「ほっ」と。キャンペーン

春はそこまで♪


暖かなウェークエンド、
知多市にある佐布里池にツレの運転で梅見に出かけた。



f0250403_20420824.jpg


ー梅一輪一輪ほどの暖かさー
よく知られたこの句
芭蕉の弟子の服部嵐雪の作・・・・。

一輪咲く姿にほんのりと暖かさを感じるという捉え方と
一輪一輪咲くごとに暖かくなっていくだろうとの作者の思いが
込められているという捉え方があるようだが、
どちらにしても、この花の持つ控えめでひっそりとした感じが
伝わって心に刻まれる句だ。



f0250403_21051154.jpg


あちこちに「梅まつり」の幟がはためく
(お写真には写ってないけど)。

地元のボランティアの方の説明によると、ここ20年ほどの間に
25種類にも及ぶ梅の木が植樹されたらしい。

私たち、ここに来るのは実に30年近くぶり。
梅の名所として耳にはしていたが、
前に来た時は観光用の物産販売のための建物やレストランなどはなかった。

近くにいても案外知らないもので
結構な人出と車の量にびっくり。



f0250403_20470261.jpg

f0250403_20453234.jpg



佐布里池は周遊するのにちょうどいい距離だ。
その周囲にびっしりと植えられた紅梅白梅しだれ梅。
桜のような華やかさはないけれど、むしろだからこそ
これだけの数であっても、ポツポツと小さな花をつけている様は
楚々として主張しすぎず、日本人の心情に合う風情だ。

なんだかまさに「地上の星」といった感じ。

平安時代ごろは、梅見は貴族の間で盛んに行われていたらしい。


f0250403_21040877.jpg

f0250403_21032694.jpg

f0250403_21043924.jpg

f0250403_21025886.jpg


梅の名所は全国にあるけれど、25種類もの梅を植えているのは
ここだけだとボランティアの方は仰っていた。
少し離れた場所には新興住宅地も開けているが
この辺りは農地と民家しかないのどかな場所。
でも梅畑とでもいうのか、あちこちに梅が植わっていて
さらにもっと増やしていく予定なのだそうだ。

「ますます梅押しですね」
「はい、梅押しです」

ボランティアの方とのお話も楽しかった。





f0250403_20425601.jpg



桜と違って一斉に咲いてすぐに散ってしまわけではないので
まだ固いつぼみのものもあり、長く愛でることのできる梅の花。

もう少し楽しめそうだ。





f0250403_20470261.jpg


f0250403_20444346.jpg

f0250403_20455580.jpg


f0250403_21024210.jpg






f0250403_21102551.jpg


鮮やかな紅色

春も近い。
もう少しの辛抱だ。





f0250403_21060444.jpg


今夜は・・・・
珍しくクラシック
水ぬるむころになると聴きたくなる
大好きなピアノ曲。

グリーグの「春に寄すーTO THE SPRING」











































[PR]
# by marucox0326 | 2017-02-26 00:47 | お出かけ | Comments(0)

照る日もあれば曇る日も・・・。そんな日々の戯言です。


by marucox
プロフィールを見る
画像一覧