機内でもイギリス映画に堪能♪

帰りの機内では映画を3本も見た。

往路では、日本語字幕で見たいのがなくて
仕方なく英語字幕でフランス映画を見たら、
拷問級のストレスに見舞われて結局撃沈。
イギリス入りする前から言葉の壁に
ゴンゴン頭をぶつけていた私。

しかし、帰りの機内では、日本語字幕もしくは
日本語吹き替えで興味をひくものが何本かあった。
f0250403_20375330.jpg


なかでも
トーマス・ハーディ原作、2015年製作のイギリス映画
「遥か群集を離れて」は見応えのある、大河ロマンドラマだった。
こういうタイプの映画は好きだ。






物語は、19世紀のイギリス。
男性に依存したり結婚によってしか、生計を維持する術のなかった
当時のイギリス人女性の中にあって、叔父から相続した農場を
切り盛りし、またその美貌で三人の異なるタイプの男性との
愛に翻弄されながら、ついには真の愛に辿りつく
美しき農場経営者バスシェイバの物語。
ヒロインをキャリー・マリガン、
最後に結ばれる羊飼いの男性ガブリエルをマティアス・スーナールツが
演じているのだが、彼が最高に素敵なのだ。
素朴ななかに、逞しさと繊細さと優しさをたたえたその表情・・・・・・。
もうすっかり彼の魅力にうっとりと浸ってしまった私。

そのマティアス・スーナールツ
最新作「ヴェルサイユの宮廷庭師」では
ケイト・ウィンスレットと共演。
予告編を見たが、K・ウィンスレット益々の貫禄である。
ただ太めなだけではなく、顔立ちや雰囲気も含めて・・・・
う~~んごっつあんデス。
彼とのラブストーリーもあるようだが、
いくらコスチュームプレイとはいえ、ちょっとなあ~

長身で肉体派の彼と並んでも、ガタイでは勝ってるね。

一方のキャリー・マリガン
親しみやすい風貌と確かな演技力で
英国女優の有望株といわれている彼女。

私の中では最近CSチャンネルで観た、「17歳の肖像」の
みずみずしく鮮烈な印象がまだ記憶に新しい。
「17歳~」でも、作品の中でどんどんキレイになっていった彼女だが
この「遥か~」では、男を虜にする美貌と言うより
きっぱりとした清潔感があって、笑うと少し子供っぽくて
純粋さと可憐さが滲み出ている反面、男たちに伍して経営者として渡り合う強さと
男性が支えずにはいられない危うさが共存していて、好ましく感情移入しやすかった。


f0250403_23460746.jpg

前稿では、くら~い内容ばかりご紹介したT・ハーディ作品だが、
この「遥か群集を離れて」(原題)Far from the Madding Crowdは
色々あった末に二人が結ばれるという
ハッピーエンドなので、カタルシス効果もありお薦めである。


f0250403_17153379.jpg








[PR]
Commented by kumama47 at 2015-11-10 19:10
予告映像を見て惹かれました。
2015年製作ということは来年あたり日本公開されると良いけれど。
イギリスのコスチュームドラマ、結構好きです。特にジェーン・オースティン原作の話は映画になると観ています。

「ベルサイユの宮廷庭師」観ました。
おっしゃる通り、ケイト・ウィンスレットの逞しさ(身体のね(笑))にはビックリ。元々太っていても気にしない性格らしいですし、この映画の撮影時には妊娠中だったそうです。ビックリ。
相手役の男性、ちょっぴり影があって素敵でしたよ。
Commented by francana at 2015-11-14 01:56
私もこの作品はおおいに気に入って何度も見ました(笑)。
ご感想、同感~と思いながら拝読しましたよ。
キャリー・マリガンは役にぴったりでしたし、マティアス・・・は、他の映画で見せる、粗野だったり暴力的だったりする顔とはちがう繊細さがでていてよかったですね。
「Suite française」の彼もとてもいいです。
Commented by marucox0326 at 2015-11-15 18:59
kumamaさん、こんばんわ。

お返事遅れてごめんなさい。

やはり日本未公開でしたか。
来年あたりに来るといいですネ。

オースティン原作の映画化は「ある晴れた日に」
と「プライドと偏見」しか見ていませんが、
なにせ、中流階級の中でいかにして玉の輿に乗るか
的な話が多いですよね。
アメリカ映画の「ジェーン・オースティンの読書会」
もおもしろかったです。

「ヴェルサイユの宮廷庭師」
貴ブログでも紹介されてましたネ。
撮影時には妊娠されてたんですネ。
彼女、むしろ顔立ちがごつい感じがして・・・。
肉感的で逞しい女性の役はあってると思うんですが。
Commented by marucox0326 at 2015-11-15 19:11
francanaさん、こんばんわ。

はい、偶然にも機内で観賞できたおかげで、
こうしてお話を共有できて嬉しいです。

ご紹介の映画、調べましたら「フランス組曲」と言う
邦題で、来年のお正月映画として公開されるようです。
予告篇は観ることが出来ましたが、
とても興味深い内容ですね。ただ残念ながら
私の住む中部地域では上映館が無いようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by marucox0326 | 2015-11-10 18:00 | スクリーンの向こうに | Comments(4)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧