「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 14日 ( 1 )

Happy Valentine's Day

風は冷たい。
けれど、立春(2/4~2/18までを指す)のこの時期は
その冷たさの中にあっても、
密やかな春の気配を感じさせる嬉しい発見に満ちている。

一日の始まりが徐々に早くなり
いつしか寝室に忍び込む朝の陽ざしが柔らかくなっている。
洗濯物を干すときに、凍える手に息を吹きかけることもなくなって
ふと、荒れた庭の片隅に目をやると
小さな芽吹きが、今年もツンと緑の葉を健気に見せてくれている。

そんなふうに、ピンと張り詰めた空気の中
小さな春をあちこちに見つけるのは心躍る瞬間だ。
何かが始まりそうな予感に小さな胸騒ぎを覚えてしまう。
だから
ぽかぽか陽気の花が咲き乱れる春爛漫よりも
どんなに寒くてもこの時期の青空が好きだし、2月は日々愛おしい。

それは昔、金曜日が一番好きだったあのワクワク感に似ている。

さて今日はバレンタインデイ。



f0250403_23481863.jpg


私たちVOCAL仲間の間ではもうずいぶん前から
いわゆる「友チョコ」を贈ったり贈られたりしている。

以前はチョコレートでお菓子を作ったりしたこともあったが
今回女性陣にはこんなものを選んでみた。



f0250403_23480298.jpg

ハンドクリームと浴槽に入れるバスキューブ。

私自身ハンドクリームに関してはあらゆるものを試してきた。
手は一番年齢が隠せない場所・・・
手入れをしても朝は強張っているし、乾燥は言うまでもない。
今も3個くらいを併用して使っているのだが
私の場合、決め手は何といっても香り。

余裕があればマッサージもかねて塗り込むので消費量も多いし
気分を変える意味でも、外出用のコンパクトなものから普段使いのものまで
リビングや、シンク前、ベッドサイドなどあちこちに無造作に転がっている。

このハンドクリームも香りが気に入って選んだ。

どう?女子力アップに貢献できそう?


f0250403_15585264.jpg

さて
行きつけのカフェでも小さな春に出会った。

英語で水仙は「NARCISSUS」
花言葉は「うぬぼれ、自己愛」
語源は、よく知られたギリシャ神話のエピソードに登場する
美少年ナルキッソス。

読後、オマセな女の子は思った。
美しい人は自分を見るのが好きなんだ。
そして彼女は大人になってさらに気づいた。
美しい人は、鏡を見ることだけでなく外出していても
ショーウィンドウやガラス扉に映る己が姿を認めると
立ち止まって身繕いをせずにはいられない。
そんな自己愛を自覚しているのだと・・・・。

でもこの日本水仙のキリリとした風情は
女性に例えるなら、冷たさの中に優しさを秘めた
控えめで献身的なひとを思わせる。
がしかし、日本水仙といっても原産は地中海沿岸から北アフリカ。
中国大陸を経て渡来したものなのだそうだ。



f0250403_23483052.jpg

今日はどれほどの「愛」が生まれたことだろう。
異性であっても同性であっても家族どうしであっても、
愛しい動物たちや頼もしい同僚たちや、
今は思い出の中に生きる相手にも
愛し合うすべての人たちに、
そして想い人に届かない気持ちを抱いたままのあなたにも
「愛」が届きますように。
今日のチョイスはこのナンバー。

ジェイソン・ムラーズが
レゲエのリズムを刻みながら
語り掛けるように優しく歌う
「I’m Yours」

こんな風に言えたら素敵だね。











[PR]
by marucox0326 | 2017-02-14 23:32 | ひとりごと | Comments(6)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧