歌に秘められた人生。

♬ドミニクっニクっニクっ♪ 
♬粗末ななりで~~たび~から旅へ~~♪

ご存知かしらん?

子供のころ大好きでよく歌っていた。
誰しもイチジクを見るたびについ口ずさんでしまうに違いないこの歌。

イチジク ジクッジクジク(^^♪タラらりらららん~ってね。

え?!違う?



f0250403_17505529.jpg



小学校のころ
遠足のバスの中でも歌っていた気がするこの牧歌的なメロディ。
でもフランス民謡か何かだと思って作者が誰かも知らずにいた。
しかもその背景に数奇な人生模様が隠されていたなんて知る由もなかった。
この映画を観るまでは。

「シスタースマイル・ドミニクの歌」(2009年公開 仏・ベルギー合作)

これはこの歌を作り自ら歌ってヒットさせた
実在の修道女ジャニーヌについての物語だ。
彼女は母親に反発して修道院に入るが
結局還俗してこの歌を世に出し、忽ち時の人となるのだった。
その際の芸名はー彼女の意に反して名づけられたものだったがー
シスタースマイル(フランス語ではスー スーリール)
映画の原題「Soeur Sourire」)だ。

そもそもジャニーヌが修道女になったのも、
その後の彼女の人生がうまくいかなかったのも
一つにはストレートに物を言い、
かなり自己中なその性格によるものだ。
やがて身勝手さが災いして周囲と軋轢を生み、
母親ともうまくいかないまま(この母親が結構キツイ)
彼女は転落していく。
だが、映画は悲劇的な結末を暗示しながらもその描き方は暗くはない。

正直、私にはいまひとつ共感できる箇所が少なかったが
主演のセシル・ド・フランスは、マニッシュな雰囲気で魅力的なので
愛を求めながらも傷つき満たされることのないヒロインを生き生きと
命を吹き込むように演じている。

歌には様々な人生が投影されたり
作者の想いが込められたリするものだが、
このように、その歌の内容とは関係なく
背景に思いがけないドラマが隠されていることもある。

もうこれからは
この親しみやすく陽気なメロディが
どこかで何かの拍子に耳に入ってきたとしても
ちょっぴりブルージーに聞こえてしまうかもしれない・・・・





f0250403_17503105.jpg

イチジク ジクッジクジク(^^♪タラらりらららん~

イチジクとドミニク、やや強引すぎる持っていき方はいつも通り。

今は大好物のイチジク・・・・・。
でも子供のころはちょっと苦手だったなあ、このビジュアル。



f0250403_17511567.jpg



今日は久しぶりに映画館のスクリーンで一本鑑賞してきた。
これがスゴ~~~く心に染み入って・・・・・・・
癒された~~~

それについてはまた改めて。






















[PR]
Commented by katananke05 at 2017-09-14 10:33 x
ドミニックニクニク、、が いちジックジクジク、、にきこえたとは
とても想像力豊かな おこちゃま時代だこと、、
でも 背景に 修道女から 還俗したかたが うたわれてるとは
知らなんだ〜
ワタシの叔父も 神父から還俗して 島の学校の先生に
なりましたけどね、、
ずう〜と 会っておらずに 亡くなりましたが、、
あえてたら いろんな話 きけたでしょうに残念でした〜
Commented by marucox0326 at 2017-09-14 11:24
> katananke05さん
こんにちわ。

昔の西欧では花嫁修業的に修道院に入って
結婚するために世俗に還ることもありましたから
(サウンドオブミュージックのマリアさんみたいに)
それ自体は珍しくなかったんでしょうが。

「尼僧物語」のA・ヘップバーンとか、
「黒水仙」のデボラ・カーとか
前者は神に献身を誓いながらも、結局環俗せざるをえなかったり
後者は嫉妬に狂った同僚の尼さんに・・・・
他にも修道院や尼僧についての映画には色々ありますねえ。

叔父様にそんなご経験が・・・・。
残念でしたね。
Commented by boheme0506image at 2017-09-14 21:45
こんばんは~♪
え~、どんな歌なのかしら~?
いちジックジクジク・・・ってうたっているわけではないんですね?
1番のコメントの katananke05さんのコメントで
子供の時にそう聞こえたんですね。
私はその映画は観ていないのですが、映画もフランス映画も好きなので
観てみたいなぁ~。
会員になってないので、TV放送でも待ってようかしら。
このプレートは、フランスのものですか~?
とても素敵で~、好みです。
唯一食べれないフルーツがイチジクなんです。
でも最近では、コンポートもドライもケーキに入っているのも
食べれるようになりましたが、生だけはまだ・・・
Commented by marucox0326 at 2017-09-14 22:32
> boheme0506imageさん
ええ~~さおりさんはお若いから
この「ドミニクの歌」をご存じないのね~~。
原曲の歌詞は、聖ドミニコが貧しい身なりで旅をしながら
神の教えを説いたという内容なんですが、
1964年に世界的にヒットして日本でもペギー葉山さんとか
NHKの「みんなのうた」で歌われた明るく親しみやすい歌なんです。
ユーチューブでも予告編や歌が聴けるので検索してみてね。

で私は「イチジク」と「ドミニク」をひっかっけただけで
そう聞こえたわけではないんです。

お皿もありがとうございます^^
パリで買ったディゴン、これ一枚だけしかなくて。
でもお値打ちでした。
イチジクはあの見た目で引いちゃいますよね。
でもジャムやドライフィグは大丈夫なら楽しめますね。
Commented by カタナンケ at 2017-09-14 22:46 x
ところで、、生のイチジクの食しかた〜
これは かわつきのまま きったのですか?
そして すいかのように 皮をのこして かじるのかしら、、
わたしは 丸まま皮を剝いてから 4等分して ぱくり、、かな、、
Commented by marucox0326 at 2017-09-14 23:50
> カタナンケさん
こんばんわ。

これは皮つきを縦にカットしてあるだけで、私はペロリとすべて食べちゃいます。
大きくて熟れたイチジクは皮も柔らかく剥くほうがむしろ大変です^^;
それに無類の果物好きなので、加工品よりフレッシュな果実そのままが好きなんですね。
ブドウやミカンも(外側だけ剥いて)皮のまま食べちゃいます。
Commented by marucox0326 at 2017-09-15 11:33
カタナンケさん、追記です。

>昔の西欧では花嫁修業的に修道院に入って
結婚するために世俗に還ることもありましたから

と返信コメントに書きましたが、誤解を生じる書き方でした。

中世の上流貴族社会では厳格な親が娘を花嫁修行させるために
(当時は女子への教育というものは皆無だったので)
修道院に送ったことはありましたが、それは
尼僧になって還俗したわけではないですね。

「サウンドオブミュージック」も「尼僧物語」も「黒水仙」も
20世紀のお話ですから、主人公たちは神に仕えるために独身を貫く
気持ちで尼僧になっています。が、前者二つは修道院を出て
普通の暮らしに戻りました。いずれも男性が関わっています。
私は「尼僧物語」のオードリーはとても好きなんです。もしまだ
ご覧になっていないのであればお勧めしたい作品です。
Commented by katananke05 at 2017-09-15 21:48 x
わたしも ちょっとはしょって 書いたので
訂正ですが 叔父は 神学校をでて 最後の誓いを立てる為に
バチカンに行く時になり(行ってからかしら)
迷いがでて 還ぞくしたようで、、
だから 神父にはまだ成っていない状態で
故郷に戻りました〜
長崎です〜   叔母は修道女で奈良で 一生おえました〜
Commented by marucox0326 at 2017-09-17 18:11
> katananke05さん
こんにちわ。

まあ、そうなんですね。
わざわざ詳しくありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by marucox0326 | 2017-09-13 23:19 | 話の小部屋 | Comments(9)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧