当に目立ったことだろう。
全国から集まってきた女工さんたちはここから、故郷に手紙や仕送りをした。

その後、昭和になって狭いということで郵便機能は移転、
家具屋になったり、八百屋の倉庫として使われたこともあったらしい。
さらに時は移り、平成4年には取り壊しの話が持ち上がったが、
住民の中から簡易郵便局としての業務再開、建物保存の声が上がり、
平成5年に修理を加えて復活。
郵便業務が再開されるとともに平成6年には「岡田町並み保存会」が発足。
ボランティアの方によって、今も街並み保存と活性化への活動は続いている。



f0250403_17405441.jpg





古い建物を長く残すというのは
単なるセンチメンタルではできないことである。
壊されずに残ったのは、その時の篤志家の方たちの努力の甲斐あってのことだが、
平成25年に国の登録有形文化財の一つとなった
この「岡田簡易郵便局」
現在も郵便局として使われているというところが何より素晴らしい。






f0250403_17394244.jpg


ぶらり散策はまだまだ続くが
今回はここまで・・・。
















[PR]
by marucox0326 | 2017-02-28 17:41 | お出かけ | Comments(0)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧