Naked Heart

久しぶりに車で出かけた土曜日。
今から思えば貴重な晴天だった。
思いっきり見上げた真っ青な空には
幾筋もの飛行機雲が・・・・。


f0250403_20074024.jpg

穏やかに晴れた真冬の午後。

とはいえ、私の心をむき出しにするかのように
突風が足元を吹き抜ける。

そんないたずらな突然の木枯らしに
細い枝を揺らされても、
耐えて立つはだかんぼうの木々たち。



f0250403_20174479.jpg


空を見上げるときは
大抵何かの答えを探している時。



f0250403_20183929.jpg


スタンダードジャズの名曲に「Blue Skies」という
底抜けに明るいラブソングがあるけれど。
空は一つなのに複数形?・・・・・
つまりそれは、ここ愛知の空、南アフリカの空、フランスの空と
個々にあるものの集合体のイメージ。
果てしなく広がる大空の詩的な表現でもある・・・・とか。



f0250403_20081017.jpg


ああでも、解けない謎のように
一向に答えは見つからない。
諦めてはるかかなたの外国の空の下に広がる景色を空想する。

私の知らない美しい島やそびえ立つ山を
寂れた漁村を、緑の丘を
せわしく人が行き交う金融街を
砂埃が吹き上げる砂漠を

そこに暮らし日々を営む人々も
笑ったり怒ったり悩んだりしながら
時折こんな風に、
首が痛くなるくらいに空を見上げているのだとしたら・・・・。

生きている限り
答えなど所詮見つかることのほうが奇跡なのだ。

深呼吸をして小さく長く息を吐いてみる。

心の枷は思いのほかたやすく剝がれていった。
かすかに小さな痣を残して。
























[PR]
by marucox0326 | 2017-01-30 17:00 | ひとりごと

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧